未分類」カテゴリーアーカイブ

【ライブスター証券】逆指値注文の出し方(Web画面)

本記事では、ライブスター証券のWeb画面上での「逆指値」注文の出し方を解説します。

逆指値(ぎゃくさしね)とは

買いたい価格を指定して、株の買い注文を入れる方法であることは「指値」と変わりません。ただし、指値は「この価格より株価が下になったら約定する」という狙いで注文するのに対し、逆指値は「この価格よりも株価が上になったら約定する」という狙いで注文します。

解説する注文内容

KDDIの株を指値で注文したいと思います。指値注文する上で必要な情報は、以下のとおりです。

証券コード:9433
銘柄:KDDI
注文株数:100株
執行条件:逆指値
逆指値条件:3000円

逆指値注文の手順

まずは以下のリンクから、ライブスター証券のログイン画面を開いてください。

【ライブスター証券のログイン画面】
https://lv01.live-sec.co.jp/webbroker3/44/pc/WEB3AccountLogin.jsp

ログインID、パスワードを入力し、ログインボタンをクリックします。

次に、画面左上の「現物取引」をクリックします。

 

「現物取引」プルダウンから「買付注文」をクリックします。

銘柄コードに「9433」を入力して、右隣の「時価更新」をクリックします。

 

「逆指値S」をクリックします。

注文株数に「100」と入力します。
逆指値条件に「3000」と入力します。
執行条件は、「成行」ではなく、「指値」を選択します。
※執行条件は自分の投資戦略に合わせてください。「成行」を選択した場合、株価が3000円以上になった瞬間に成行注文が出され、その瞬間の価格で約定します。
執行条件、指値の横の欄に「3000」と入力します。
注文期限は、「当日限り」でも「期間指定」でもどちらでもかまいません。私の場合は、3日単位で投資戦略を見直しているので、注文日も含めた3営業日目までで期間指定することが多いです。
最後に、「注文確認へ」をクリックします。

注文内容を確認して、取引暗証番号を入力します。
最後に「注文する」をクリックして、注文を完了します。

なんたって、注文しやすい!ライブスター証券のWeb画面

上述したとおり、ライブスター証券では非常に注文しやすいです。その他、私がライブスターをオススメする理由は、記事「安い手数料、ほったらかし注文で選ぶならライブスター証券!」を参照ください。

>>安い手数料、ほったらかし注文で選ぶならライブスター証券!

ライブスター証券


次回の記事では「OCO注文」の出し方を解説します。

>>【ライブスター証券】OCO注文の出し方(Web画面)


個人投資家 k-zma

 

 


ヒラリー氏のメール問題解消!揺れる株価

アメリカ大統領選の思惑で、日経平均株価は下落

11月4日の日経平均株価は、前日比229円32銭(1.3%)安、1万6905円36銭で終えました。株価の下落の原因は、日本市場の休場前と同様、トランプ氏の支持率上昇により、アメリカ大統領選挙の結果が不透明になったことです。為替相場は1ドル=102円台にまで振れ、円高ドル安の傾向が続いています。投資家心理が悪化し、輸出関連企業の株価中心に下落しました。

【日本株続落、米政治リスク警戒で1万7000円割れ-コア30中心広く売り】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-03/OG38D16K50Y701

トランプ大統領の誕生が現実味を帯びてきたら、買いポジションを手仕舞いましょう

チャート的には、日経平均株価は、日足チャートで2日連続で大幅に下落しました。52週移動平均線(約17,000円)は支持線として機能しきれませんでした。日経平均株価は、ここから先は余程のことがない限り、下落しないと思います。というのも、75日移動平均線と13週移動平均線が日経平均株価の下落の抵抗線として機能しているためです。 ただ、本当にトランプ大統領誕生が現実味を帯びてきたら、買いポジションを手仕舞うことをオススメします。日経平均株価は、16,300~16,600円まで下落してもおかしくはありません。

ヒラリー氏のメール問題解消で、ダウの株価は上昇するか

11月4日のNYダウの株価は、0.2%安、17888.28ドルで終えました。株価の下落の原因は、アメリカ大統領選挙でヒラリー氏とトランプ氏の支持率の差が縮まったことです。しかしながら、FBIコミー長官が「われわれが7月に示したクリントン前国務長官に関する結論は変わらなかった」と表明しました。本日のNYダウは、下げ止まると予想します。

【米国株(4日):S&P500が80年以降で最長の連続安、利上げ警戒】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-04/OG4WJO6VDKHS01

【クリントン氏メール調査の結論変わらず-FBI長官が議会に書簡】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-06/OG8NJR6S972901

チャート的には、NYダウの株価は18,000ドルを割れ、徐々に下落してきています。前述したとおり、クリントン氏のメール問題が解決されたので、NYダウの株価は下げ止まると思います。ただ、下げ止まらない場合は、200日移動平均線(17,770ドル)あたりまで下落すると思います。

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


ブログリニューアル、完了しました!

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。
より見やすいブログへのリニューアルが、完了しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
k-zma