投稿者「k-zma」のアーカイブ

もう一山あるか?電子書籍銘柄~メディアドゥ~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「市場拡大中!電子書籍銘柄~メディアドゥ~」で紹介したメディアドゥ(3678)が、調整局面に入っています。そろそろ上昇へと転換してもいいタイミングだと考えています。 2017年5月20日現在のメディアドゥに関する情報を整理し、買うタイミングについて考えてみたいと思います。

業績、ROEは悪くはない

記事「ガンガン伸びる!有機EL関連銘柄~ブイ・テクノロジー~」で紹介しましたが、銘柄選択の際は、以下の数値を確認しています。

・予想を含めた直近1,2年の売上上昇率
・予想を含めた直近1,2年の経常利益の上昇率
・直近4半期の経常利益の上昇率
・予想ROE

メディアドゥの各数値は、以下のとおりです。

2016年2月期、2017年2月期における売上の上昇率:38%
2017年2月期、2018年2月期(予想)における売上の上昇率:119%
2016年2月期、2017年2月期における経常利益の上昇率:19%
2016年2月期、2017年2月期(予想)における売上の上昇率:52%
直近4半期の経常利益の上昇率:63.5%
予想ROE:16.5%

業績、ROEともに悪くはありません。

調整完了?10週移動平均線への1回目の押し

上昇トレンドの調整が終わり始め、買う時期が近付いていると考えられます。

2月27日週でブレイク(急上昇)してから、5月8日週で10週移動平均を初めて割れています。出来高も少なくなってきているので、下落の勢いは小さくなってきています。

2017年5月19日、メディアドゥの株価チャート(週足)。赤線が10週移動平均を示しています。

※基準とする移動平均線として、10週移動平均線もしくは13週移動平均線のどちらを採用するかには賛否両論あります。本記事では、「オニールの成長株発掘法」で採用されて10週移動平均線を基準としています。

反応薄・・・プラスに思えた2つの材料

5月15日週に、メディアドゥから以下2つの材料が出ました。

①IRIグループとの資本業務提携に関するお知らせ(5月17日発表)
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1475436

②メディアドゥ、「comico PLUS」に電子書籍配信ソリューションの提供を開始(5月18日発表)
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1475895

どちらも株価上昇のプラス材料と思われましたが、株価は上昇しませんでした。このことから、株価の上値が重いと言えます。

株価上昇のエンジンとなるか。機関投資家の買い

機関投資家の買いにより、今後メディドゥの株価が上昇する可能性は高いです。

2017年5月19日、三井住友信託銀行から大量保有報告書が提出されています。計5.52%の株式を保有しています。

【大量保有報告書(5月19日)】
http://www.kabupro.jp/edp/20170519/S100A8ZB.pdf

2016年4月21日にも三井住友信託銀行から大量保有報告書(5.07%保有)が提出されており、その週の始値から3週かけて、株価は30.6%上昇しています。 このことからも、2017年5月22日週以降、メディアドゥの株価は上昇する可能性が高いです。

結論、10週移動平均線を超えたとこで買い

総合的に考えて、プラスに思えた材料に対して株価が上昇しなかったことに若干の不安がありますが、業績・ROEの悪くなさ、チャートの形、機関投資家による買いを考慮すると、メディアドゥの株価は上昇する可能性が高いです。

買いのタイミングは、10週移動平均線を上回ってきたところではないでしょうか。

注意
本ブログの内容はあくまで電子書籍市場、電子書籍銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


これだけ確認すればOK!投資スケジュール(5月22日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

5月15日週の日経平均株価は、293.14円(1.5%)下落しました。NYダウの下落が響いた1週間となりました。NYダウの下落の原因は、「トランプ大統領のロシアへの機密情報漏洩」疑惑による投資家心理の悪化です。

【米大統領のFBIへの圧力疑惑、議会で独立調査求める動き】
http://jp.reuters.com/article/usa-trump-idJPKCN18D2KF

私自身、日経平均株価の下落が続くとは思っていません。

記事「これだけ確認すればOK!投資スケジュール(5月15日週)」において、

私自身、日経平均株価20,000円へのポイントは、主導株に投資資金が流れるかにかかっていると思います。
主導株とは、活気づいている業界における上位2~3銘柄のことを指します。

と記述しました。

主導株の1つと考えられるブイ・テクノロジー(7717)にも投資資金が流れてきており、日経平均株価の急落はないと考えています。ブイ・テクノロジーの詳細に関しては、記事「ガンガン伸びる!有機EL関連銘柄~ブイ・テクノロジー~」をご覧ください。銘柄選びの参考にもなると思います。

>>ガンガン伸びる!有機EL関連銘柄~ブイ・テクノロジー~

今週の“注目”投資イベント!

