逃げるが勝ち!日経平均株価下落の予想~ディストリビューション・デーからの考察~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

2017年3月30日、保有株を全部売り抜きました。2017年4月は日経平均株価が下落すると予想したためです。

なぜそのような予想をしたのか。それは、3月29日までにディストリビューション・デー(Distribution Day)が16営業日中5回も観測されたためです。

ディストリビューション・デーとは何か、ディストリビューション・デーからの日経平均株価下落の予想を解説したいと思います。

ディストリビューション・デーとは何か

ディストリビューション・デーとは、売りが買いを上回った日のことです。売りが買いを上回った日は、以下の2つの条件を満たす日のことです

①当日の終値が、前日の終値より安い
②当日の出来高が、前日の出来高より多い

ディストリビューション・デーは、主要株価指数(日経平均株価、TOPIXなど)の下降トレンドへの転換に対する示唆を与えてくれます。書籍「1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術」(DUKE著)でも、ウィリアム・オニールの理論として紹介されています。

2~4週間のなかで、ディストリビューション日が5回あれば、市場が上昇トレンドから下降トレンドへ転換した可能性が高いと判断できます。

参考)1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術(DUKE著)

次に、直近2年間の日経平均株価急落前のディストリビューション・デーを紹介します。

2015年8月、チャイナショック前のディストリービューション・デー

2015年8月、日経平均株価のみならず、世界の主要株価指数が急落しました。いわゆる、“チャイナショック”です。急落前のディストリビューション・デーは以下のとおりです。

2015年7月27日~8月19日、18営業日で、5回観測されました。
2015年7月27日~8月19日、20営業日で、5回観測されました。

2015年7月16日~8月19日、日経平均株価の日足チャート。緑色の矢印がディストリビューション・デーを示しています。

 

2016年1月、日経平均株価急落前のディストリビューション・デー

2016年1月、日経平均株価は急落しました。年始早々、中国ではサーキットブレーカーが発動するほどの急落っぷりでした。急落前のディストリビューション・デーは以下のとおりです。

11月30日~12月15日、12営業日で、5回観測されました。
12月2日~12月18日、11営業日で、5回観測されました。
12月8日~12月24日、12営業日で、5回観測されました。

2015年11月19日~12月24日、日経平均株価の日足チャート。緑色の矢印がディストリビューション・デーを示しています。

 

2017年3月29日までのディストリビューション・デー

上記2つの事例から、

11~20営業日で、ディストリビューション・デーが5回あると、日経平均株価は下落する可能性が高い

と考えられます。

それでは、2017年3月29日までのディストリビューションデーはどうだったのか。実は、16営業日(3月7日~29日)で、5回も観測されました。

2017年2月24日~2017年3月29日、日経平均株価の日足チャート。緑色の矢印がディストリビューション・デーを示しています。

このことから、2017年4月、日経平均株価は19,000円を下回り、急落すると予測できます。私自身は3月30日に保有株を全て売却しました。

結局、日経平均株価は、3月31日の終値が18,909.26円で、19,000円を割れました。

これから、4月の日経平均株価はどうなるか、日々、観察していきたいと思います。

注意
本ブログの内容はあくまで2017年4月の日経平均株価に対する、一個人投資家の予想です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。