まだ、日経平均株価の上昇には期待できます。

お疲れさまです。k-zmaです。

NYダウの株価は、前日比200ドル38セント(1.1%)安、1万8128ドル66セントで終えました。株価の下落の原因は、非鉄大手アルコアの業績が悪く、投資家心理が悪化したことです。これから、日米ともに多くの企業が決算期に入ります。NYダウの株価および日経平均株価の変動が大きくなりそうです。

【米国株、大幅反落 ダウ200ドル安 約1カ月ぶり下げ幅、アルコア決算で不透明感】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_S6A011C1000000/

チャート的には、NYダウの株価は、18,000~18,400のレンジで持ち合いが続きそうです。株価は、5日移動平均線と25日移動平均線を割れました。三角持ち合いから下へブレイクダウンした形にもなっていますが、まだ、18,000~18,400のレンジでの変動が続きそうです。

日経平均株価は、前日比174円03銭安、1万6850円73銭で寄り付きました。下から寄り付いた原因は、NYダウの株価の下落です。昨日やっと終値で17,000円を抜いてきたのですが、残念な結果となってしまいました。しかしながら、アメリカの利上げ観測の向上により、為替相場の円安ドル高の傾向は変わっておりません。まだ、日経平均株価の上昇に期待できると思います。

【日経平均、反落で始まる 利益確定の売りが先行、米株安で】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12HBF_S6A011C1000000/

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家・中期投資家・長期投資家の投資家心理に対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。