テーマ株」タグアーカイブ

逃した魚はデカかった。推奨銘柄の進捗報告(テイカ)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「推奨銘柄!小型割安株~テイカ~」で紹介したテイカ(4027)の株価が、前日比+5.79%で急上昇しました。「お宝銘柄だったか~」と、しばし悔しさがこみ上げてきました。利益が出せても、より大きな利益を逃した後は、やはり悔しいものです。

記事「短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~」「推奨銘柄の進捗報告(CIJ、内外テック)」「美しく取り損ねた?IoT銘柄~内外テック~」で紹介した内外テック(3374)も、利益は出せたものの、もっと大きな利益を出せていました。

これらの経験をもとに、自分の中の”売りルール”を再構築していくしかありません。

お宝銘柄だった。。。テイカ

記事「推奨銘柄!小型割安株~テイカ~」で記述した“短期で利益確定した理由①②”を嘲笑うかのような株価の上昇っぷりでした。テイカ株を買った2月27日の株価チャートと、3月9日の株価チャートを提示します。

2月27日、テイカの株価チャート(日足)

3月9日、テイカの株価チャート(日足)

11日間で10%は利益を出せていた計算になります。テイカ株を100万円分買っていたら、11日間で10万円稼げていました。これから、どこまで株価が上昇していくのでしょうか。今後の株価動向をモニタリングしていきたいと思います。

課題は視えてきた

テイカ、内外テックともに、逃した魚(利益)はデカかったです。肯定的に捉えるならば、銘柄選択や買いのタイミングは申し分なく、“売りのタイミングの最適化”が課題と言えます。こればかりは株の売買を繰り返し、取引結果を分析して、最適なタイミングを自身の投資ルールに組み込んでいくより他はありません。

日々精進するのみです。

注意
本ブログの内容はあくまで小型割安株に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


美しく取り損ねた?IoT銘柄~内外テック~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~」「推奨銘柄の進捗報告(CIJ、内外テック)」で紹介した内外テック(3374)の株価が、前日比+9.64%で急上昇しました。内外テックの一株価値は約2280円であり、まだ、3月6日の終値(1410円)と比較しても約60%のかい離があります。株価が上昇する余地は十分にあります。

なぜ内外テックを短期投資推奨しているのか、一株価値とは何かについては、記事「短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~」「推奨銘柄の進捗報告(CIJ、内外テック)」を参照ください

>>短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~

>>推奨銘柄の進捗報告(CIJ、内外テック)

軽やかに急上昇!内外テック!

内外テックの株価は、1200~1280円の間でもちあって(上昇下落を繰り返して)いましたが、本日1280円を抜け、一気に上昇しました。これは、ボックス(1200~1280円)を上抜けたと言えます。

2017年3月6日、内外テックの株価チャート(日足)

 

ボックスとは?ボックス理論の解説

ここでボックス理論について紹介します。ボックス理論は、アメリカの投資家ニコラス・ダーバスが提唱した理論です。簡単に言えば、株価は、もちあっている(上昇、下落を繰り返している)株価レンジ(ボックス)の上限を抜ければ強く上昇し、下限を割れれば強く下落する傾向にあるということです。

今回の内外テックの株価でいうと、もちあっていた株価レンジ(ボックス)は1200~1280円で、上限である1280円を抜けたために急上昇しました。もし、1200円を割れるようであれば強く下落していた可能性が非常に高いです。
※株価レンジを正確に測ることはできません。人によっては見積もりに幅ができます。私の眼には1200~1280円にみえていました。この見積もり加減は投資経験を積んで磨きこんでいく必要があると思います。

美しく取り損ねた?

