アメリカ大統領選挙」タグアーカイブ

アメリカ大統領選挙の結果が、株価上昇の起爆剤となるか

11月8日の日経平均株価は、前日比5円83銭(0.03%)安、1万7171円38銭で終わりました。アメリカ大統領選挙が終わるまでは“投資家は様子見”といった印象を受けます。東証1部の売買代金も概算で1兆7766億円であり、標準的な商いとみなされている2兆円を下回っています。

アメリカ大統領選挙の結果を待つのみ

チャートでは、日経平均株価は高値で寄り付いたまま踏みとどまっている状態です。日経平均株価は、5日移動平均線と一目均衡表の転換線に支持され、下げ止まりました。17,000~17,300円のレンジでどちらに行こうか気迷っている雰囲気を感じます。明日の大統領選挙の結果で、日経平均株価が上昇するのか下落するのかが決まると思います。

アメリカ大統領選挙の結果は、本日の午後には出る可能性があります。後場の株価の値動きには注意が必要です。

詳細は、投資スケジュール(11月7日週)をご確認ください。

投資スケジュール(11月7日週)

アメリカ大統領選挙の後で、NYダウは18,000ドルこえられるか

NYダウの株価は、前日比73ドル14セント(0.4%)高、1万8332ドル74セントで終えました。投資家はアメリカ大統領選挙におけるヒラリー氏優位と判断、強気に買いを入れてきています。しかしながら、すでにヒラリー氏優位がNYダウの株価には含まれているため、ヒラリー氏が当選した後、NYダウの株価はそれほど上がらない可能性があります。株価の上昇のポイントは、アメリカ大統領選挙の結果が出た後、投資家がさらに買いを入れ、NYダウの株価が18,400ドルをこえられるかです。

一部報道で、アメリカ大統領選挙の結果次第で、NYダウの株価20,000ドルをこえる予想が出ていますが、はっきり言って、気が早すぎです。ニュースとチャートを見比べながら、楽観視せず投資していきましょう。

【クリントン氏勝てば、NY株2万ドル超えの経験則】
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09291290Y6A101C1000000/

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


ヒラリー氏優位で、強気に勝負にでる投資家

11月7日の日経平均株価は、271円85銭(1.6%)高、1万7177円21銭で終えました。株価の上昇の要因は、トランプリスクが低減され、投資家心理が改善したことです。しかしながら、売買代金は1兆9717億円であり、標準的な商いとみなされている2兆円をこえていません。やはり、アメリカ大統領選挙の結果を見てから動こうとする“様子見の投資家”が多い結果ではないでしょうか。

【東証大引け、大幅反発し1万7000円台回復 米大統領選の不透明感後退、円安も支え】
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_X01C16A1000000/

それでも、日経平均株価の上昇のサインが出てきています

チャート的には、日経平均株価の上昇の兆候が出ています。日経平均株価は、25日移動平均線と52週移動平均線によって支持されています。また、この調子で株価が17,000円台をキープできると、13週移動平均線と52週移動平均線がゴールデンクロスします。5日移動平均線が日経平均株価の上昇の抵抗となりそうですが、NYダウの株価の上昇が後押ししてくれそうです。

トランプリスク後退で、巻き戻すNYダウの株価

11月8日のNYダウの株価は、371.32ドル(2.1%)高、18259.60ドルで終わりました。NYダウの株価上昇の要因は、ヒラリー氏のメール問題が解消され、トランプリスクが後退したことです。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCニュースによる共同世論調査では、ヒラリー氏がトランプ氏を4ポイントリードしています。

【米国株:急反発、S&P500は10日ぶり上昇-FBI発表で安心感】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-07/OGAJ9K6VDKHT01

【クリントン候補、最新調査で4ポイントのリード】
http://jp.wsj.com/articles/SB11842517604067003472604582420954211540244

ヒラリー氏優位で、勝負にでる投資家

チャートでは、NYダウの株価は日足ローソクで大陽線をつけています。次のポイントは、下向きになっている75日移動平均線をこえられるかどうかです。こえられる上昇の勢いは十分にあると思います。 今回の大陽線は、短期投資家の売りポジションの買い戻しによる短期的な上昇のサインかと思いました。しかし、それにしては、売買代金が多いです。クリントン氏優位と見た投資家が強気の買いを入っていると思います。

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家
k-zma


アメリカ大統領選挙、これまでの記事まとめ

アメリカ大統領選挙に関して記載したこれまでの記事を整理しました。 11月8日(金)、アメリカ大統領選挙が行われます。これからアメリカ大統領選挙に関する噂、憶測、思惑が飛び交うことが想定されます。結果、アメリカ大統領選挙により投資家心理が揺れ動かされ、世界の株価が大きく変動する可能性が非常に高いです。 これまでのアメリカ大統領選挙に関連するニュース、投資家心理の変化、株価の変動を以下にまとめました。投資戦略に活用頂けますと幸いです。

11月4日

日経平均株価は正念場です。17,000円を割れずに踏ん張れるか

11月2日

アメリカ大統領選挙の不透明性が、日経平均株価に与える影響は大きい

11月1日

世界的に株価は様子見ムード一色

10月31日

ヒラリー氏の私用メール問題で、冷水を浴びせられる株価と投資家

10月28日

NYダウの株価の急落には要注意です

10月20日

日経平均株価は、少し上昇の勢いをみせています
日経平均株価、17,000円台定着の正念場

10月19日

日経平均株価は、中国GDPの伸び率の安定により少し上昇
投資家は様子見。日経平均株価は低調か

10月16日

投資スケジュール(10月17日週)

注意 本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


日経平均株価は正念場です。17,000円を割れずに踏ん張れるか

11月2日の日経平均株価は、前日比307円72銭(1.76%)安、1万7134円68銭で終えました。下落の原因は、トランプ氏の支持率が上昇、ヒラリー氏の支持率が低下したことにより、アメリカ大統領選挙の結果が不透明になったことです。為替相場は円高ドル安に振れ、日経平均株価を構成する企業の株価は幅広く下落しました。

【きょうの国内市況(11月2日):株式、債券、為替市場】 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-02/OG02ML6K50XX01

日経平均株価は、17,000円を割れずに今週を終われるか

チャート的には、日経平均株価は、日足チャートで空をつけて大幅に下落しました。52週移動平均線(約17,000円)に支持されてなんとか踏ん張ってはいますが、2日、3日のNYダウの株価の下落により、52週移動平均線を割れて下落していく可能性もあります。本日の日経平均株価の終値が17,000円より上で終われるかが上昇のポイントです。

投資家は、12月利上げというより、アメリカ大統領選挙に注目しています

NYダウの株価は、0.2%安、17930.67ドルで終えました。下落の原因は、アメリカ大統領選挙におけるトランプ氏優位のニュースが投資家心理を悪化させたためです。NYダウの株価は、ヒラリー氏優位を織り込ん上昇していただけに、トランプ氏優位のニュースはNYダウの下落を引き起こしています。

FOMCではイエレン議長により12月利上げが示唆されましたが、それはすでにNYダウの株価に織り込まれています。

したがって、今はFOMCのニュースよりもアメリカ大統領選のニュースの方がNYダウの株価に与える影響は大きいです。 【米国株:下落、前例のない大統領選は株式市場にも異変もたらす】 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-03/OG31HC6VDKHS01

チャート的には、NYダウの株価は18,000ドルを割れてしまいました。5日移動平均線に上値をおされる形で下落していく可能性が非常に高いです。 11月8日のアメリカ大統領選挙まで、NYダウから目が離せません。

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


アメリカ大統領選挙の不透明性が、日経平均株価に与える影響は大きい

11月1日の日経平均株価は、前日比17円38銭(0.1%)高、1万7442円40銭で終えました。日銀の発表は市場のコンセンサス通りで、特に日経平均株価に大きな影響を与えることはありませんでした。

売買代金は2兆1095億円で、標準的な商いとみなされている2兆円はこえてきています。FOMC、アメリカ雇用統計の発表などイベント尽くしの週ですが、商いは戻ってきているように感じます。

チャート的には、日経平均株価は、13週移動平均線が52週移動平均線とゴールデンクロスするかが上昇のポイントです。

トランプ氏優位により、NYダウの株価が下落

NYダウの株価は、前日比0.6%安、18037.10ドルで終えました。株価の下落の原因は、アメリカ大統領選の不透明からくる投資家心理の悪化です。大半の投資家は、クリントン氏優位と判断し、投資戦略を立てていました。ところが、トランプ氏優位のニュースが出始め、投資戦略の変更を余儀なくされています。

【米国株:下落,S&P500は7月来安値-大統領選などで懸念深まる】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-01/OFZC0W6VDKI601

NYダウの株価は、なんとか18,000ドルで踏ん張っている状態です

チャート的には、NYダウの株価は18,000ドルを割れたところで買われている状態が続いています。NYダウの株価は、終値で18,000ドルを割れたら注意が必要です。株価が急落する可能性が非常に高くなります。

アメリカ大統領選挙の不透明性から、日経平均株価は下から寄りつくか

アメリカ大統領選挙の不透明性からくる、NYダウの株価下落と為替相場の円高ドル安で、本日の日経平均株価は前日比を割れて寄り付く可能性が高いです。アメリカの大統領選挙の不透明性により、NYダウの株価は下落しました。また、経済の不安定性にも波及し、安定通貨みなされている円が買われ、為替相場は円高ドル安に振れています。

【NY外為:ドル下落、米大統領選めぐる不透明感-円やフラン上昇】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-01/OFZCJI6VDKHS01

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


世界的に株価は様子見ムード一色

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

10月31日の日経平均株価は、前週末比21円39銭(0.12%)安、1万7425円02銭で終えました。NYダウの株価の下落をそのまま引き継ぎました。

気になるのは大引後に発表されたファナックの決算が悪かったことです。ファナックの株価は日経平均株価への寄与度が大きい分、投資家心理にどれほどの影響を与えるかが見物です。

昨日、今日と日銀金融政策決定会合が開かれていますが、特に大きなイベントにはならないと思います。

NYダウの株価にも、様子見ムードが漂っています

NYダウの株価は、前週末比0.1%安、18142.42ドルで終えました。前週末比と比べればそこまで株価は下落していませんが、下落リスクは高まる一方です。下落の原因となりそうなニュースは以下の2つです。

1.アメリカ大統領選挙において、クリントン氏とトランプ氏の支持率の差が小さくなってきています。選挙結果に対する不透明感が高まっています。
2.減産合意から一変、減産参加免除を求める国がでてきています。原油価格(WTI原油先価格)が下落してきています。

【米国株:ほぼ変わらず-M&Aに反応も原油安でエネルギー株下落】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-31/OFXHL16VDKI501

【米大統領選、トランプ氏逆転はあるのか 当惑する市場】
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO08972880R31C16A0000000/

各社決算&イベントはまだまだ続きます

今週もスケジュールをこまめにチェックすることをオススメします。投資スケジュールは以下のリンクを参照ください。

投資スケジュール(10月31日週)

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


ヒラリー氏の私用メール問題で、冷水を浴びせられる株価と投資家

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

28日のNYダウの株価は、0.1%安、18161.19ドルで終わりました。株価の下落の原因は、FBIがアメリカ大統領候補ヒラリー氏の私用メール問題の再捜査を開始すると報じたことです。投資家心理が悪化しました。

トランプ氏当選は市場に含まれていません

ヒラリー氏優位で戦略を立てている投資家が多いため、ヒラリー氏不利(トランプ氏優位)の報道が流れると株価は大きく変動します。ヒラリー氏優位の投資家の既定路線で、NYダウの株価が下支えられていました。それだけに、今回の私用メール問題の結末によっては、NYダウの株価が急落することがあるかもしれません。

大統領選挙のテレビ討論会に対する投資家の反応
大統領選挙のテレビ討論会中の日経平均株価

11月8日アメリカ大統領選挙が終わるまで、予断を許せません。現状、両氏の支持率は、ヒラリー氏が46%、共和党候補トランプ氏は45%です。どちらに転んでもおかしくはありません。

【クリントン氏の支持率低下し僅差に、FBI調査再開で-米世論調査】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-30/OFVP8E6TTDS301

NYダウの株価は下落する可能性の方が高い

チャート的には、NYダウの株価の日足ローソクは、下ひげも上ひげも長い「コマ」です。株価は上昇するか下落するか判断がつきにくいです。ただ、以下2つの観点から、NYダウの株価は下落する可能性の方が高いと思います。

1.75日移動平均線が下向きになりつつあります。
2.13週移動平均線が上値をおさえてきています。

日経平均株価は、様子見の雰囲気が漂うと思います

日経平均株価は、調整の売りからはじまると思います。ヒラリー氏の私用メール問題で為替相場が円高ドル安に振れています。しかし、この売りは限定的であり、今週は様子見の投資家が多いのではないでしょうか。日本市場は3日が休場です。加えて、今週はイベントが多すぎます。

今週もスケジュールをこまめにチェックすることをオススメします。投資スケジュールは以下のリンクを参照ください。

投資スケジュール(10月31日週)

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


NYダウの株価の急落には要注意です

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

NYダウの株価は、29.65ドル(0.2%)安、18169.68ドルで終えました。NYダウの株価の上値が重くなっている原因は2つあります。

1.アメリカ企業の各社の決算が、投資家の期待をこえられていません。
2.11月8日に控えているアメリカ大統領選挙の結果が不透明です。

【米国株:下落、大統領選挙や利上げ観測が重し-決算は材料視せず】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-27/OFQ4326VDKHS01

NYダウの株価が18,000ドルを割れたら、株価の急落がありえます

チャート的には、NYダウの株価の日足は陽線をつけていますが、上値が切り下がってきており、株価が下落する可能性が高いです。株価の上昇に対して、25日移動平均線、13週移動平均線、一目均衡表の基準線が抵抗線として機能しています。18,000~18,250ドルのレンジで持ち合ってはいますが、NYダウの株価は下落する可能性が高いです。

日経平均株価は堅調に上昇するも、利益確定売りで上値をおさえられるか

日経平均株価は、111円83銭(0.6%)高、1万7448円25銭で寄り付きました。上昇の要因は為替相場の円安ドル高と金融関連企業に対する投資家心理の改善です。

アメリカの利上げ観測が強まり、為替相場が円安ドル高に振れています。1ドル=105円台の大台に乗せてきています。アメリカの新規失業保険申請件数が前週比3000件減少、25万8000件となったことで、アメリカの利上げ観測が高まっています。

また、ドイツ銀行を中心に金融関連企業の株価が低迷していましたが、「金融関連企業は思っていたほど、業績は悪化していない」と、投資家心理が改善されつつあります。

【日本株は反発、円安で業績不安が後退-金融や輸出中心に幅広く上昇】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-27/OFQ9M06K50Y701

【欧州銀にやっと朗報、ドイツ銀とバークレイズのトレーディング好調】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-10-27/OFPB1M6JIJUO01

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


日経平均株価は、少し上昇の勢いをみせています

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

日経平均株価は、前日比236円59銭(1.39%)高、1万7235円50銭で終えました。日経平均株価の上昇の要因は2つあります。ひとつは、7~9月期の企業業績が投資家の予想を上回りそうだという期待感です。もうひとつは、アメリカ大統領選挙のテレビ討論会で、ヒラリー氏の優位がメディアで伝わり、投資家の心理が改善されたことです。

【東証大引け、5日続伸 半年ぶり高値、内需企業の業績に安心感】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_Q6A021C1000000/?dg=1&nf=1

ヒラリー氏優位で経済の不透明性が低下

ヒラリー氏が優位になると、投資家の心理が改善され、NYダウの株価と日経平均株価が上昇する傾向にあります。前回、前々回のテレビ討論会で得られた知見を活かせました。

大統領選挙のテレビ討論会に対する投資家の反応

少し不安だったのは、テレビ討論会中に為替相場が円高ドル安に振れる可能性があったことです。ヒラリー氏もトランプ氏も“円高ドル安”派であり、為替相場についての議論から円高ドル安に振れ、日経平均株価が下落する可能性がありました。しかしながら、為替相場への議論はなく、ヒラリー氏優位がそのまま日経平均株価の上昇を後押ししました。

3度目の正直で、日経平均株価は52週移動平均線をこえるか

チャート的には、日経平均株価は17,000円を抜け、ブレイクアウトしました。東証1部の売買代金は概算で2兆825億円であり、ついに標準的な商いと考えられている2兆円を上回りました。少し勢いのある上昇と言えます。とはいえ、9月5日週、10月11日週で、日経平均株価は52週移動平均線の抵抗を受けています。明日の日経平均株価が、終値で52週移動平均線をこえてくるかがポイントです。

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


日経平均株価、17,000円台定着の正念場

お疲れさまです。個人投資家k-zmaです。

NYダウの株価は、前日比40ドル68セント(0.2%)高、1万8202ドル62セントで終えました。株価の上昇の要因は、金融関連企業の株価と資源・エネルギー関連企業の株価が上昇したことです。

金融関連企業では、モルガン・スタンレーの株価が上昇しました。昨日のゴールドマン・サックスの株価上昇、ブラックロックの株価上昇と同じく、1株利益が投資家の予想を上回ったためです。また、資源・エネルギー関連企業では、原油先物価格(WTI)の上昇が好感され、株価が上昇しました。

【米国株、ダウ続伸し40ドル高 主要企業決算を好感 モルガン・スタンレー上昇】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASB7IAA05_Q6A021C1000000/

【NY商品、原油が続伸 1年3カ月ぶり高値 米の在庫減少で、金は続伸】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_Q6A021C1000000/?dg=1

NYダウの株価に上昇の兆しがみえますが、まだ予断を許さず

チャート的には、NYダウの株価は上昇の兆候がみえています。5日移動平均線と25日移動平均線が上を向き始めています。しかしながら、NYダウの株価は引けにかけて急激に売られました。25日移動平均線におされたようにみえます。NYダウの株価はまだまだ、18,000~18,400で持ち合うと思います。

日経平均株価は、終値で17,000円をこえられるか

本日の日経平均株価は、前日比45銭高の1万6999円36銭で寄り付きました。上昇の要因は、NYダウの株価上昇、原油先物価格の上昇です。日経平均株価は、終値で52週移動平均線をこえられるかがポイントです。

【日経平均、小動きで始まる 米株高も円高傾向で方向感を欠く】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20H6U_Q6A021C1000000/

日経平均株価の上昇は、ヒラリー氏にかかっている

日経平均株価の上昇のキーとなるのが、アメリカ大統領選挙の第3回テレビ討論会です。ヒラリー氏が優位になれば、投資家心理が改善されます。以前紹介した記事をご覧ください。

大統領選挙のテレビ討論会に対する投資家の反応

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

k-zma