1株利益が減少している銘柄の株購入に対する考察

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「株価ロケット上昇中!インターネット広告銘柄~グノシー~」では、今後の銘柄検証ポイントとして、以下のルールが適切かどうかを検証する必要があることを提示しました。

直近四半期ベースの1株利益(EPS)の伸びがマイナスなら勝負しない。

本記事では、直近四半期ベースの1株利益の伸びがプラスであるTOKYO BASE(3415)と、マイナスであるスタートトゥデイ(3092)の比較により、ルールが適切であるかどうかを検証したいと思います。

TOKYO BASEとスタートトゥデイ比較は、以下の3点からも有益であると言えます。
1、実店舗販売とeコマースで顧客チャネルに違いはあるもの、同じアパレル業界に属する。
2、両社の株価は、上昇トレンドにある。
3、両社ともに東証1部に上場している。

1株利益の伸びがプラスであったTOKYO BASEのファンダメンタルズ

直近四半期(2017年3~5月)の1株利益の伸び率は、+4.5%でした。

また、その他のファンダメンタルズも、以下のとおり良好でした。

2015年2月期、2016年2月期における売上の上昇率:54%
2016年2月期、2017年2月期(予想)における売上の上昇率:33%
2015年2月期、2016年2月期における経常利益の上昇率:96%
2016年2月期、2017年2月期(予想)における経常利益の上昇率:38%
直近四半期(2017年3~5月)の経常利益の上昇率:2.1倍
予想ROE:44.8%

1株利益の伸びがマイナスであったスタートトゥデイのファンダメンタルズ

直近四半期(2017年4~6月)の1株利益の伸び率は、-48.4%でした。

その他のファンダメンタルズは、以下のとおり良好でした。

2015年3月期、2016年3月期における売上の上昇率:40%
2016年3月期、2017年3月期(予想)における売上の上昇率:31%
2015年3月期、2016年3月期における経常利益の上昇率:48%
2016年3月期、2017年3月期(予想)における経常利益の上昇率:21%
直近四半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:58.9%
予想ROE:75.5%

結論は、今後の値動きをみて出します。

決算発表翌日の始値から何パーセント上昇したかで、ルールの適切性を検証したいと思います。2017年8月4日現在のTokyo Baseとスタートトゥデイの株価チャートは以下のとおりです。

2017年8月4日、Tokyo Baseの株価チャート(日足)。茶色線は、決算発表翌日の始値を示しています。

2017年8月4日、スタートトゥデイの株価チャート(日足)。茶色線は、決算発表翌日の始値を示しています。

本ブログの内容はあくまでTOKYO BASE、スタートトゥデイに対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。