24日(水)、アメリカ:コミー氏、公聴会出席(予定)

ロシアへの機密情報を漏洩疑惑に関して、コミー前FBI長官に公聴会への出席が要請されています。内容次第では投資家心理が刺激され、NYダウが大きく変動する可能性があります。要注意です。

以下、投資スケジュールの詳細です。

5月22日(月)

○国内
貿易統計速報(2017年4月)
QUICK外為月次調査(2017年5月)
西川自工会会長、記者会見
榊原経団連会長、記者会見
主要コンビニエンス売上高(2017年4月)

○海外
特になし

23日(火)

○国内
閣議
毎月勤労統計確報(2017年3月、2016年度)
食品スーパー売上高(2017年4月)
全国百貨店売上高(2017年4月)

○海外
フランス:PMI速報値(2017年5月)
ドイツ:PMI速報値(2017年5月)
ドイツ:Ifo企業景況感指数(2017年5月)
EU:ユーロ圏PMI速報値(2017年5月)
アメリカ:製造業購買担当者景気指数速報値(PMI、2017年5月)
アメリカ:新築住宅販売件数(2017年4月)
アメリカ:トランプ大統領、予算教書を議会に提出

24日(水)

○国内
黒田日銀総裁、国際カンファレンスにて挨拶
景気動向指数改定値(2017年3月)
月例経済報告(2017年5月)

○海外
アメリカ:中古住宅販売件数(2017年4月)
カナダ:中銀が政策金利を発表
アメリカ:FOMC議事要旨(5月2~3日開催分)
アメリカ:コミー氏、公聴会出席(予定)

25日(木)

○国内
対外・対内証券売買契約
3カ月物国庫短期、入札
40年物国債、入札
外食売上高(2017年4月)

○海外
南アフリカ:中銀が政策金利を発表
オーストリア:OPEC総会
ベルギー:NATO首脳会

26日(金)

○国内
閣議
全国CPI(2017年4月)
都区部CPI(2017年5月)
企業向けサービス価格指数(2017年4月)
シャープ、中期経営計画説明会

○海外
アメリカ:実質国内総生産改定値(2017年1~3月期)
アメリカ:耐久財受注額(2017年4月)
アメリカ:消費者態度指数確報値(2017年5月)
G7:シチリア・サミット(~27日)

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


ガンガン伸びる!有機EL関連銘柄~ブイ・テクノロジー~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「2017年は有機ELまつり!有機EL関連銘柄まとめ」で紹介したように、2017年は有機EL関連銘柄の株価上昇が予想されます。

直近では、ブイ・テクノロジー(7717)が新高値を抜けて、着々と株価が上昇しています。この上昇は本物です。

私自身、ブイ・テクノロジーはもちろん購入の検討をしていたのですが、ポートフォリオの関係上、今回は泣く泣く見送らせて頂きました。ブイ・テクノロジーを検討していた際の観点を本ブログで紹介したいと思います。

申し分なし!売上、経常利益、ROEともに絶好調!

株を購入する際は、予想を含めた直近1,2年の売上上昇率と経常利益の上昇率、直近4半期の経常利益の上昇率を確認しています。ブイ・テクノロジーの各数値は、以下のとおりです。

2015年3月期、2016年3月期における売上の上昇率:138%
2016年3月期、2017年3月期(予想)における売上の上昇率:173%
2015年3月期、2016年3月期における経常利益の上昇率:112%
2016年3月期、2017年3月期(予想)における売上の上昇率:142%
直近4半期の経常利益の上昇率:241.3%
予想ROE:23.7%
※ブイ・テクノロジー株購入検討時(5月15日の決算発表前)の数値をもとに算出しています。

機関投資家による買いは入っているか?

株価の急上昇には、機関投資家の買いが必要です。前四半期に機関投資家が買いを入れているか確認します。「株主プロ」を利用すると、機関投資家が大量保有報告書を提出しているか(買いを入れているか)を確認できます。

【株主プロ】 http://www.kabupro.jp/

ブイ・テクノロジーの場合は、バークレイズ・キャピタル・セキュリティーズ・リミテッド、アセットマネジメントone、ルネッサンス・テクノロジーズ・エルエルシーが買いを入れているのがわかると思います。

嗚呼、美しい!チャートの形

極めつけは、チャートの形が非常に良かったです。高値圏でW型を形成し、株価が出来高を伴って上昇しています。チャートは日足・週足の両方をみることをオススメします。週足の方がダマシは少ないです。

2017年5月19日、ブイ・テクノロジーの株価チャート(週足)。黒線で記したような高値圏での「W」は、買いのサインです。

 

タラレバ妄想。もし買っていたら?

