相場全体のトレンドなんて気にしない!ミクロ投資法(個別株特化投資法)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

「全体の流れの確認に、何の意味があるのだろうか?」
「個別株の株価の動きだけ見ていればいいのではないか?」

2017年8月、そんな問いが心に浮かぶ下落相場が続いています。ただ、これはとてもうれしい問いです。もし仮に全体の流れを確認せず、個別株の株価のみに注力して利益を上げることができるようになるならば、以下の2つのメリットを得られるためです。

1、株式投資にかける時間を削減できる
2、勝てる取引の回数を増やせる

本記事では、下落相場でも力強く株価が上昇した個別銘柄を紹介し、「相場全体のトレンドなんて気にしない!ミクロ投資法(個別株特化投資法)」の一部を提示したいと思います。

今後の株式投資の参考になれば幸いです。

個別株の買いタイミング

個別株の買いのタイミングは、全部で9パターンあります。

1、全体の流れが上昇、個別株の株価が上昇のとき
2、全体の流れが持ち合い、個別株の株価が上昇のとき
3、全体の流れが下落、個別株の株価が上昇のとき
4、全体の流れが上昇、個別株の株価が下落のとき
5、全体の流れが持ち合い、個別株の株価が下落のとき
6、全体の流れが下落、個別株の株価が下落のとき
7、全体の流れが上昇、個別株の株価が持ち合いのとき
8、全体の流れが持ち合い、個別株の株価が持ち合いのとき
9、全体の流れが下落、個別株の株価が持ち合いのとき

全体の流れとは、主要株価指数(日経平均株価、TOPIX、2部指数、日経JQ平均、マザーズ指数など)のトレンドを指します。全体の流れの上昇・持ち合い(ボックス)・下落の判断は、書籍「株は新高値で買いなさい!今日から始める成長株投資」(ふりーパパ著)で紹介されている相場の特徴を参考にすると良いと思います。

上昇相場の特徴
・日経平均株価が1週間で500円~1000円(5%)程度上がる
・日経平均株価の上昇が1ヶ月程度続く

下落相場の特徴
・日経平均株価が1週間で500円~1000円(5%)程度下がる
・日経平均株価の下落が1ヶ月程度続く

ボックス相場の特徴
・日経平均株価がプラス500円とマイナス500円の間で上昇と下落を繰り返す

参照)株は新高値で買いなさい!今日から始める成長株投資(ふりーパパ著)

本記事のミクロ投資法(個別株特化投資法)は“順張り”であり、「1」「2」に基づいた買いのタイミングをこれまで紹介していました。私自身、様々な投資関連書籍を読む中で、「1」「2」のタイミングが利益を上げるうえで重要であると感じ、「1」「2」のタイミングでのみ株を購入していました。つまり、「3」のように全体の流れが下落の際は、株式売買を全くしていませんでした。

ところが、2017年8月の下落相場(東証1部およびマザーズ市場の下落相場)において、モニタリングしていた個別銘柄の株価が軒並み上昇していました。今まで「3」での株の購入を避けてきましたが、今の銘柄選定基準に基づいた個別銘柄選択であれば、「3」パターンでも利益を確保できるようです。

2017年8月25日、日経平均株価のチャート(日足)

2017年8月25日、TOPIXのチャート(日足)

2017年8月25日、マザーズ指数のチャート(日足)

以下、下落相場でも力強く株価が上昇した個別銘柄のファンダメンタルズ、株価上昇率を提示したいと思います。

ペッパーフードサービス(3053)@東証1部

記事「ステーキ人気で株価急騰中!ペッパーフードサービス」「4営業日で約20%株価上昇!ペッパーフードサービス」でも、ペッパーフードサービスを紹介しています。併せてご覧ください。

ファンダメンタルズ

2015年12月期、2016年12月期における売上の上昇率:38%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における売上の上昇率:50%
2015年12月期、2016年12月期における経常利益の上昇率:28%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における経常利益の上昇率:122%
直近四半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:55.1%
予想ROE:24.7%

株価上昇率

8月14日に新高値(4,825円)をつけて、8月25日の終値ベース(6,770円)で40.3%上昇しています。8月23日の高値ベース(7,750円)では、最大60.6%上昇しています。

2017年8月25日、ペッパーフードサービスのチャート(日足)

 

トラスト・テック(2154)@東証1部

ファンダメンタルズ

2015年6月期、2016年6月期における売上の上昇率:45%
2016年6月期、2017年6月期(予想)における売上の上昇率:39%
2015年6月期、2016年6月期における経常利益の上昇率:56%
2016年6月期、2017年6月期(予想)における経常利益の上昇率:23%
直近四半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:42.8%
予想ROE:31.8%

株価上昇率

8月10日に新高値(2,479円)をつけて、8月25日の終値ベース(2,963円)で19.5%上昇しています。8月23日の高値ベース(3,155円)では、最大27.3%上昇しています。

2017年8月25日、トラスト・テックのチャート(日足)

 

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)@マザーズ

記事「株価上昇仕切り直し!ジャパンインベストメントアドバイザー」でも、ジャパンインベストメントアドバイザーを紹介しています。併せてご覧ください。

ファンダメンタルズ

2015年12月期、2016年12月期における売上の上昇率:111%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における売上の上昇率:39%
2015年12月期、2016年12月期における経常利益の上昇率:77%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における経常利益の上昇率:63%
直近四半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:6.3倍
予想ROE:32.1%

株価上昇率

8月16日に新高値(4,880円)をつけて、8月25日の終値ベース(5,290円)で8.40%上昇しています。8月24日の高値ベース(5,460円)では、最大11.9%上昇しています。

2017年8月25日、ジャパンインベストメントアドバイザーのチャート(日足)

 

(2017年9月2日追記)

8月16日に新高値(2,440円)をつけて、9月1日の終値ベース(2,803円)で14.9%上昇しています。9月1日の高値ベース(2,820円)では、最大15.6%上昇しています。

※2017年9月1日からの株式分割の結果を反映しています。

2017年9月1日、ジャパンインベストメントアドバイザーのチャート(日足)

 

グノシー(6047)@マザーズ

記事「株価ロケット上昇中!インターネット広告銘柄~グノシー~」でも、グノシーを紹介しています。併せてご覧ください。

ファンダメンタルズ

2015年5月期、2016年5月期における売上の上昇率:68%
2016年5月期、2017年5月期(予想)における売上の上昇率:40%
2015年5月期、2016年5月期における経常利益の上昇率:168%
2016年5月期、2017年5月期(予想)における経常利益の上昇率:45%
直近四半期(2017年3~5月)の経常利益の上昇率:2.1倍
予想ROE:14.2%

株価上昇率

8月8日に新高値(3,235円)をつけて、8月25日の終値ベース(3,390円)で4.79%上昇しています。8月23日の高値ベース(3,650円)では、最大12.8%上昇しています。

2017年8月25日、Gunosyのチャート(日足)

本ブログの内容はあくまでミクロ投資法(個別株特化投資)に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。