白金」カテゴリーアーカイブ

電気自動車と白金先物価格の関係

自動車のエンジンスタートボタンアイコン素材 2.png

お疲れさまです。k-zmaです。

白金の価格の下落につながるニュースがでてきました。パリ国際自動車ショーにて、VWが「1回の充電で最長600キロメートルを走れるコンセプト車」電気自動車(EV)を発表しました。

【VW、背水のEVシフト パリ自動車ショー】
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07807540Z20C16A9TI1000/?dg=1
なぜこのニュースが、白金の価格の下落につながるのか。

白金の需要の内訳は、工業用(56%)、宝飾品(33%)、その他(11%)です。
そして、白金の工業需要の内訳は、自動車触媒(76%)、化学(13%)、エレクトロニクス(4%)、その他(7%)です。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/fop/commodity/0016.html

自動車触媒に白金が使用されています。白金は排気ガスを浄化する特性をもっているためです。
EVは排気ガスを出しません。したがって、排気ガスを出す自動車がEVに置き換わっていくと、必然的に白金の需要が少なくなっていきます。結果、白金の価格は下落します。

VWのみならず、他の自動車メーカーもEVの生産に力をいれています。これは、白金市場に大きな影響を与えると言えます。VWだけでも白金先物市場に大きな影響を与えた事例は、【自動車販売台数増減の予想と白金先物価格の変動】の記事をご覧ください。

【自動車販売台数増減の予想と白金先物価格の変動】
http://www.k-zma.net/article/442064755.html

注意
本ブログの内容はあくまで、白金の先物取引市場、自動車市場に対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた取引により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

k-zma


白金価格上昇の予感。インパラ社でストライキ

金塊のアイコン素材.png

お疲れさまです。k-zmaです。

南アフリカのインパラ社にて、ストライキが発生しています。インパラ社は白金生産世界2位の会社です。準大手労働組合のNUM(National Union of Mineworkers、全国炭鉱労働組合)が、9.5%の賃上げ、住宅手当の引き上げ、シフト手当、待機手当などを要求しています。

ストライキに伴い、白金価格が上昇する可能性が高いです。理由は2つあります。

1つ目の理由は、賃金・手当を改善するために、売上を向上させる必要があります。その手段の1つとして、白金価格の上昇があります。

2つ目の理由は、ストライキにより生産がストップします。供給の減少により、白金価格が上昇します。すでに、インパラ社のNUMメンバー約900人のうち、約500名が出勤していないようです。

つまり、ストライキが長引いても白金価格は上昇し、ストライキが成功して賃金・手当が改善されても白金価格は上昇する可能性が高いです。

実は、白金市場での労使交渉は2年に1回のビック投資イベントです。2年前に大規模ストライキが発生、大幅賃上げが実現しました。その時の公約の期限は2年間で、今年6月に期限が切れました。2年前同様、大幅な白金価格の上昇につながるか見物です。

南アフリカの白金鉱山での労使交渉は、白金市場にとって「2年に1回のビックイベント」でもあります。2年前に南アフリカの白金鉱山大手3社で大規模ストライキが発生し、それを解決するために大幅賃上げとなる2年間の労使公約が結ばれました。しかし、その労使公約も今年の6月で期限切れとなり、再びここで新たな2年間の労使公約を結ぶ必要が出てきました。

ストライキと白金価格の関係は、以下のリンク先の記事が参考になると思います。
【白金、鉱山スト懸念で上昇 南アの労組「賃金交渉打ち切り」 NY市場、2週ぶり高値】
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06996090X00C16A9QM8000/

【白金2カ月ぶり安値圏 国際価格、南ア通貨安で増産予想】
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO06685290Q6A830C1QM8000/

注意
本ブログの内容はあくまで、白金市場、白金価格に関する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた取引により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

k-zma