これだけ確認すればOK!投資スケジュール(5月1日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

4月24日週の日経平均株価は、575.99円上昇しました。記事「NYダウの下落を受けても、日経平均株価は上昇できるか?」での予想を反して、日経平均株価は上昇しました。4月28日(金)の終値は19,196.74円で、また19,000円前半のレンジに落ち着いてきています。

アメリカ市場では、特にNASDAQが強いです。5日連続で新高値を更新してきています。このまま世界の株価を牽引してくれることを期待しています。

今週の“注目”投資イベント!

5月3~5日、休場@日本市場

休場中は海外投資家による“仕掛け”が入る可能性が非常に高くなります。売り浴びせられ、連休明けには株価が下から寄り付き、損失が生じるケースが多くあります。連休前は買いポジションを少なくしておくのが定石です。

しかし、今回の連休に“仕掛け”が入る可能性は低いと思っています。というのも、海外投資家が3週連続で買い越してきているためです。

【投資主体別売買動向】 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

とはいえ、フランス大統領選や北朝鮮情勢などにより、神経質な相場が続いています。無理のない投資を心がけていきたいところです。

5日、アメリカ:雇用統計(2017年4月)

フランス大統領選挙や北朝鮮関連ニュースにより、全くメディアに取り上げられなくなったのが6月利上げです。アメリカの各社決算をみていると、足元の景気は改善してきているように感じます。とはいえ、雇用統計ほどダイレクトに利上げ判断に影響を及ぼすものはないので、雇用統計には注視が必要です。

以下、投資スケジュールの詳細です。

5月1日(月)

○国内
新車販売(2017年4月)
軽自動車販売(2017年4月)

3月期決算:双日、ローム、京セラ、ヤマハ

○海外
中国(香港含む)、韓国、台湾:休場
ロンドン、フランクフルト:休場
アメリカ:個人消費支出(2017年3月)
アメリカ:ISM製造業景況感指数(2017年4月)

1~3月期決算:アドバンストマイクロデバイス(AMD)

2日(火)

○国内
日銀金融政策決定会合、議事要旨(3月15~16日開催分)
黒田日銀総裁、講演@グローバルシンクサミット

3月期決算:オリンパス、伊藤忠

○海外 中国:財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI、2017年4月)
アメリカ:新車販売台数(2017年3月)

1~3月期決算:アップル、ファイザー

3日(水)

○国内
休場@憲法記念日

○海外
EU:ユーロ圏域内総生産(GDP)速報値(2017年1~3月期)
フランス:フランス大統領選、テレビ討論会 ※2回目の投票は5月7日
アメリカ:雇用リポート(2017年4月)
アメリカ:ISM非製造業景況感指数(2017年4月)

1~3月期決算:フェイスブック、3Dシステムズ、スプリント、テスラ

4日(木)

○国内
休場@みどりの日

○海外
中国:財新中国非製造業PMI(2017年4月)
アメリカ:FOMC結果発表
EU:ユーロ圏小売売上高(2017年3月)
アメリカ:貿易収支(2017年3月)
アメリカ:製造業受注(2017年3月)

5日(金)

○国内
休場@こどもの日

○海外
韓国:休場
オーストラリア:四半期金融政策報告書
インドネシア:国内総生産(2017年1~3月期)
フィリピン:消費者物価指数(CPI、2017年4月)
アメリカ:雇用統計(2017年4月)

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。