2017年は有機ELまつり!有機EL関連銘柄まとめ

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

2017年、注目のテーマが浮上してきました。

有機ELです。

本記事では、有機EL関連銘柄の株価上昇の可能性と、今後注目するべき有機EL関連銘柄を紹介します。

安い!有機ELテレビが普及期へ突入!

本日の日経記事「有機ELテレビ、半年で3割安く 液晶との価格差縮む」で有機ELにスポットライトが当たりました。

画像が鮮明な有機ELテレビの店頭価格が下がっている。人気サイズの最新型は半年前の発売時に比べて3割安くなり、液晶テレビとの価格差が縮まった。生産量の増加で部材コストが低下しており、「高値」の花だった有機ELテレビが普及期に入りつつある。
(日本経済新聞HP記事「有機ELテレビ、半年で3割安く 液晶との価格差縮む」より抜粋

この記事に即座に反応したのが、ブイ・テクノロジー(7717)と平田機工(6258)です。両社ともに有機EL関連製品の開発・製造・販売を手掛けています。

【<東証>Vテクが10年ぶり高値 有機ELで大型受注に期待】 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ19H0R_U7A120C1MM0000/

次世代iPhoneにも有機EL導入なるか

今年販売されるiPhoneに有機ELが搭載される噂も出てきています。スマホにまで有機ELが搭載されるのか。まだまだ技術的に追いついてはいないように思いますが、アップルが動けば世界が動く世の中です。LGディスプレイ、サムスンディスプレイ、ジャパンディスプレイ、シャープの開発競争激化、有機ELの技術革新が進むと思います。

有機ELブームの序章。日本電産の業績にも貢献

本日は、日本電産の第3四半期決算報告日でした。前年比で、売上高3.0%減、営業利益17.6%増、純利益17.4%増とまずまずの結果に見えますが、注目するべきは、第3四半期決算短信の「経営成績に関する説明」の『「機器装置」製品グループ』の欄です。

売上高は為替の影響はあったものの新規連結及び日本電産サンキョーの液晶ガラス基板及び有機EL搬送用ロボットの増収により前年同期比 7.9%増収の 866 億 10 百万円となりました。営業利益は新規連結及び液晶ガラス基板及び有機EL搬送用ロボットの増収により、前年同期比33.7%増益の158億2百万円となりました。
日本電産㈱ (6594) 平成 29 年3月期 第3四半期決算短信より抜粋)

有機EL関連製品の売上・営業利益が伸びています。これは足元で有機ELブームが起こり始めていることを示唆しています。

注目は2社!シャープとジャパンディスプレイ!

では、今後注目するべき有機EL関連銘柄はどこか。私が注目しているのは、シャープとジャパンディスプレイです。

俄然本気!シャープ@鴻海

シャープ@鴻海(6753)は兼ねてから有機ELディスプレイの開発に力を入れています。それだけなら、どの有機EL関連会社も同じなのですが、シャープ@鴻海には“アメリカに乗り出す”覚悟を強く感じます。アメリカでの現地生産も視野に入れているという意味です。

トランプ政権下では、トランプ大統領の御膝下で商売してナンボ。有機ELディスプレイをアメリカで生産、税制優遇で製造コスト削減、アップルがシャープ@鴻海から有機ELディスプレイを買うというのが、シャープ@鴻海にとってのシンデレラストーリーではないでしょうか。

【Sharp president confirms new iPhones to adopt OLED panels】
http://asia.nikkei.com/Business/Companies/Sharp-President-confirms-new-iPhones-to-adopt-OLED-panels

どこまでついていけるか。ジャパンディスプレイ

ジャパンディスプレイ(6740)も有機ELの開発に力を入れています。象徴的な出来事は、ジャパンディスプレイがJOLEDを子会社化したことです。

【ジャパンディスプレイ、液晶と有機EL統合】
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ12HWL_S6A211C1MM8000/

ただ、ジャパンディスプレイに期待しすぎるのには注意が必要です。ジャパンディスプレイの大株主は産業革新機構です。シャープ@鴻海のように“アメリカに乗り出す”路線はほぼないと思います。アメリカで雇用を生むより、日本で雇用を生むことを優先しそうです。

買いのタイミングはいつ?

シャープ、ジャパンディスプレイの買いのタイミングに関しては、記事「押し目買い狙い!注目すべき有機EL関連株!」でご確認ください。シャープ、ジャパンディスプレイ以外にも、今後株価の上昇が見込めるローツェ(6323)、三井松島産業(1518)の買いタイミングについても解説しています。

>>押し目買い狙い!注目すべき有機EL関連株!

その他の有機EL関連銘柄

以下、その他の有機EL関連銘柄です。詳細を調べて「これだ」というものがあれば、随時紹介していきたいと思います。

コード 銘柄
5018 MORESCO ※長期投資推奨銘柄。詳しくは記事「オススメ!有機EL銘柄~MORESCO編~」を参照ください。
3551 ダイニック
4063 信越化学
7735 SCREEN HLD
6728 アルバック
6258 平田機工
2715 エレマテック
3156 UKCHLD
6590 芝浦エレクトロニクス
4112 保土谷化学工業
4960 ケミプロ化成
7717 ブイ・テクノロジー ※詳しくは記事「ガンガン伸びる!有機EL関連銘柄~ブイ・テクノロジー~」を参照ください。
7709 クボテック

注意
本ブログの内容はあくまで、有機EL関連銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。