5月16日の決算発表後に始値19,130円で100株(単元株数)買っていたい場合、5月19日の終値21,460円の段階で233,000円の含み益が出ていることになります。「買っておけば・・・」とは思うものの、購入には190万円かかります。信用取引でいけなくもなかったのですが、ポートフォリオがブイ・テクノロジーに大きく偏るので、今回は見送らせてもらいました。

とはいえ、ブイ・テクノロジーの株価はまだまだ伸びていくと思います。保有している投資家は“強気”で保有することをオススメします。

ブイ・テクノロジーのような銘柄に出会うと、「リバモアの投資術」(ジェシー・ローリストン・リバモア著)の文章を思い出します。

そもそもやるべきトレードは年にたったの数回、おそらく4~5回しかないということである。 参照)リバモアの投資術(ジェシー・ローリストン・リバモア著)

ブイ・テクノロジーはおそらく、4~5回のうちの1回だったと思います。

残り3~4回のトレードに備えて、上記の観点に見合った銘柄を、日々粛々と探すのみです。

注意
本ブログの内容はあくまで、有機EL関連銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


これだけ確認すればOK!投資スケジュール(5月15日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

5月8日週の日経平均株価は、438.2円(2.3%)上昇しました。記事「これだけ確認すればOK!投資スケジュール(5月1日週)」で予想したとおり、GW期間中、海外投資家による“仕掛け”はありませんでした。8日に高く寄付き、値動きが少ないまま8日週を終えました。日経平均先物が20,000円にタッチする場面がみられ、「日経平均株価もいよいよか」といった雰囲気がでてきています。

私自身、日経平均株価20,000円へのポイントは、主導株に投資資金が流れるかにかかっていると思います。主導株とは、活気づいている業界における上位2~3銘柄のことを指します。個別銘柄の値動きを見る限り、5月8日週の日経平均株価の上昇は“万遍なく個別銘柄に投資資金が流入した”ため、という印象を受けました。立役者は、5週連続で買い越している海外投資家です。

【投資主体別売買動向】 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

3月期決算が出揃いつつあるこの時期、主導株に投資資金が流入していくかに注目していきたいと思います。

今週の“注目”投資イベント!

18日(木)、対外・対内証券売買契約(週間)

海外投資家の6週連続買い越しがあるかに注目したいと思います。日本市場における投資家の7割は、海外投資家です。海外投資家が買い越せば上昇、売り越せば下落とは一概には言えませんが、メインプレイヤーの動きには注意が必要です。

【投資主体別売買動向】 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

以下、投資スケジュールの詳細です。

5月15日(月)

○国内
企業物価指数(2017年4月)
ESPフォーキャスト調査(2017年5月)

1~3月期決算:アサヒHD、電通、DIC
3月期決算:味の素、出光興産、日本郵政、かんぽ生命、ゆうちょ銀、三菱UFJ、三井住友トラスト、三井住友FG、みずほFG、オリックス、第一生命HD、T&D、NTT

○海外
中国:工業生産高(2017年4月)
中国:小売売上高(2017年4月)
中国:固定資産投資(2017年1~4月)
中国:不動産開発投資(2017年1~4月)
アメリカ:ニューヨーク連銀製造業景況指数(2017年5月)
アメリカ:住宅建設業協会(NAHB)、住宅市場指数(2017年5月)
アメリカ:対米証券投資(2017年3月)

16日(火)

○国内
5年物国債、入札
第3次産業活動指数(2017年3月)

3月期決算:住友化学

○海外
イギリス:消費者物価指数(CPI、2017年4月)
EU:ユーロ圏域内総生産改定値(2017年1~3月期)
アメリカ:住宅着工件数(2017年4月)
アメリカ:鉱工業生産(2017年4月)
アメリカ:設備投資稼働率(2017年4月)

17日(水)

○国内
機械受注(2017年3月)
1年物国庫短期証券、入札 鉱工業生産確報(2017年3月)

○海外
アメリカ:エネルギー省、石油在庫統計(週間)

2~4月期決算:シスコシステムズ

18日(木)

○国内
国内総生産速報値
対外・対内証券売買契約(週間)
3カ月物国庫短期証券、入札
20年物国債、入札
首都圏近畿圏のマンション市場動向(2017年4月)

○海外
中国:主要70都市、新築住宅価格動向(2017年4月)
オーストラリア:雇用統計(2017年4月)
アメリカ:フィラデルフィア連銀製造業景況指数(2017年5月)
アメリカ:新規失業保険申請件数
アメリカ:景気先行指標総合指数(2017年4月)

2~4月期決算:ウォールマートストアーズ

19日(金)

○国内
訪日外国人客数

2017年3月期決算:SOMPO、MS&AD、東京海上

○海外
特になし

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


決定版!日経平均株価の“底”の見分け方

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

投資家にとって、いつマーケット全体の流れが下落、上昇に転じるかを察知することは非常に重要です。損失の最小化、利益の最大化のためには、マーケット全体の流れを読み解く必要があります。

2017年3月下旬から4月下旬にかけて、日経平均株価は最高値、最安値ベースで7.3%下落しました。いつマーケットの流れが下落するかを察知する方法は、記事「逃げるが勝ち!日経平均株価下落の予想~ディストリビューション・デーからの考察~」にまとめましたので、ご覧ください。

そして、2017年4月下旬から5月上旬(5月12現在)にかけて、日経平均株価は最安値、最高値ベースで9.7%上昇しました。

本記事では、いつマーケット全体の流れが上昇に転じるのか(いつ日経平均株価は底をつけるのか)を見分けるポイントを、今回の上昇ケースで解説したいと思います。

じっくり待とう!フォロースルー!

