ちょっと、ひとやすみ。日経平均株価@トランプ相場

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

11月16日のNYダウの株価は、54.92ドル(0.3%)安、18868.14ドルで終えました。NYダウの株価は急上昇しすぎです。7営業日連続で株価は続伸していました。急伸していた銀行関連の株価を中心に、一旦、利益確定の売り調整が入ったと思います。

【米国株:反落、大統領選後の上昇に陰り-銀行や工業株が下げる】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-16/OGR6WM6JIJV401

ちょっと、ひとやすみ。NYダウは上昇の調整中、日経平均株価も!?

日足チャートでは、NYダウの株価は陰線をつけていますが、上昇トレンドはまだまだ続くと思います。NYダウは前日比で下落したものの、5日移動平均線によって上昇の支持を受けています。また、50日移動平均線と75日移動平均線がゴールデンクロスしそうです。NNYダウの株価には、一旦、調整の売りが入ると思いますが、引き続き上昇していく可能性が高いです。

11月17日の日経平均株価も調整の売りで押される可能性が高いです。アメリカ市場と同様、銀行関連の株価を中心に調整の売りが入るのではないでしょうか。また、輸出関連企業の株価の調整売りにも注視が必要です。為替相場は、1ドル108円台で昨日に比べて円高ドル安に振れています。

ご用心!アメリカの12月利上げに関するニュース

今週は12月利上げに関するニュースが流れ、株価が少し変動すると思います。投資スケジュールはこまめにチェックするようにしましょう。FRB高官の講演、議会証言を多数控えています。

投資スケジュール(11月14日週)

とはいえ、12月13、14日の連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBが利上げに踏み込むことはすでに市場に織り込まれていると思います。FRB高官が12月利上げを示唆したとしても、株価に対する影響は限定的と考えられます。

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。