CM以外でも?「バイトするならタウンワーク!」と叫ぶ松本人志さん

2016年11月19日に開かれた第16回IPPONグランプリで、チェアマン松本人志さんが最後の最後で

「バイトするならタウンワーク!」

と、叫びました。

実は、前年の第15回IPPONグランプリでも、松本人志さんは「バイトするならタウンワーク!」と、叫んでいました。

タウンワークを提供しているリクルートからすれば、大人気タレントがサービス名を叫んでくれることはありがたいことです。「色んな所でサービスをPRしてくれるから松本人志さんで・・・」という思惑はないと思いますが、松本人志さんを選ぶ力はすごいと思います。

『企業は人なり』

人を選ぶ力のある企業も、人から選ばれる力のある企業も、将来的に業績が上がる可能性が高いのではないか?

そんな視点から、注目の企業をピックアップしてみたいと思います。

驚異の先見性!錦織圭@ユニクロ

ユニクロ(ファーストリテイリング、証券コード:9983)が錦織圭選手と、ユニクログローバルブランドアンバサダーとして契約したのは2011年1月です。当時の錦織選手の世界ランクは25位です。それが、2016年では世界ランクは5位です。ここまでの錦織選手の成長をユニクロが予想していたユニクロの人を選ぶ力は凄すぎます。

そんな人を選ぶ力が生み出したのが、『ユニクロ対決』です。人を選ぶ力があれば、商品も売れる模範例です。

【「ユニクロ対決」錦織VSジョコ、現地店舗で売り切れ続出!】
http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20160125-OHT1T50176.html

広告費0円でも世の中に拡散!紗栄子@ベジオベジコ

人から選ばれる力を持つのが「ベジオベジコ」です。自宅に送られてくるのは、宮崎県の新鮮な野菜とおいしいスムージーをつくれるレシピです。

【ベジオベジコ】
http://www.vegeovegeco.com/

ベジオベジコのすごいところは、モデル・女優の紗栄子さんに選ばれていることです。紗栄子さんに認められ、本人がインスタで紹介、瞬く間にベジオベジコの名は知れ渡りました。

人から選ばれる力があれば、広告費が0円でも商品は売れます。そんな好事例です。ただイチ投資家としては、ベジオベジコは非上場で株が買えないのが残念です。

さすがに賢い!松山英樹@野村ホールディングス

そして極めつけは、野村ホールディングス(証券コード:8604)と松山英樹選手のスポンサー契約です。

「松山英樹選手」って誰?

という人もいるかと思いますが、世界ランク6位のプロゴルファーです。世界ランク98位の石川遼選手よりも勢いがあります。

あまり知名度が上がっていないときに安値でスポンサー契約をして、来る2020年の東京五輪まで右肩上がりに上昇する知名度に乗せて、野村ホールディングスのPRもしてもらうのでしょう。松山選手は現在24歳で、東京五輪では28歳です。東京五輪での活躍も期待できるのではないでしょうか。

本当に人の選び方、お金の使い方がうまいPR方法です。

【松山英樹が野村ホールディングスと複数年契約!】
http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=48589

【世界ランク】
http://news.golfdigest.co.jp/eupg/ranking/world/2016/

世界一奪還へ!今後の注目は、ミズノ@WBC銘柄

2017年3月、第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が開催されます。第1回、第2回で世界一に輝いたのは日本。第3回はドミニカに世界一を持っていかれましたが、第4回は日本が奪還します。

【WBC公式サイト】
http://www.wbc2017.jp/

WBC公式ユニフォームを提供しているのはミズノ(証券コード:8022)です。WBC銘柄と言っていいと思います。3月までにミズノ株を安値で買って、日本優勝とともに売りさばきたいです。

注意 本ブログの内容はあくまで、投資先銘柄の選定における、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。