私自身は内外テックの株価はまだ1200~1280円のレンジでもちあうと判断していたので、1280円手前で売り返済の指値注文を入れていました。先週には、自動で注文が執行され、利益が確定していました。したがって、本日の急上昇は見送っています。こんなときは、以下の言葉を大切にしています。

あとから振り返って決断を適切に評価するためには、結果を考慮に入れず、決断そのものを検証する必要ある。

参照)伝説のトレーダー集団 タートル流 投資の黄金律

1、1280円手前で利益確定していた。
2、1280円手前で利益確定していなかった方が、もっと利益をとれる可能性があった。
3、1280円手前で利益を確定するべきではなかった。

と、単純に結論づけてはいけません。日本市場が閉まっている間(夜間)に、急激な円高ドル安、NYダウの急落、北朝鮮のミサイル発射による世界情勢の悪化などで、株価が急落する可能性だってあるわけです。株価1410円(前日比+9.64%)という結果を考慮して、1280円手前で利益確定するという決断の是非を問うことにあまり意味はないのです。

こうして、1280円手前で利益確定するという決断そのものの検証は、これからの投資で続けていくことになるわけです。

注意
本ブログの内容はあくまで、IoT銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


推奨銘柄の進捗報告(CIJ、内外テック)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

本ブログで買い推奨した銘柄、CIJ(4826)と内外テック(3374)の最近の株価動向を紹介したいと思います。なぜCIJ、内外テックを買い推奨したかは、記事「今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!」「今がチャンス!本命IoT銘柄の買い方~CIJ編~」「短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~」を参照ください。

新高値更新!CIJ

CIJの株価は堅調に上昇しており、本日(3月2日)、新高値を更新しました。私自身、1月17日にCIJ株を買い、2月27日には買い増ししました。CIJの一株価値は約1125円であり、まだまだ株価上昇の余地はあると思います。

ただ、本日のローソク足は少し奇妙です。一時激しく売り込まれたこともあり、下ひげが長いローソク足となっています。これが安値圏で発生すれば強い買いサインなのですが、今回は高値圏で発生しています。2016年11月9日のトランプラリー初日でも同じ株価の挙動がみられ、株価は上昇に転じているのでそこまで心配はしていませんが、とても不思議な“高値圏での下ひげの長いローソク”です。今後の株価の動きには注意していきたいです。

2017年1月17日、CIJの株価チャート(日足)

2017年3月2日、CIJの株価チャート(日足)

CIJ株の購入理由(一株価値の求め方など)は、記事「今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!」「今がチャンス!本命IoT銘柄の買い方~CIJ編~」を参照ください。

>>今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!

>>今がチャンス!本命IoT銘柄の買い方~CIJ編~

安く買って、素早く売る!内外テック

内外テックは買い推奨銘柄ではありますが、ボラティリティと倒産リスクの高さから“短期投資”推奨銘柄として紹介しています。株価は1200~1280円のレンジを目安に、安く買って高く売るを細かく繰り返すことで利益を狙えると思います。

2017年3月2日、内外テックの株価チャート(日足)

内外テック株の購入理由(なぜ短期投資推奨なのかなど)は、記事「短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~」を参照ください。

>>短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~

注意
本ブログの内容はあくまで、IoT銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


オススメ!有機EL銘柄~MORESCO編~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

オススメ有機EL銘柄として、MORESCO(5018)を紹介します。
なぜMORESCOを推奨するのか、どのタイミングで買うのか、参考になれば幸いです。

積極投資!小型割安株

MORESCOは、予想PER10.38、PBR1.30、時価総額166億円で小型割安株に分類され、投資対象銘柄としては“狙い目”です。 そもそも小型割安株とは何か、なぜ小型割安株を買うべきか、小型割安株をどのように見つけるかは、記事「狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方」を参照ください。

>>狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方

ざっくりナンボ?一株価値は?

一株価値とは、現在の株価が到達するであろう株価を指します。一株価値と現在の株価がかい離していればいるほど、上昇の余地が大きく、より“割安”な株であると言えます。 MORESCOの一株価値をざっくりと計算してみます。ざっくりとした一株価値は以下の数式で計算できます。

一株価値=(事業価値+財産価値-負債)÷発行済株式数
事業価値=営業利益×10
財産価値=流動資産合計-流動負債合計×1.2+投資その他の資産合計
負債=固定負債合計

参照)知ってそうで知らなかったほんとうの株のしくみ(山口揚平)

決算短信やYahoo!ファイナンスでの数値より、MORESCOの一株価値は約2712円です。2月28日の株価は終値ベースで1732円であり、約60%のかい離がありました。理想は100%以上ですが、約60%はまずまずのかい離です。

アンゾフに聞け!事業が成長するかしないか

記事「今がチャンス!本命IoT銘柄の買い方~CIJ編~」でも紹介しましたが、私自身、企業の事業が成長するかしないかの判断の1つとして、「アンゾフの成長マトリクス」を活用することがあります。

特に、狙った企業が「既存製品を新規顧客に売ろうとしているか」(市場開拓)、「新規製品を既存顧客に売ろうとしているか」(製品開発)を決算報告書、決算短信から読みとります。MORSCOには市場開拓と製品開発の両面に力を入れています。

インド市場開拓へ!

