日経平均株価は堅実に上昇してきています

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

本日の日経平均株価は、前日比50円91銭(0.30%)安、1万7184円59銭で終えました。株価の下落の原因は、短期投資家による利益確定売りです。週末にはよく見られる現象です。また、午後2時過ぎに発生した鳥取県の地震も株価の下落につながったように思います。日経平均株価は、午後2時過ぎに急落しました。

【東証大引け、反落 利益確定売りに押される、決算控え様子見】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_R21C16A0000000/

来週も日経平均株価の上昇に期待

本日の東証1部の売買代金は概算で2兆320億円となり、標準的な売買代金の目安とされる2兆円をこえました。少し勢いのある上昇と言えます。チャート的には、本日の日経平均株価は陰線をつけました。しかしながら、週足チャートでは、日経平均株価のローソク足が実体で52週移動平均線をこえました。これは非常に強い上昇を意味します。今後は52週移動平均線が支持線として機能することを期待します。

支持線、抵抗線の考え方は以下のリンクを参照ください。

投資家がみている抵抗線と支持線

日経平均株価の上昇のキーは、輸出関連株価の上昇

毎決算期を迎えるにあたり、注目されるのが安川電機の業績です。安川電機はいち早く業績を開示するので、各企業の業績の温度感を知るうえで注目されます。安川電機の業績は投資家の予想を上回りました。その他の輸出関連企業の株価の上昇もある程度期待できると思います。ただ、過度な期待は禁物であり、輸出関連株価の上昇は為替相場の円安ドル高に大きく依存します。

【株、トップバッター好打で輸出株に明るさ】
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08632530R21C16A0000000/

本格的な決算期を迎えるにあたり・・・

絶対に決算ギャンブルはやめましょう。詳細は以下のリンクを参照ください。

決算発表のギャンブル投資はしない

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。