今流行り!?オープンイノベーションの観点から優良企業を検索する方法

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

最近、「オープンイノベーション」という言葉が流行ってきています。

オープンイノベーションとは、ハーバード・ビジネス・スクールのヘンリー・チェスブロウ先生により、

企業の内部と外部のアイディアを有機的に結合させ、価値を創造すること(Chesbrough, 2003)
イノベーションを促進するための知識の移入と移出の意図的な活用のプロセス(Chesbrough, 2006)
組織境界をまたぐ意図的な知識の流れの管理を含むイノベーションのプロセス(Chesbrough, Vanhaverbeke and West, 2014)

と、定義されています。 上記の定義では難しいのでもっとかみ砕いていうと、

オープンイノベーションとは、他の組織と協力して、新しい価値を創り出すこと

と、表現できます。

自社の中だけで新しい価値を創り出そうとするよりも、他社と協力すれば、お互いの経営資源(人、物、金、情報)を有効に活用することができ、より大きな価値を生み出せる可能性が高まります。

企業が業績を上げ、存続するためにはイノベーションは欠かせません。そこで、投資先企業を選定するための参考として、オープンイノベーションに積極的に取り組んでいる企業を閲覧できるサイトを紹介したいと思います。

あのホリエモンも注目!eiicon(エイコン)@インテリジェンス

総合人材サービス企業インテリジェンスが、2017年2月にカットオーバーするオープンイノベーションプラットフォームが、「eiicon(エイコン)」です。 インテリジェンスでは、「人と組織」を結びつけるビジネスを展開していますが、「結びつける」強みを活かして、今度は「組織と組織」を結びつけるサービスを展開していくようです。インテリジェンスの新規事業提案プログラム「チャレンジファンド」から生み出された新サービスでもあり、堀江貴文さんも注目しています。

【eiicon(エイコン)サービス紹介ページ】
https://eiicon.net/

【新たなビジネス価値を創り出すオープンイノベーションに特化したオウンドメディア 「eiicon lab(エイコン ラボ)」ニュースリリース】
http://www.inte.co.jp/news/2016inte/20160927.html

【堀江貴文氏×eiicon対談企画】
https://lab.eiicon.net/20161226_dec_matome_01/

朝7:00から白熱プレゼン!モーニング・ピッチ@トーマツベンチャーサポート

トーマツベンチャーサポートが提供している、ベンチャー企業と大企業の事業提携を生み出すプラットフォームです。ベンチャー企業社員が自社の事業・サービス内容を、大企業社員の前でプレゼンします。提携がうまく進むと、ベンチャー企業としては大企業の経営資源を活用でき、大企業としては新しい事業・技術を素早く取り込むことができます。ベンチャー企業と大企業のマッチングは、国内外問わず進んでいくでしょう。

このモーニングピッチ、開始時間はなんと朝7時です。朝の方が何かと都合がつきやすいという利便性もありますが、「早朝だとしても参加して、ビジネスを大きくしていきたい」という熱のこもった人々が集まるのが魅力的です。イノベーションを起こすにはやはり“熱”が必要です。

また、モーニングピッチのサイトは、眺めるだけでも大変勉強になります。テーマ(IoT、フィンテック、ヘルスケアなど)ごとに分けて特集が組まれているので、どのテーマが今ホットなのか、これから流行りそうなのか、アンテナを張りやすいです。本ブログの「テーマ株ページ」作成でも参考にさせてもらっています。

>>テーマ株ページ

【モーニング・ピッチ公式サイト】
http://morningpitch.com/

ハードウェアスタートアップ向け製造サービス!BRAIN PORTAL@リクルート

リクルートホールディングスのRecruit Media Technology Lab(MTL)が立ち上げている、ハードウェアスタートアップ向け製造サービスが「BRAIN PORTAL」です。 「ハードウェアスタートアップ向け」というかなりターゲットが絞り込まれたサービスのように感じますが、カバーしている領域がロボット、スポーツ、IoT、ペット・・・と多義に渡ります。 リクルートの新規事業開発プログラム「Recruit Ventures(リクルートベンチャーズ)」発のサービスであり、個人的にはメチャメチャ応援しています。

【Recruit Media Technology Lab(MTL)】
https://mtl.recruit.co.jp/

【BRAIN PORTAL公式サイト】
https://brain-portal.net/ja/

ぞくぞく登場!オープンイノベーションプラットフォーム

その他にも、オープンイノベーション関連のサービスが続々と生まれてきています。

オンラインでお手伝い!creww@Creww

スタートアップ企業の新規事業担当者と大企業の新規事業担当者の、オンラインでのやりとりをサポートするサービスがcrewwです。大企業は自社の強みを生かしたビジネスアイディアをスタートアップ企業に求めることができます。

【creww公式サイト】
https://creww.me/ja

コンセプトと技術のマッチング!Wemake

自社の商品コンセプトを実現したい企業と、そのコンセプトを実現できそうな企業をマッチングするオープンプラットフォームです。大企業も続々と参加しています。

【Wemake公式サイト】
https://www.wemake.jp/

それなら消費者に聞けばいいじゃん!Blabo!

大企業や地方公共団体が、実際の消費者から商品アイディアやデザインを募集するオープンイノベーションプラットフォームです。「消費者」をオープンイノベーションのパートナーの対象にしているのが、他のサービスとの大きな違いです。

【Blabo!公式サイト】
https://bla.bo/

上記で紹介したサービスのサイトが、みなさんの投資活動に役立てたのであれば幸いです。

注意
本ブログの内容はあくまで、投資先銘柄の選定における、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。