投資スケジュール(9月19日週)

スケジュール・予定 チェックの無料アイコン素材.png

お疲れ様です。k-zmaです。

投資スケジュールを共有します。

投資の分析手法は大きく分けて2つ存在します。
①ファンダメンタル分析
②テクニカル分析
です。

中長期投資家は①を、短期投資家は②を重視して、投資戦略を考える傾向にあります。
簡単に2つの投資分析を紹介します。

①ファンダメンタル分析
世界の経済状況、会社の業績・将来性を分析し、投資銘柄、投資商品を選択する。

②テクニカル分析
チャートを分析し、投資銘柄、投資商品を選択する。

①のファンダメンタル分析をするうえで、投資スケジュールは重要になってきます。
直近ですと20、21日に開かれる「FOMC」「日銀金融政策決定会合」前後で株価・為替・商品先物価格が大きく変動することが予想されます。

以下、2016年9月19日週の国内、海外のスケジュールを提示します。

【19日(月)】
○国内
敬老の日
○海外
中国の主要70都市新築住宅価格動向
アメリカNAHB住宅市場指数

【20日(火)】
○国内
フィンテック・サミット(~21日)
日本制半導体製造装置BBレシオ
○海外
オーストラリア中銀理事会の議事録
ハンガリー中銀が政策金利を発表
アメリカ住宅着工件数、建設許可件数

【21日(水)】
○国内
月貿易統計
日現決定会合結果発表、黒田総裁会見
訪日外国人客数
○海外
マレーシア消費者物価指数
アメリカFOMC結果発表、イエレンFRB議長会見

【22日(木)】
○国内
秋分の日
○海外
ニュージーランド、トルコ、南アフリカ、ノルウェー政策金利発表
アメリカFHA(連邦住宅金融庁)住宅価格指数
アメリカ中古住宅販売件数
アメリカCB景気先行指標総合指数

【23日(金)】
○国内
毎月勤労統計確報
日本取引所CEO記者会見
○海外
シンガポールCPI

「FOMC」「日銀金融政策決定会合」前後では、各種メディアによる予想と会合後の事実で、株価・為替・商品先物価格の変動が予想されます。
噂で買いを入れ、事実で売りにいく投資戦略を考える必要があります。
もちろん、投資しないという選択肢もあります。
おもしろい投資相場となりそうです。

k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。