フォロースルーとは、オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J.オニール著)で以下のように定義されています。

これ(フォロースルー)は通常の反発の4日目から10日目の間に起こり、主要な株価指数の少なくとも1つが前日よりも出来高の増加を伴いながら、1.7%以上上昇する。

参照)オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J.オニール著)

日本市場の主要な株価指数には、日経平均株価、TOPIX、2部指数、日経JQ、マザーズなどがあります。これらの主要な株価指数のうち、少なくとも1つが前日よりも出来高を伴いながら、1.7%以上上昇するかが、マーケット全体の底を見分ける1つのポイントになります。

今回の上昇ケースでは、4月17日に日経平均株価が底をつけました。私自身、毎日主要な株価指数をモニタリングしていたのですが、“マザーズ”でフォロースルーを確認し、そろそろ日本のマーケット全体が底をつくのではないか(上昇に転じるのではないか)と感じておりました。

マザーズでは、4月17日に大陽線、4月18日に空をつけた上昇がみられたため、4月17日を上昇の1日目と判断しました。これらは下落のリバウンドによる“ダマシ”の可能性が高いので、フォロースルーとは見なしませんでした。案の定、4月21日、24日ともに大陰線をつけました。

勝負は上昇の4日目以降です。上昇の7日目(4月25日)には終値ベースで1.6%上昇し、「これはフォロースルーではないか?」と疑いました。そして、上昇の8日目(4月26日)には終値ベースで1.7%上昇し、「底をついたな」と確信しました。厳密に1.7%以上ではありませんでしたが、1.7%に近しい数値であり、フォロースルーと判断しました。

※オニールが提唱している投資手法“CAN SLIM”は、アメリカ市場での株価の値動きをベースに確立されています。したがって、日本市場とは若干のズレが生じてもしょうがないと考えています。

2017年5月12日、マザーズの株価チャート(日足)

26日以降、日経平均株価が力強く上昇していったのは、日経平均株価の株価チャートを見て頂ければ確認できると思います。

2017年5月12日、日経平均株価の株価チャート(日足)

 

全体の流れを把握して、素早くポジションを調整する

記事「逃げるが勝ち!日経平均株価下落の予想~ディストリビューション・デーからの考察~」と本記事により、マーケット全体の流れ(いつ下落し、いつ上昇するのか)を察知することできるようになると思います。

そして大事なことは、下落、上昇を察知したら、素早くポジションを調整することです。私自身、3月下旬に保有株を全て売却し、4月中は買いポジションの構築を控えました。

全体の流れの把握は、チャートを読み解くのがベストです。「4月は海外投資家の買いが入りやすいシーズンだから、日経平均株価は上昇する」と平気でコメントする証券アナリストや、「4月下旬にかけて、北朝鮮の地政学リスクで日経平均は下落し続ける」と意気揚々と話すエコノミストなどの話は、なんの参考にもなりません。チャートが全てを教えてくれます。

本記事がみなさんの投資活動に役立てたのであれば幸いです。

注意
本ブログの内容はあくまでマーケット全体の流れに対する、一個人投資家の見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


これだけ確認すればOK!投資スケジュール(5月1日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

4月24日週の日経平均株価は、575.99円上昇しました。記事「NYダウの下落を受けても、日経平均株価は上昇できるか?」での予想を反して、日経平均株価は上昇しました。4月28日(金)の終値は19,196.74円で、また19,000円前半のレンジに落ち着いてきています。

アメリカ市場では、特にNASDAQが強いです。5日連続で新高値を更新してきています。このまま世界の株価を牽引してくれることを期待しています。

今週の“注目”投資イベント!

5月3~5日、休場@日本市場

休場中は海外投資家による“仕掛け”が入る可能性が非常に高くなります。売り浴びせられ、連休明けには株価が下から寄り付き、損失が生じるケースが多くあります。連休前は買いポジションを少なくしておくのが定石です。

しかし、今回の連休に“仕掛け”が入る可能性は低いと思っています。というのも、海外投資家が3週連続で買い越してきているためです。

【投資主体別売買動向】 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

とはいえ、フランス大統領選や北朝鮮情勢などにより、神経質な相場が続いています。無理のない投資を心がけていきたいところです。

5日、アメリカ:雇用統計(2017年4月)

フランス大統領選挙や北朝鮮関連ニュースにより、全くメディアに取り上げられなくなったのが6月利上げです。アメリカの各社決算をみていると、足元の景気は改善してきているように感じます。とはいえ、雇用統計ほどダイレクトに利上げ判断に影響を及ぼすものはないので、雇用統計には注視が必要です。

以下、投資スケジュールの詳細です。

5月1日(月)

