これだけ確認すればOK!投資スケジュール(3月13日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

為替相場が1ドル105円台で定着するかが、3月13日週のポイントです。3月10日(金)、為替相場が円安ドル高(1ドル=115円台)に振れ、日経平均株価は前日比前日比+286円03銭(1.48%)高、1万9604円61銭で終えました。円安ドル高なくして日経平均株価の上昇はありません。

また、3月10日(金)、アメリカ雇用統計が発表されました。非農業部門の雇用者数が前月比+23万5000人と市場予想を4万人を超えました。結果、すでに市場のコンセンサスは「3月利上げ確定」となっており、「では、年に何回利上げするのか?」に話題がシフトしています。イチ個人投資家としては、“気が早い”としか感じていませんが、日米の金利格差は、為替相場および金融株に影響を与えやすいので、今後も注視していきたいと思います。

【利上げの先、見据える市場】 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN11H1L_R10C17A3000000/?dg=1

3月利上げに関する材料が出尽くした現在、未だに為替相場は1ドル=140円台です。1ドル=115円台が定着しない限り、日経平均株価は19,000~19,500円のレンジで“千鳥足”状態をつづけると思います。

今週の“注目”投資イベント!

15日(水)、FOMC結果発表、イエレンFRB議長の会見

「3月利上げ」実施が発表されると思います。上述した「では、年に何回利上げするのか?」のヒントも出る可能性があります。私自身、「今から気にしたところで・・・」という気持ちなのですが、大多数の投資家が注目している以上、注目しないわけにはいきません。どのような結果が発表されるのか、その結果に対して大多数の投資家はどのように反応するかをしっかり見ていきたいと思います。

以下、投資スケジュールの詳細です。

3月13日(月)

○国内
機械受注(2017年1月)
企業物価指数(2017年2月)
第3次産業活動指数(2017年1月)

○海外
マレーシア:鉱工業生産指数(2017年1月)
アメリカ:労働市場情勢指数(LMCI、2017年2月)

14日(火)

○国内
1年物国庫短期証券、入札
20年物国債、入札

○海外
中国:工業生産高(2017年1~2月)
中国:小売売上高(2017年1~2月)
ドイツ:ZEW景気予測指数(2017年3月)
アメリカ:卸売物価指数(PPI、2017年2月)

15日(水)

○国内
日銀金融政策決定会合(~16日)
訪日外国人客数(2017年2月)

マザーズ上場:ファイズ

○海外
アメリカ:小売売上高(2017年2月)
アメリカ:CPI(2017年2月)
アメリカ:ニューヨーク連銀製造業景況指数(2017年3月)
アメリカ:FOMC結果発表
アメリカ:イエレンFRB議長、会見 オランダ:総選挙

16日(木)

○国内
日銀金融政策決定会合、結果発表
黒田日銀総裁、記者会見

ジャスダック上場:ほぼ日
マザーズ上場:うるる

○海外
オーストラリア:雇用統計(2017年2月)
イギリス:中銀金融政策委員会、結果および議事要旨の発表
アメリカ:住宅着工件数(2017年2月)

17日(金)

○国内
資金循環統計速報(2016年10~12月期)

マザーズ上場:ビーグリー、ジャパンエレベーターサービスHD

○海外
EU:ユーロ圏貿易収支(2017年1月)
アメリカ:鉱工業生産(2017年2月)

G20:20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(~18日)

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。