日経平均株価は200日移動平均線をこえるか

ドル紙幣のアイコン素材 6.png

お疲れさまです。k-zmaです。

投資資金が、東証1部か新興市場(ジャスダック・マザーズ)に流れるか見物です。

日経平均株価が上昇しています。アメリカの利上げ観測の高まりで、為替相場は円安ドル高に振れており、輸出関連(特に、自動車関連)の株価が上昇しています。原油価格も上昇しており、資源関連の株価も上昇しています。また、ドイツ銀行の株価が安定したことから、金融関連の株価も上昇しています。輸出関連の株価、資源関連の株価、金融関連の株価により、日経平均株価は下支えられています。

【東証前引け、続伸 円安で採算改善の期待、日米金利差拡大の見方】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS13_V01C16A0000000/?dg=1&nf=1

【東証後場寄り、高値圏での動き 原油価格の上昇も支え】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS14_V01C16A0000000/

チャート的には、日経平均株価が、200日移動平均線(16,746円)をローソク足の実体で抜けてくるかがポイントです。日経平均株価は前場で勢いよく上昇して、後場に入って失速するパターンに注意が必要です。特に、今週末にはアメリカの雇用統計が控えています。また、10日(月)は日本市場の休場ということもあり、ポジション調整の売りも発生する可能性が高いです。

日経平均株価も重要ですが、ジャスダック銘柄の株価、マザーズ銘柄の株価にも注目しています。ノーベル賞関連銘柄が一服後、どこまで伸びるかで新興市場の地合いがわかると思います。

【新興株前引け、ジャスダックとマザーズ続伸 ノーベル賞関連物色は一服】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISST1_V01C16A0000000/

注意
本ブログの内容はあくまで、日経平均株価、日経平均株価の変動、新興市場に対する個人的見解です。テクニカル分析で主に、5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均線に注目しています。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。