これだけ確認すればOK!投資スケジュール(3月27日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

20日週の日経平均株価は259.06円下落しました。3月23日(木)には、一時19000円を割れるというヒヤッとする場面もありましたが、24日(金)には日銀のETF買いが入り、なんとか大幅下落を回避しました。

日経平均株価はまだ、上昇するのか下落するのか、方向感に欠いた動きをしています。テクニカル面でいうと、日足チャートで22日(水)に75日移動平均線を割れましたが、24日にはローソク足の実体で75日移動平均線を抜いてきました。これは上昇のサインと言えます。ただ、週足では、日経平均株価は13週移動平均線をローソク足の実体で割れ、13週移動平均線が下向きになってきています。これは下落サインと言えます。上昇サイン、下落サインの両方が、日経平均株価の方向感を欠いた動きを示しています。

ではなぜ、日経平均株価が方向感に欠いた動きを見せているのか。日米両国の政策の不透明感が出てきているためです。日本では森友学園問題、アメリカではトランプスランプ(オバマケア代替法案の不採決)に端を発しています。

【森友問題、首相の強気と焦り 追及長期化は誤算】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H0K_V20C17A3EA2000/?dg=1

【NYダウ、7日続落=オバマケア見直し不採決で】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032500268&g=int

今週の“注目”投資イベント!

28日(火)、権利付最終売買日

株主権利(配当金・株主優待など)を求める場合は、権利付き最終売買日の大引けに当該銘柄の株式を保有しておく必要があります。28日までは買いが入りやすい相場になるかと思いますが、29日(権利落ち日)からは売りが入りやすい相場になります。株主権利のメリットと持ち株の含み益を天秤にかけて、権利付最終売買日を迎えるようにしましょう。

【権利付最終売買日・権利落ち日とは?】
http://faq.sbisec.co.jp/faq_detail.html?id=24954

以下、投資スケジュールの詳細です。

3月27日(月)

○国内
日銀金融政策決定会合、主な意見(3月15~16日分)
外食売上高(2017年2月)

マザーズ上場:ティーケービー

○海外
中国:工業企業利益(2017年1~2月)
ドイツ:Ifo企業景況感指数(2017年3月)

28日(火)

○国内
2月期決算:ニトリHD

ジャスダック上場:No.1、ズーム

○海外
アメリカ:S&Pコアロジック・ケース・シラー米住宅価格指数
アメリカ:消費者信頼感指数(2017年3月)
アメリカ:イエレンFRB議長、講演

29日(水)

○国内
商業動態統計速報(2017年2月)
自動車各社の生産・販売実績(2017年2月)

東証1部上場:オークネット

○海外
タイ:中央銀行、金融政策委員会
アメリカ:仮契約住宅販売指数(2017年2月)

30日(木)

○国内
東芝の臨時株主総会
建設機械出荷額(2017年2月)

東証1部上場:スシローグローバルホールディングス
マザーズ上場:ユーザーローカル

○海外
ドイツ:消費者物価指数(CPI)速報値(2017年3月)
アメリカ:実質国内総生産(GDP)確定値(2017年10~12月期)

31日(金)

○国内
完全失業率(2017年2月)
有効求人倍率(2017年2月)
鉱工業生産指数速報(2017年2月)

ジャスダック上場:ネットマーケティング

○海外
中国:製造業PMI(2017年3月)
中国:非製造業PMI(2017年3月)
EU:ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(2017年3月)
アメリカ:個人消費支出(PCE、2017年2月)
アメリカ:シカゴ購買部協会景況感指数(PMI)

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。