○国内
新車販売(2017年4月)
軽自動車販売(2017年4月)

3月期決算:双日、ローム、京セラ、ヤマハ

○海外
中国(香港含む)、韓国、台湾:休場
ロンドン、フランクフルト:休場
アメリカ:個人消費支出(2017年3月)
アメリカ:ISM製造業景況感指数(2017年4月)

1~3月期決算:アドバンストマイクロデバイス(AMD)

2日(火)

○国内
日銀金融政策決定会合、議事要旨(3月15~16日開催分)
黒田日銀総裁、講演@グローバルシンクサミット

3月期決算:オリンパス、伊藤忠

○海外 中国:財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI、2017年4月)
アメリカ:新車販売台数(2017年3月)

1~3月期決算:アップル、ファイザー

3日(水)

○国内
休場@憲法記念日

○海外
EU:ユーロ圏域内総生産(GDP)速報値(2017年1~3月期)
フランス:フランス大統領選、テレビ討論会 ※2回目の投票は5月7日
アメリカ:雇用リポート(2017年4月)
アメリカ:ISM非製造業景況感指数(2017年4月)

1~3月期決算:フェイスブック、3Dシステムズ、スプリント、テスラ

4日(木)

○国内
休場@みどりの日

○海外
中国:財新中国非製造業PMI(2017年4月)
アメリカ:FOMC結果発表
EU:ユーロ圏小売売上高(2017年3月)
アメリカ:貿易収支(2017年3月)
アメリカ:製造業受注(2017年3月)

5日(金)

○国内
休場@こどもの日

○海外
韓国:休場
オーストラリア:四半期金融政策報告書
インドネシア:国内総生産(2017年1~3月期)
フィリピン:消費者物価指数(CPI、2017年4月)
アメリカ:雇用統計(2017年4月)

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


必読!株で損する前に読む本

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

株式投資を始めれば、あなたはほぼ確実に負けます。

株式投資の世界では、勝っている投資家は10%、利益がプラスマイナス0の投資家は10%、負けている投資家は80%と言われています。しかも、勝っている投資家の中には機関投資家(プロ)も含まれているので、個人投資家として勝っている人間はほんの一握りしかいません。

偉そうに本ブログを書いている私は、個人投資家として勝っています。ただ、投資歴の浅い私はまだ、自分自身の投資手法に自信を持てていません。相場が繰り返す各フェーズ(上昇、持ち合い、下降)で場数を踏み、自分自身の投資手法を確立する努力をしています。

そんな私が多少なりとも、負け組80%から勝ち組10%へ移りつつある際に、最も影響を受けた株式投資関連の書籍を紹介したいと思います。

常識を覆せ!新高値ブレイク投資術

安く買って、高く売る

まずは、この常識を頭から取り除き、新しい常識をインプットする必要があります。それは、

高く買って、さらに高く売る

です。

常識を覆すのに最適な書籍が「1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術」(DUKE。著)です。内容は小難しく書かれておらず、株初心者でも読みやすいと思います。

新高値ブレイク投資術による私自身の成功例は、記事「市場拡大中!電子書籍銘柄~メディアドゥ~」「もっと稼げた・・・推奨銘柄の進捗報告(メディアドゥ)」で紹介していますので、是非、ご覧ください。

>>市場拡大中!電子書籍銘柄~メディアドゥ~

>>もっと稼げた・・・推奨銘柄の進捗報告(メディアドゥ)

私はこの書籍を読む前は割安株を売買していましたが、今では成長株をメインで売買しています。

テッパン!オニールの成長株発掘法

オニールの成長株発掘法」(ウィリアム・J・オニール著)は必読書です。「1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術」の著者DUKE。さんが開眼したとされる書籍です。

ウィリアム・オニールは、機関投資家としてではなく個人投資家として成功した投資家です。したがって、機関投資家(ファンドマネジャー)が書いた成功本より、かなり実用的です。

オニールの成長株発掘法」では、銘柄の選択や売買タイミングを“CAN SLIM”というフレームで解説しています。正直、「ここまで完璧な投資はできるのか?」というのが率直な感想です。CAN SLIMをどう自分の投資手法に落とし込んでいくかがポイントになります。

「買い」を確固たるものに・・・オニールの相場師養成講座

オニールの成長株発掘法」(ウィリアム・J・オニール著)をよりわかりやすく解説した書籍が「オニールの相場師養成講座」(ウィリアム・J・オニール著)です。相場フェーズの変わり目から、銘柄選択、売買タイミング、ポートフォリオ管理まで詳しく紹介されています。

「空売り」を極めるために・・・オニールの空売り練習帖

空売りは買いよりも難しいです。私自身、本ブログで空売り銘柄を記事「株価下落で儲ける!空売り推奨銘柄「日本製紙」(3863)」「推奨銘柄の進捗報告(システムズデザイン、日本製紙)」で紹介しましたが、結果、負けました。

>>株価下落で儲ける!空売り推奨銘柄「日本製紙」(3863)

