取り逃し!オンライン旅行銘柄、アドベンチャー

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

国内旅行者数が前年同期比13.4%減となるなか、取り扱い旅行商品の拡大で業績を伸ばしているアドベンチャー(6030)を紹介します。個人的には、決算短信まで踏み込んだ調査ができておらず、取り逃した銘柄です。この反省を今後の投資活動に活かしていきます。

【旅行・観光消費動向調査2018年4-6月期(速報)】
http://www.mlit.go.jp/common/001249827.pdf

堅調なファンダメンタルズ。アドベンチャー

ファンダメンタル分析において注目している数値は以下のとおりです。

2017年6月期、2018年6月期における売上の上昇率:186%
2018年6月期、2019年6月期(予想)における売上の上昇率:178%
2017年6月期、2018年6月期における経常利益の上昇率:24.9%(25.1%)
2018年6月期、2019年6月期(予想)における経常利益の上昇率:42.9%
直近4半期(2018年4~6月)の経常利益の上昇率:69.6%
予想ROE:31.3%
※上記数値は四季報データより、引用・算出している。
※()内の数値は「平成30年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」より引用

【平成30年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結)】
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80678/c98d2b53/4109/43cc/a4e2/6061def6eb59/140120180812496956.pdf

2営業日で株価22.4%上昇!アドベンチャー

アドベンチャーの株価は、2018年8月31日に新高値(9,630円)を更新し、2018年9月4日には高値(11,790円)ベースで22.4%上昇しました。

2018年9月4日、アドベンチャーのチャート(日足)

 

完全に取り損ねました。

ファンダメンタル分析において「2017年6月期、2018年6月期における経常利益の上昇率:24.9%」が買いルールに該当しなかったため、アドベンチャー株の購入を見送りました。しかし、後日調査を進めると決算短信では「25.1%」であることが判明しました。四季報データでは端数が表示されず24.9%と算出されましたが、実際には経常利益の上昇率は25.0%を超えていました。今後、このようなミスを無くすよう、決算短信の情報までの確認を心掛けます。

ただ、買いルールの再現性がとれたのは大きなプラスであったと言えます。引き続き、投資スキルを磨いていきます。

注意 本ブログの内容はあくまでアドベンチャーに対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。