ドイツ銀行の懸念は後退してきています

銀行通帳の無料アイコン素材 2.png

お疲れさまです。k-zmaです。

日経平均株価は、116円19銭高、1万6566円03銭で反発して寄り付きました。ドイツ銀行に対する不安が後退したためです。

【日経平均、反発で始まる ドイツ銀への過度な不安後退】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL03H5M_T01C16A0000000/

ドイツ銀行の不安後退の理由は2つです。
①約1兆4,000億円と見積もられていた米司法省への支払いが、約5,460億円で収まりそうであること
②1,000人削減のリストラをドイツ銀行の従業員代表と合意できそうであること

【日本株は反発で始まる、ドイツ銀懸念後退や円の安定-輸出や金融高い】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-02/OEFYY96KLVR501

【ドイツ銀、国内1000人削減で従業員代表と合意の見通し】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-02/OEFRTG6KLVR401

しかしながら、この反発が日経平均株価が大きく上昇していくきっかけとなるかは定かではありません。
ドイツ銀行やその他欧州の銀行に対するマイナス材料がこれから出てくると思います。すでにブルームバーグは、イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの損失隠しに、ドイツ銀行の幹部・従業員が関与していたとするニュースを出しています。2008年の古い話で、ドイツ銀行の株価にあまり影響を及ぼさないと思いますが、この手のこまごまとしたマイナス材料が出てくると思います。

【ドイツ銀に新たな痛手、モンテ・パスキの取引めぐりイタリアで起訴】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-02/OEFUA16KLVR501
マイナス材料が出尽くしてはじめて、ドイツ銀行の株価は底打ちしたと言えます。まだまだ、予断を許しません。

注意
本ブログの内容はあくまで、株式投資、ドイツ銀行に関する個人的な意見を述べています。ブログの内容を踏まえた取引により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。