>>推奨銘柄の進捗報告(システムズデザイン、日本製紙)

オニールの空売り練習帖」(ウィリアム・J・オニール著)を読んで、どれほど自分が無知な空売りをしていたかを思い知らされました。

本ブログを記載している2017年4月はちょうど“下降相場”でしたので、オニールの空売り練習帖にもとづいた銘柄分析記事を、近日アップしたいと思います。

心構えを知る。オリバーべレスのデイトレード

株式投資は、メンタル勝負でもあります。人間の心を乱すのは、欲望と恐怖です。以下のケースは、株式投資あるあるです。

ケース①:「もっと稼ぎたい。だから、株を保有し続けよう」と欲張りすぎて、結果、株価が急落して損をする。

ケース②:「損したくない。今は株価が下落しているけど、きっと上昇してきてくれるはずだ」と恐怖からの希望的観測で、取り返しのつかない(もう相場で勝負することすら許されない)損失を出してしまう。

心を乱す欲望と恐怖に打ち勝つには、厳格なルールが必要です。そのルールが提示されているのが「デイトレード」(オリバーべレス著)です。

PER、PBR、ROE、配当利回りってなに?ファンダメンタル投資の教科書

株式投資を始めると、必ず目にするのがPER、PBR、ROE、配当利回りという指標です。それらを理解するには「ファンダメンタル投資の教科書」(足立武志著)です。

読んでみての感想ですが、著者はPBRをベースとした割安株の売買を得意としており、成長株をメインとする投資家は読んでもあまり参考にはならないと思います。PER、PBR、ROE、配当利回りに対する理解を深めるたい投資家にはオススメします。

私自身現在、割安株より成長株をメインに取引しています。それは、成長株の方が短期間のボラティリティ(株価の上昇、下降の度合い)が高く、大きく儲けやすいためです。割安株はいつ上昇してくるかがわかりにくいです。上昇してくるかもわかりません。つまり、割安株の売買より、成長株の売買の方が投資効率がよいです。

本記事の内容が、みなさんの投資成績の向上につながったのであれば幸いです。

注意
本ブログの内容はあくまで投資関連書籍に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


これだけ確認すればOK!投資スケジュール(4月24日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

4月17日週の日経平均株価は、285.12円上昇しました。4月21日の日経平均株価は、前日比190円(1.03%)高の1万8,620円で終わり、“にわか上昇転換”感が出ていますが、「上昇してくる」と楽観視するのはまだ早いです。詳しくは記事「NYダウの下落を受けても、日経平均株価は上昇できるか?」を参照ください。

>>NYダウの下落を受けても、日経平均株価は上昇できるか?

今週の“注目”投資イベント!

23日(日)、フランス大統領選挙

23日(日)は、フランス大統領選挙の投開票日です。「誰が選ばれたら、世界はどう動くのか」の憶測が飛び交っていますが、あまり投資の参考にはなりません。選挙結果に対して市場がどう反応するかを見た後に、生じたトレンドに乗るだけです。24日の日本市場には世界の投資家が注目していると思います。フランス大統領選挙後、一番最初に開場し、投資家の反応が色濃く反映されるのが日本市場だからです。

フランス大統領選の結果を見越しての投資は控えることをオススメします。フランス大統領選挙の結果を反映した日本市場の動きが、世界の市場の動きになるとは限りません。そのことは、トランプ氏が選出されたアメリカ大統領選挙直後の日経平均株価とNYダウの動きの違いにより証明されています。

各社、決算発表

今週から各社の3月期決算が続々と発表されます。日本経済の実態がみえてくると思いますので、投資先候補としている企業の決算報告書は、絶対に確認するようにしましょう。トランプ政権下での決算報告書の見るべきポイントは、記事「トランプ政権下!決算報告書・決算短信でみるポイント」にまとめてありますので、是非、ご覧ください。

>>トランプ政権下!決算報告書・決算短信でみるポイント

また、“決算ギャンブル”は絶対にやめましょう。詳細は、記事「ダメ絶対!決算発表のギャンブル投資」をご覧ください。

>>ダメ絶対!決算発表のギャンブル投資

以下、投資スケジュールの詳細です。

4月24日(月)

○国内
景気動向指数改定値(2017年2月)
全国スーパー売上(2017年3月)

3月期決算:カブコム

○海外
ドイツ:Ifo企業景況感指数(2017年4月)

1~3月期決算:アルコア、ハリバートン

25日(火)

○国内
企業向けサービス価格指数(2017年3月)

マザーズ上場:アセンテック

1~3月期決算:中外薬
3月期決算:日電産

○海外
アメリカ:S&Pコアロジックケースシラー住宅価格指数(2017年2月)
アメリカ:新築住宅販売件数(2017年3月)

1~3月期決算:スリーエム、デュポン、テキサスインスツルメンツ、AT&T、キャタピラー、バイオジェン、アルコニック、コカコーラ

26日(水)

