これだけ確認すればOK!投資スケジュール(12月5日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

12月5日週の投資スケジュールを提示します。

今週の“注目”投資イベント!

5日(月)、イタリアの国民投票、結果発表

イタリア国民投票が4日(日)に実施され、5日(月)の朝には投票結果が出ます。アメリカ大統領選挙の時と同様、日本市場が一番最初に影響を受けるので、世界の投資家は5日の日本市場に注目すると思います。

イタリアの国民投票では憲法改正が否決され、イタリアのレンツィ首相が辞任に追い込まれる可能性があります。それで収まればいいのですが、イギリスのブレグジット同様、イタリアのEU離脱問題に発展するのではないかという懸念があります。

アメリカ大統領選挙やブレグジットでの株価の変動で、「投票」「離脱」に関して、投資家は神経質になっています。このような状況では、イタリアの国民投票後に株価の大きな変動もあり得ますので、5日の日経平均株価には注視が必要です。

【コラム:イタリア国民投票、市場反応は予想より悪い可能性】
http://jp.reuters.com/article/column-italy-referendum-idJPKBN13P0PV?pageNumber=1

以下、投資スケジュールの詳細です。

5日(月)

○国内
企業業績見通し(2016~17年度、野村、SMBC日興)
イタリアの国民投票結果、発表

○海外
中国:株式相互取引開始@中国(深セン)と香港
イタリア:イタリアの国民投票、結果発表
EU:ユーロ圏財務相会合
アメリカ:ISM非製造業景況感指数

6日(火)

○国内 勤労統計速報(10月、厚生労働省)
○海外
EU:ユーロ圏財務相理事会
アメリカ:貿易収支(10月)
アメリカ:製造業受注(10月)

7日(水)

○国内
景気動向指数速報(10月、内閣府)
○海外
アメリカ:消費者信用残高(10月)

8日(木)

○国内
国内総生産(GDP)改定値(7~9月期、内閣府)
国際収支(10月、財務省)
景気ウオッチャー調査(11月、内閣府)

○海外
EU:欧州中央銀行(ECB)理事会、結果発表
EU:ドラギECB総裁、記者会見

9日(金)

○国内
法人企業景気予想調査(10~12月期)
特別清算指数(SQ)算出(株式指数先物オプション12月物)

○海外
中国:消費者物価指数(CPI)
中国:工業生産者出荷価格指数(PPI)
アメリカ:消費者態度指数、速報値(12月、ミシガン大学)

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。