株価のロケット上昇なるか。推奨銘柄~VOYAGE~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

テクニカル分析の観点から、株価が急上昇しそうな銘柄があります。VOYAGE(3688)です。

ミネルヴィニ的分析!VCPからの新高値更新!

「ミネルヴィニの成長株投資法」では、VCP(ボラティリティの低下パターン)という考え方が紹介されています。私自身も投資活動にVCPを取り入れています。

ほぼすべての健全な値動き(機関投資家による買い集めの動き)に共通する特徴は、ベース内の特定の範囲で出来高を大幅に減らしつつ、ボラティリティが低下することだ。
参考)ミネルヴィニの成長株投資法(マーク・ミネルヴィニ著)

VOYAGEの場合は約2カ月かけて、18.7%→7.07%→2.79%とボラティリティが低下しています。典型的なVCPです。

2017年7月14日、VOYAGEの株価チャート(日足)。黒線は直近2カ月における、高値・安値を示しています。18.7%→7.07%→2.79%と徐々に下落幅が狭まっています。

 

VCPからの新高値更新でロケット上昇したヤーマン

VCPからの新高値更新パターンでは、株価が急上昇する可能性が非常に高いです。

強気のトレンドで調整を意味する最初の足が出た後の新高値抜きであれば、ふつうそういう(以前の株価レンジに戻ってしまう)ことは起きません。そういうケースでは、新高値抜けた株はふつう、ロケットのように急上昇します。
参考)マーケットの魔術師[株式編](ジャック・D・シュワッガー著)のマーク・ミネルヴィニへのインタビューより抜粋

直近で、ロケットように株価が急上昇した銘柄にはヤーマン(6630)があります。

2017年7月14日、ヤーマンの株価チャート(日足)。黒線は株価急上昇前の高値・安値を示しています。22.7%→8.07%→7.17%と徐々に下落幅が狭まっています。茶色線①はVCPでのブレイク時点、茶色線②は新高値をつけた時点を示しています。

VCPでのブレイク時点①から、株価は15営業日で79%上昇しています。また、新高値をつけた時点②から、株価は11営業日で60%上昇しています。

VCPでのブレイク時点①で株を買うべきか、新高値をつけた時点②で株を買うべきかがポイントになりますが、私は「新高値をつけた時点②」で株を買うのをオススメしています。VCPでのブレイク時点①で株を買った方が利益はとれますが、ブレイクに失敗する事例が多々あります。ブレイク失敗事例は記事「株価急上昇!ボーイング10機発注のジャパンインベストメントアドバイザー」「全体の流れに逆らわず・・・推奨銘柄の進捗報告(ジャパンインベストメントアドバイザー)」を参照ください。

今回のVOYAGEの場合は、VCPでのブレイク時点①と新高値をつけた時点②のブレイクが重なっていおり、今すぐにでも買うべき株であると言えます。

注意
本ブログの内容はあくまでVOYAGE、ヤーマンに対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。