NYダウの株価は、持ち合いが続きそうです

お疲れさまです。k-zmaです。

NYダウの株価

NYダウの株価は、前日比39ドル44セント(0.2%)高、1万8138ドル38セントで終わりました。株価の上昇の要因は、金融関連企業の決算結果が市場の予想よりもよかったためです。ドイツ銀行の株価下落で投資家心理は悪化していましたが、「思っていたより、業績は悪くなっていない」と判断されたように思います。

しかし、NYダウの株価は、終値ベースで上昇はしたものの、ローソク足は陰線です。上昇、下落どちらつかずの相場はまだまだ続くと思います。

【米国株、ダウ反発し39ドル高 米銀大手の業績を好感、金利上昇で上値重く】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_V11C16A0000000/

NYダウの株価のテクニカル分析

NYダウの株価は寄付き後、18,240ドル台をつけ、一時的な上昇の強さを示しました。しかしながら、大引けに近づくにつれ、上値を押される展開となりました。結局、NYダウの株価は、5日移動平均線と25日移動平均線を割れてしまい、下落の可能性を高くなっています。イエレン議長の講演では利上げについて触れられなかったこともあり、NYダウの株価はまだまだ、18,000~18,400ドルのレンジで持ち合うと思います。

【FRB議長、追加利上げに言及せず 過熱気味の経済を容認】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL14HQY_U6A011C1000000/

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する個人的見解です。テクニカル分析では、5日移動平均線、25日移動平均線をもちいています。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。