広告での収入に物申す!成宮寛貴の友人A氏のブログについて

お疲れさまです。k-zmaです。

「成宮寛貴の友人A氏のブログ」はビジネスとして成り立つのだろうか?
同じアフィリエイトビジネスを携わる者として、「ビジネスモデルが描けているのか」という観点から考察してみます。

話題沸騰!成宮寛貴の友人A氏のブログとは

成宮寛貴の友人A氏のブログは、A氏が成宮さんにまつわる真相を公開し、A氏の環境被害をなくすことを目的に開設されました。しかしながら、ブログにアフィリエイト広告が貼られていることから、ビジネスとしてアフィリエイト収入を得ることも目的としているようです。

本当にアフィリエイトビジネスとして成り立つのか、ビジネスモデル構築の観点から考察したいと思います。

クライアントは?

クライアントとは、サービスに対してお金を払ってくれる個人または法人を指します。アフィリエイトビジネスである以上、クライアントは広告主ということになります。クライアントはブログが広告を提示する場所として適しているかどうか審査しています。成宮寛貴の友人A氏のブログを見る限り、広告を張ることができているので、審査が通っていることになります。つまりは、クライアントは明確になっています。

ユーザー(閲覧者)の課題・ニーズは?

ユーザーとは、サービスを利用する人のことを指します。ユーザーの課題を解決する、もしくは、ニーズを満たしてはじめてビジネスが成り立ちます。成宮寛貴の友人A氏は、ユーザー(閲覧者)の課題・ニーズを何と捉えているのでしょうか? 成宮寛貴の友人A氏のブログには、以下の記述があります。

『私はこのBlogを通して皆様に真相を伝えたい。 私が誤解され、いやな思いをたくさんしてきました。 今回のヒロ(成宮寛貴)が起こした騒動で、数多くの噂話が出回りました。 しかし、ほとんどが間違ったものばかりで、自分自身の環境に被害が出ています。』

真相を伝えれば自分自身の環境の被害がなくなるという理屈ですが、それは自分の課題・ニーズを対象にしているだけであって、ユーザーの課題・ニーズを対象にしていません。ユーザーの課題・ニーズが不明確で、ビジネスモルが成り立っていないように思います。

提供価値は?

提供価値とは、「あなたのサービスを一言で言うと?」という問いに対する答えです。ユーザーはサービスを利用することで何を得るのでしょうか?何にメリットを感じるのでしょうか?

上述したとおり、ブログの記事だけではユーザー(閲覧者)の課題・ニーズが不明確なので、提供価値を考察するために、ユーザーの想定される課題・ニーズを以下のように定義してみます。

課題:成宮さんが芸能界を引退したことに驚愕し、心がモヤモヤする。
ニーズ:成宮さんが芸能界を引退した背景(真相)を知りたい。

この場合、提供価値は「成宮さんの引退に納得できる」だと思います。ただ、以下2点は検証する必要があります。

・ユーザー(閲覧者)サイドで想定した課題・ニーズが本当にあるか。
・提供価値を生み出せるだけのケイパビリティ・リソースはあるか。

提供手法は?

提供手法とは、価値をユーザーに提供するための手段を指します。「成宮さんの引退に納得できる」価値をユーザー(閲覧者)に提供するのに、ブログは適しているのでしょうか?

ユーザーの納得感を醸成するためには、以下の3つの要素が必要だと思います。
・実名でコメントする。
・ユーザー側の疑問に対して、一問一答する。
・自分のコメントが「真実である」という証明をする。

ブログは適しているのかでいうと、現状は「成宮寛貴の友人A氏」で実名を名乗っていません。ユーザー側の疑問に答えきれていません。自分のコメントの信憑性を高められるかが不明です。

提供手法としては、ツイッターとブログの両方を考えた方がいいと思います。ツイッターのアカウント名を実名にしてユーザー側の疑問に対して一問一答しましょう。あまりにも多い疑問に対しては、FAQ形式でブログにアップすればいいと思います。自分のコメントの信憑性に関しては、「熱意」で高めるのがベストのように思います。第3者から裏付けのコメントをもらうのもいいでしょう。

競争優位性は?

「世間の注目度が高い」「真相は自分しか知らない」というのは、十分な競争優位性を担保できると思います。ただし、新規参入(他に真相を知っている人)には注意が必要です。

収入、コスト、利益の見込みは?

世間の注目度の高さから、アフィリエイトに絶対必要なPV数は稼げるのではないでしょうか。コストはレンタルサーバー代ぐらいだと思いますので、十分な利益を見込めると思います。

ビジネスモデルを描き切れるかどうかが鍵

まずは、ユーザー(閲覧者)の課題・ニーズが何なのかを考え抜くとこからビジネスはスタートするものだと思います。今後、成宮寛貴の友人A氏のブログを参考にさせて頂き、私自身のビジネスにも磨きをかけていきたいです。

k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。