○国内
日銀、金融政策決定会合(~27日)

1~3月期決算:LINE、花王、キヤノン
3月期決算:ヤフー、日立建機、大ガス

○海外
1~3月期決算:P&G、ユナイテッドテクノロジーズ、ボーイング、アムジェン、ツイッター、ペプシコ

27日(木)

○国内
日銀金融政策決定会合、結果発表
黒田日銀総裁、記者会見
展望リポート(2017年4月)

1~3月期決算:協和キリン
10~3月期決算:サイバー
7~3月期決算:グリー
3月期決算:キッコマン、野村不、イビデン、積水化、アステラス、OLC、JFE、コマツ、富士電、オムロン、NEC、アルプス、アドテスト、キーエンス、ファナック、川重、日野自、任天堂、野村、松井、沢田HD、JR東海、NTTドコモ

○海外
EU:欧州中央銀行(ECB)理事会、結果発表
EU:ドラギECB総裁、記者会見
アメリカ:耐久財受注額(2017年3月)
アメリカ:仮契約住宅販売指数(2017年3月)

1~3月期決算:インテル、セルジーン、マイクロソフト、アルファベット、ダウケミカル、フォードモーター、スターバックス、UPS、アマゾンドットコム

28日(金)

○国内
完全失業率(2017年3月、2016年度)
有効求人倍率(2017年3月、2016年度)
鉱工業生産指数速報(2017年3月)

1~3月期決算:キリンHD、サントリBF、日電硝
3月期決算:信越化、TOTO、ガイシ、新日鉄住金、神戸鋼、日新製鋼、日立金、オークマ、豊田織、ジェイテクト、三菱電、富士通、エプソン、シャープ、ソニー、デンソー、村田製、日東電工、三井造、今村証券、アイシン、マツダ、ホンダ、リコー、豊田通商、東エレク、SBI、大和、岡三、丸三、東洋、東海東京、水戸、いちよし、日本取引所、マネックスG、丸八証券、極東証券、岩井コスモ、藍沢、インヴァスト、JR東日本、ヤマトHD、郵船、商船三井、川崎汽、JAL、ANAHD

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


NYダウの下落を受けても、日経平均株価は上昇できるか?

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

4月1日の記事「逃げるが勝ち!日経平均株価下落の予想~ディストリビューション・デーからの考察~」で予想したとおり、日経平均株価は、3月31日(高値1,9068.62円)から4月17日(安値18,224.68円)にかけて4.43%下落しました。

4月21日の日経平均株価は、前日比190円(1.03%)高の1万8,620円で終わり、“にわか上昇転換”感が出てきています。

私自身、日経平均株価はNYダウの下落に引きずられ、まだまだ上昇転換しないと予想しています。昨今の日経平均株価とNYダウの値動きから考察してみたいと思います。

バンドウォークは終了するも、日経平均株価に上昇の勢いが感じられない

バンドウォークは、4月21日で終了

4月に入って下がり続けた日経平均株価ですが、下げ止まるサインは出てきています。ボリンジャーバンドの-1σと-2σの間を行き来きしながら株価が下がり続ける「下落版バンドウォーク」は4月21日をもって終了しています。4月21日の日経平均株価の終値が、-1σを超えました。

2017年4月21日、日経平均株価のボリンジャーバンド

 

とはいえ、フォロースルーがまだ生じていない

4月21日の日経平均株価の終値は、前日比190円(1.03%)高の1万8,620円でした。東証1部の売買代金は2兆2391億円(概算)で、そこそこの出来高を伴っており、表面上は上昇の勢いが感じられます。

しかしながら、上昇転換のサインとしては弱いです。上昇転換のサインとしてよく用いられてるのが「フォロースルー」ですが、4月21日の日経平均株価はフォロースルーの条件を満たしていません。

これ(フォロースルー)は通常の反発の4日目から10日目の間に起こり、主要な株価指数の少なくとも1つが前日よりも出来高の増加を伴いながら、1.7%以上上昇する。

参照)オニールの空売り練習帖(ウィリアム・J.オニール著)

したがって、日経平均株価は、下げ止まる可能性は高いのですが、上昇に転換するとは言えないと思います。

NYダウ下落に対して、日経平均株価が踏みとどまれるかがポイント

NYダウが下落する可能性は非常に高い

NYダウは一段下落する可能性が高いです。4月11日~21日にかけて、ディストリビューション・デーが5日も観測されています。これは、8営業日中5日も観測されたことを意味しており、NYダウが下落する可能性は非常に高いです。

2017年4月21日、NYダウの日足チャート。緑色の矢印がディストリビューション・デーを示しています。

ディストリビューション・デーの詳細は、記事「逃げるが勝ち!日経平均株価下落の予想~ディストリビューション・デーからの考察~」を参照ください。

>>逃げるが勝ち!日経平均株価下落の予想~ディストリビューション・デーからの考察~

それでも、日経平均株価は下げ止まる

NYダウが下落するからと言って、日経平均株価もつられて下落するとは限りません。私自身、日経平均株価はもちあうと予想しています。それは、日経平均株価は海外投資家によって買い支えられるためです。2週連続で海外投資家が買い越しています。

