これだけはおさえろ!トランプ相場の用語まとめ

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

トランプ氏が次期アメリカ大統領に選ばれてから、「トランプ○○」というワードをニュースやネットで見ない日はないと言っても過言ではありません。

今後続くであろうトランプ相場に向けて、おさえておきたいトランプ相場の用語をまとめました。参考にしてみてください。

トランプ相場

トランプノミクスに対する期待と不安が入り乱れ、株価の変動が激しい相場。トランプ氏が次期アメリカ大統領に選ばれた日(日本では、2016年11月9日)からはじまり、トランプショック、トラップラリーへと続いています。いつ終わるかは定かではなく、トランプ氏の政策が固まるまで続くと考えられています。

トランプノミクス

トランプ次期アメリカ大統領が実現しようとしている経済政策の総称。アベノミクス(安倍首相の経済政策の総称)にちなんで名づけられました。トランポノミクスというワードもありますが意味は同じであり、トランプノミクスの方が主流となっています。トランポノミクスより、トランプノミクスの方が検索ヒット数が約10倍です(2016年11月現在)。

トランプ銘柄

トランプノミクスで株価の上昇が期待される銘柄。インフラ関連銘柄、防衛関連銘柄、金融関連銘柄、ロシア関連銘柄などがあげられます。詳しくは、以下のリンク先を参照ください。

絶対注視!トランプ銘柄58選

トランプショック

震源地は日本であり、大きな被害にあったのも主に日本という非常にまれな経済ショック。アメリカ大統領選の開票日(日本では2016年11月9日)、日経平均株価の始値は17281.95円で、終値は16251.54円でした。また、前日比では、919円(5.4%)安でした。 トランプショックを影でけん引していたのは、アルゴリズムによる売り注文とされています。ネット上で“トランプ”という文字が出るたびに、アルゴリズムによる売り注文が出て、売りが売りを呼ぶ展開となりました。

たった1日の株価復活劇!トランプショックからトランプラリー!

【金融市場、駆け巡った「トランプ・ショック」】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09H24_Z01C16A1000000/

トランプラリー

トランプショックで、日経平均株価は前日比919円(5.4%)安で急落したにも関わらず、翌日には、前日比1092円88銭(6.7%)高で急反発した株価のラリー現象。トランプラリーで損失を被った投資家の間では、「往復ビンタ」とも呼ばれています。

え!?下がらないの?トランプショックからのトランプラリー

円安ドル高@トランプ相場

トランプラリーは為替相場の円安ドル高によってけん引されています。トランプノミクスからの円安ドル高へのメカニズムは以下のとおりです。

1.トランプノミクスでは、減税+インフラ投資が掲げられています。
2.アメリカの国債発行が見込まれ、金利が上昇します。
3.一方、日本はイールドカーブ調整でゼロ金利政策を続けます。
4.アメリカと日本の金利差は拡大します。
5.円売りドル買いが進み、為替相場は円安ドル高に振れます。

円安ドル高に沸け!日経平均株価@トランプ相場

ドッド・フランク法

2010年7月に成立したアメリカの金融規制改革法。金融機関の説明責任と透明性を向上させ、「Too big, too fail」(あまりにも大きすぎて潰せない)をなくすことを目的とした法律です。金融機関や大企業を潰させないための財政出動をなくすことで、新たな金融危機を防止できると考えられています。

トランプノミクスでは、ドッド・フランク法の撤廃が掲げられています。そのため、金融規制緩和の恩恵を受けやすい金融機関の株価、特に銀行の株価が急上昇しています。

トランプノミクスで日経平均株価は急上昇中!

【米国のドッド・フランク法とは?】
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-18/2016031808_01_0.html

「これだけはおさえておきたい!トランプ相場の用語まとめ」は、随時更新していく予定です。ブックマークもしくはお気に入り登録の程、よろしくお願いします。

注意
本ブログでは、一個人投資家としての見解を述べています。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。