『逃げ恥』に見逃しなし!仕事と結婚を読み解く@投資家目線

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

ドラマ視聴率が低迷している中、新垣結衣・星野源主演の『逃げ恥』が高視聴率をマークしています。
なぜ、『逃げ恥』の視聴率は高いのか。
その観点を切り口に、投資家らしく今後の注目銘柄を提示します。

※この記事での「視聴率」は、総合視聴率やタイムシフト視聴率ではなく、「リアルタイム視聴率」を指します。

『逃げ恥』とは

2016年10月11日より、TBSが火曜よる10時に放送しているラブコメディ(主演:新垣結衣、星野源)。独身サラリーマン(プロ独身)である津崎平匡(星野源)のもとで、派遣契約を打ち切られた森山みくり(新垣結衣)が住み込みで家事代行として働いています。雇用主と従業員といいう立場を明確にするため、ガチガチの雇用契約を結ぶも、2人の関係が恋愛関係へと発展していくストーリーをコメディタッチで描いています。

『逃げ恥』第10話(恋愛レボリューション2016)では、17.1%の高視聴率を記録しました。 (テレビ業界の今期の平均視聴率は9.73%)

【逃げるは恥だが役に立つ 公式HP】
http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

【Audience Rating TV】
http://artv.info/ar1610.html

なぜ、『逃げ恥』が高視聴率を叩き出しているのか

現代の仕事観、結婚観をコメディタッチに演出しているのが受けているのではないでしょうか。

『逃げ恥』が訴求した仕事観!ワークライフバランス重視にシフト!

現在の働く人の仕事観は大きく変わってきています。特に若年層では顕著です。「給料」よりも「休み」そんなトレンドが出てきています。仕事でクタクタになって疲れて帰宅する火曜よる10時。テレビをつけてみれば、同じように残業で疲れて帰宅する津崎平匡。それを笑顔で迎えてくれる森山みくり。しかも、栄養バランスまで考慮された夕食つき。男女問わず、癒しの「休み」をもとめる若年層の社会人には突き刺さるドラマが『逃げ恥』なのではないでしょうか。

【若者(15歳~34歳)が会社をやめた理由、1位は「労働時間・休日の条件がよくなかった」】
http://jobgood.jp/5812

【ゆとり世代が「給料」より「休み」を重視する理由】
http://diamond.jp/articles/-/109561

恋ダンスがいいとか、ガッキーがかわいいとか、それは「流行っている」理由であって、「視聴率が高い」根本的な理由とは言いにくいです。なぜならば、そういう理由であれば、youtubeなどの動画サイトをみればいいだけのことだからです。視聴者が「火曜よる10時に(わざわざ?)家にいて、『逃げ恥』を見る」という事実をもっと真摯に受け止めれば、現代の仕事観からくる視聴者ニーズを感じることができると思います。

『逃げ恥』が風穴をあけた結婚観!自分変革よりマッチング!

「自分自身を変えることは難しいが、自分に合った相手を見つけることはできるかもしれない」という示唆が『逃げ恥』にはあります。恋愛と結婚はちがう。結婚は一緒にいて苦痛でないかどうか、普段の自分でいられるかどうかが重要なのではないでしょうか。

「普段クールな男が弱っている姿、萌える。」
(第1話「プロの独身男と秘密の契約結婚」での森山みくりのセリフ)

津崎平匡はクールであまり笑顔もなく、リアクションに乏しい男です。人によっては、一緒にいてつまらない男なのかもしれませんが、人によってはそれがかわいらしく見えるわけです。

「モテるために自分を変えるとか、自分みたいな人間は結婚に向かないとかそういうことを考える前に、『出会い』を求めることが重要なのではないでしょうか。」

というメッセージを現代の若年層の社会人に提示しているように思います。

【異性の交際相手をもたない未婚者が増加、男性で6割、女性で5割】
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou14_s/chapter2.html

『逃げ恥』からみる注目銘柄 ※最後は投資家らしく締めさせてください

仕事観から人材紹介関連銘柄、結婚観から婚活関連銘柄、マッチングサービスでの応用で注目されているAI関連銘柄を紹介します。

人材紹介関連銘柄

2015年5月に急落した転職求人倍率も右肩上がりで上昇しています。2020年の東京オリンピックまで、転職求人倍率は高止まりすると思います。安いところで株を購入し、長期スパンで利益を狙う長期投資家にはオススメの銘柄です。

コード 銘柄
2124 JAC Recruitment
2168 パソナグループ
2181 テンプホールディングス
2410 キャリアデザインセンター
4849 エンジャパン
6098 リクルートホールディングス

【2016年11月の転職求人倍率を発表。11月は1.81倍(前月差 +0.01)】
https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2016/161207-01/

【「逃げ恥」のリストラ問題 SEの津崎平匡(星野源)さんは無事転職できるのか余計ながら転職サービスの人に聞いてみた】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000038-it_nlab-ent

※インテリジェンス(テンプホールディングス傘下の子会社)のDODAサービスが、しれっと『逃げ恥』に使用されていました。

婚活関連銘柄

婚活ブームはまだまだ根強いです。個人的に注目しているのはIBJです。東京大学との共同研究でマッチングサービスの向上を目指しています。

コード 銘柄
2417 ツヴァイ
6071 IBJ
6098 リクルートホールディングス
6181 パートナーエージェント

【東京大学・山崎研究室の技術協力を得て「婚活マッチングアルゴリズム」を開発いたします。】
http://www.ibjapan.jp/information/2016/03/post-136.html

AI関連銘柄

2016年3月、アルファ碁(AI)が囲碁世界チャンピオンに勝ってからというもの、AI関連銘柄は注目を浴びています。AI関連銘柄で勝負する場合は、短期的な売買トレードで、決算前には必ず売ることをオススメします。AIは注目はされはするものの、企業の莫大な利益をもたらす程の技術革新は進んでいません。記事「AI関連の銘柄は買うなら今。決算前には売る」を参照ください

AI関連の銘柄は買うなら今。決算前には売る

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、日経平均株価、為替相場、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。