【投資主体別売買動向】 http://www.traders.co.jp/domestic_stocks/stocks_data/investment_3/investment_3.asp

「NYダウが下落する→日経平均先物CMEが下落する→日経平均株価は安く寄り付くも、上昇して引ける」というサイクルで、日経平均株価はもちあうのではないでしょうか。

フォロースルーが確認されるまでは、大きな勝負はしない予定です。まだまだ、“開店休業”状態が続きそうです。

注意
本ブログの内容はあくまでNYダウおよび日経平均株価の動きに対する、一個人投資家の予想です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


これだけ確認すればOK!投資スケジュール(4月17日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

4月10日週の日経平均株価は329円下落しました。先週に引き続き下落してはいるものの、出来高は少なくなってきています。出来高の減少は、下落の勢いの衰えを意味することがありますが、「下げ止まるかもしれない」と楽観視するのはまだ早いと思います。それは、出来高減少の原因が、海外投資家が“お休みモード”に入っていることにあるためです。14日(金)が聖金曜日の祝日であり、香港、シンガポール、イギリス、ドイツ、アメリカの市場が休場です。

日経平均株価は、17,900円(200日移動平均線近辺)まで下がってくる可能性が非常に高いです。引き続き、日経平均株価の動きに注意が必要です。

今週の“注目”投資イベント!

15~25日、北朝鮮のミサイル発射実験および核実験に注意

地政学リスクの高まりで、15~25日に日経平均株価が大きく変動する可能性があります。15日は金日成誕生日、25日は北朝鮮軍創建日です。すでに、アメリカ空軍の参謀総長がツイッター上で戦闘機の整列画像を流しているなど、緊張感が高まってきています。15~25日は株取引を控えることをオススメします。

【米空軍「戦闘態勢だ」ツイート 嘉手納に戦闘機集結写真】
http://www.asahi.com/articles/ASK4H2HWLK4HUHBI009.html

「防衛銘柄は買いではないか?」という憶測が飛び交っていますが、私の見解は「今から買ってももう遅い」です。防衛銘柄の株価チャートをみればわかりますが、すでに短期筋(短期売買を生業とした機関投資家)に荒らされています。無理する段階ではありません。

詳細は、記事「素早く撤収!防衛銘柄~東京計器~」をご覧ください。

>>素早く撤収!防衛銘柄~東京計器~

18~19日、日米経済対話

「ドルは強くなりすぎている。最終的には害をもたらす」というトランプ氏の発言を受けて、為替相場は円高ドル安に振れています。18~19日の日米経済対話では、日本側の認識では為替問題は協議の枠外としていますが、アメリカ側がどう出るかは全く見えていません。円安ドル高なくして、日経平均株価の上昇はありません。日米経済対話にも注視が必要です。

【トランプ氏、再びドル高けん制「強くなりすぎだ」 】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN13H06_T10C17A4000000/

以下、投資スケジュールの詳細です。

4月17日(月)

○国内
首都圏近畿圏、マンション市場動向

○海外
アメリカ:ニューヨーク連銀製造業景況指数(2017年4月)
アメリカ:住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(2017年4月)
中国:国内総生産(GDP、2017年1~3月期)
香港、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ドイツ:休場

18日(火)

○国内
日米経済対話(~19日)

マザーズ上場:旅工房

○海外
中国:主要70都市、新築住宅価格動向(2017年3月)
オーストラリア:中銀理事会、議事録公表(4月開催分)
アメリカ:鉱工業生産(2017年3月)
アメリカ:設備稼働率(2017年3月)

海外1~3月期決算:IBM、ゴールドマン・サックス、バンクオブアメリカ、ジョンソンエンドジョンソン

19日(水)

○国内
訪日外国人客数(2017年3月)
訪日外国人消費動向調査(2017年1~3月)

○海外
アメリカ:地区連銀経済報告(ベージュブック)

1~3月期決算:アメリカンエキスプレス、モルガンスタンレー、クアルコム、ブラックロック、イーベイ

20日(木)

○国内
貿易統計
毎月勤労統計確報
Jフロントなどの商業施設「GINZA SIX」開業

○海外
アメリカ:フィラデルフィア連銀、製造業景況指数
アメリカ:景気先行指標総合指数

1~3月期決算:ベライゾンコミュニケーションズ、ビザ、トラベラーズ

21日(金)

○国内
第3次産業活動指数(2017年2月)

3月期決算:東京製鉄、ジャフコ、光世

○海外
EU:ユーロ圏PMI速報値(2017年4月)
アメリカ:製造業PMI速報値(2017年4月)
アメリカ:中古住宅販売件数(2017年3月)

1~3月期決算:ゼネラルエレクトリック(GE)、ハネウェルインターナショナル

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma