組織を守るか、人を守るか。A LIFE ~愛しい人~第2話

お疲れさまです。k-zmaです。

「A LIFE ~愛しい人~」第2話の内容をまとめました。
「A LIFE~愛しい人~」第1話を見逃した方はまず、記事「まだ間に合う!A LIFE ~愛しき人~ 第1話まとめ」を参照ください。

>>まだ間に合う!A LIFE ~愛しき人~ 第1話まとめ

対立!患者を守る医者 vs 病院を守る経営者

壇上記念病院院長虎之介(柄本明)の知人で和菓子職人の森本(平泉成)が入院した。
オペを担当するのは、沖田一光(木村拓哉)にライバル心を燃やす井川颯太(松山ケンイチ)。
沖田も森本のオペを見学するが、別オペで苦しんでいる壇上深冬(竹内結子)の手伝いをすることに・・・。
森本のオペは成功したかに思えたが、退院後、森本の右手はシビレ、森本は自殺をはかり、医療ミススキャンダルとしてメディア取り上げられてしまう。
沖田は右手のシビレの原因をつきとめ、オペ方法を見つけるにいたるが、オペに踏み切るということは医療ミスを認めるということになる。
医療ミスを認め再手術で患者を守ろうとする沖田と、医療ミスを認めず和解(お金)で病院を守ろうとする壇上壮大(浅野忠信)は対立した。
結局、虎之介が沖田にオペの許可を出し、手術は成功。医療訴訟にまで発展することはなくなった。
しかし、虎之介・深冬の好感度が急上昇する沖田と、経営者としての判断をせねばならない野心家壮大の間の溝は深まるばかりである。

過去と現在のはざまで揺れる2人の想い

記事「まだ間に合う!A LIFE ~愛しき人~ 第1話まとめ」では「むかしばなし」がキーであることを記載しましたが、今回は昔のオペシーンが引き合いに出されていました。

昔は背中越しに沖田がオペする姿をみていた深冬が、今回は沖田の正面に立ってオペしていました。深冬は「変な感じだな」と、言っていましたが、そんなこと言われても沖田はどうリアクションしたらいいのかわからず。そして、端から見ていた柴田由紀(木村文乃)にも「息がぴったり合っていた」と告げられ、深冬もどうリアクションしたらいいのかわからず。

これからも、「むかしばなし」を注視し、2人の距離を測っていきましょう。

組織を守るか、人を守るか

「A LIFE ~愛しき人~」第2話の見どころは何といっても、医者沖田と経営者壮大の言い争いでしょう。

医療ミスを認め再手術で患者を守ろうとする沖田と、医療ミスを認めず和解(お金)で病院を守ろうとする壮大は対立しました。

大きな組織の中では、人はただのN=1です。N=1はとにかく無視されやすい。所詮N=1なので、大きな組織としてはN=1で起きたことを課題としてみません。その最たる例が電通の過労死事件だと私は思っています。1990年代に一度「電通事件」として、男性社員が自殺しているにもかかわらず、2015年にはまたしても過労死事件が発生しています。

組織が人をただのN=1とみなし、事態を重く受け止めない姿勢を貫く限り、この手の事件は絶対になくなりません。組織には組織の論があることもわかりますが、それでもN=1が集まって組織が成り立っているという原点にもう一度立ち戻るべきです。N=1を手荒く扱うのではなく・・・。

最後は、イチ意見をぶつけてしまいましたが、記事「さんタク対決?キムタクドラマの裏番組で踊るさんまさん」でも紹介したように、第2話の視聴率は第1話の視聴率よりも上がると予想しています。

>>さんタク対決?キムタクドラマの裏番組で踊るさんまさん

引き続き、「A LIFE~愛しい人~」を楽しんでいきたいと思います。

k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。