これだけ確認すればOK!投資スケジュール(1月30日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。 1月30日週の投資スケジュールを提示します。

今週の“注目”投資イベント!

30日(月)、日銀金融政策決定会合(~31日)

2月1日(水)、アメリカ:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表

日本、アメリカで金融政策決定会合が開かれます。メディアではそこまで取り上げられておらず、投資家の注目度も低いですが、どのような話がでているかぐらいは確認しておく必要があります。なぜならば、トランプ政権発足後初の金融政策決定会合であるためです。今後、2017年1、2月での両国の金融政策決定会合の内容は引き合いにだされることが多くなると思います。

2月3日(金)、アメリカ:雇用統計(2017年1月)

今回の雇用統計はそこまで注目するべきものではありませんが、日銀政策決定会合同様、トランプ政権発足後初の雇用統計です。発足してまだ1週間ほどしか経っていないので、トランプ効果が雇用統計に影響を及ぼしてはいないと思います。ただ、“アメリカファースト”で雇用創出に力をいれていくトランプ政権では、雇用統計は必ずチェックしていく必要性がでてきます。その際必ずベンチマークになるのが発足前の雇用統計、つまりは、2017年1月の雇用統計なので、今回の雇用統計を確認することをオススメします。

雇用統計については、岡三オンライン証券の「武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計」を視聴することをオススメします。楽しく雇用統計について勉強できます。

以下、投資スケジュールの詳細です。

30日(月)

○国内
日銀金融政策決定会合(~31日)
2016年4~12月期決算:住友化学、積水化学、OLC、日立建機、NEC、ヤマト

○海外
ドイツ:消費者物価指数(CPI)速報値(2017年1月)
アメリカ:個人消費支出(PCE、2016年12月)
アメリカ:仮契約住宅販売指数(2016年12月)

31日(火)

○国内
家計調査、完全失業率(2016年12月)
経済・物価情勢の展望(展望リポート、2017年1月)
2016年4~12月期決算:コマツ、村田製作所、任天堂

○海外
EU:ユーロ圏GDP・速報値(2016年10~12月期)
アメリカ:シカゴ購買部協会景気指数(PMI、2017年1月)
アメリカ:消費者信頼感指数(2017年1月)

2月1日(水)

○国内
新車・軽自動車販売台数(2017年1月)
「GINZA SIX」竣工式
2016年4~12月期決算:武田、日精工、日立、IHI

○海外
アメリカ:連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表
アメリカ:新車販売台数(2017年1月)
アメリカ:ADP全米雇用リポート
アメリカ:ISM製造業景況感指数

2日(木)

○国内
消費動向調査(2017年1月)
2016年4~12月期決算:新日鉄住金、三菱電機、ソニー
2016年7~12月期決算:キーエンス

○海外
アメリカ:労働生産性指数速報値(2016年10~12月期)
イギリス:金融政策委員会の結果および議事要旨の公表
イギリス:四半期インフレ報告書の公表

3日(金)

○国内
日銀金融政策決定会合議事要旨(2016年12月開催分)
2016年4~12月期決算:キッコマン、ヤフー、古河電、シャープ、ホンダ、ヤマダ、伊藤忠、三菱UFJ

○海外
中国:財新中国製造業PMI(2017年1月)
アメリカ:雇用統計(2017年1月)
アメリカ:ISM非製造業景況感指数(2017年1月)
アメリカ:製造業受注(2016年12月)

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。