タイ、インドネシア、中国、アメリカについで、インドにも子会社を設立するそうです。既存製品(潤滑油など)を新規顧客へ売っていく戦略が業績を押し上げ、株価が上昇する可能性が高いです。

【(開示事項の経過報告)インド子会社設立に関するお知らせ】
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS70782/25f6bf1c/fa04/40ff/a87c/51c1ecfdeef7/140120170227407729.pdf

有機EL関連製品も開発中!

MORESCOは、有機EL関連製品(封止材)の開発にも力を入れています。個人的には、封止材はこれから需要が伸びてくると思っています。封止材は、有機EL素材を扱う上ではなくてはならない水分除去材料です。記事「買うなら今!有機EL関連株!」で紹介したダイニック(3551)も封止材を扱っているので、MORESCOと合わせて注目しておくべきです。

【有機EL関連で脚光、3%台の配当も魅力のこの銘柄】
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/132654/1

買うタイミングは?

本当は本日(2017年2月28日)、“三空叩き込み”を確認してからMORESCO株を購入しようと計画を立てていました。しかしながら、予想とは裏腹に陽線をつけて株価は反発しました。

2017年2月28日、MORESCOの株価チャート(日足)

明日(2017年3月1日)は、ザラバ中にトランプ大統領の議会演説があり、株価は激しく上下動する可能性が非常に高いです。したがって、3月2日、1700円あたりで指値注文、もしくは、25日移動平均線を超えた価格で逆指値注文してみてはいかがでしょうか。 指値注文および逆指値注文の方法に関しては、記事「【ライブスター証券】指値注文の出し方(Web画面)」「【ライブスター証券】逆指値注文の出し方(Web画面)」を参照ください。

>>【ライブスター証券】指値注文の出し方(Web画面)

>>【ライブスター証券】逆指値注文の出し方(Web画面)

注意
本ブログの内容はあくまで、有機EL関連銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma

 


短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!」で紹介したIoT銘柄の中で、短期投資で利益をとれたIoT銘柄を紹介します。

内外テック(3374)です

なぜ、内外テックを短期投資で推奨するかを説明したいと思います。

流行りのIoT銘柄かつ小型割安株

内外テックは、半導体製造装置、FPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の部品調達、組立、販売、保守メンテを主事業としているIoT銘柄です。予想PER8.01、PBR1.47、時価総額32億円であり、小型割安株に分類できます。予想ROEも17.4%で、10%を超えており、“悪くない”銘柄です。

そもそもなぜ、「IoT銘柄」と「小型割安株」を推奨しているかについては、記事「今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!」「狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方」を参照ください。

>>今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!

>>狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方

キーは、韓国だ!

内外テックに注目したきっかけは、以下の仮説が頭に浮かんだためです。

韓国の半導体製造装置、FPD製造装置の需要が高まり、韓国での半導体製造装置とFPD製造装置の受注の伸びが、内外テックの業績向上に貢献するのではないか

内外テックの業績依存度が高い東京エレクトロン(8035)の第3四半期決算短信によると、韓国での売上が堅調に伸びています。

また、2月16日、ローツェ(6323)は「韓国子会社の製品一括受注」を発表しています。受注相手先、受注製品の種類、名称、台数、販売・供給地域などは伏せられていますが、韓国でのIoT関連需要は高まってきていると思います。

ただ、内外テックは韓国に事業所を持っておらず、東京エレクトロン頼みであるところが非常に惜しいです。後述しますが、内外テック自体の財務状況はあまりよくなく、今後、韓国に事業所を設置する可能性も極めて低いです。

ざっくりナンボ?一株価値は?

一株価値とは、現在の株価が到達するであろう株価を指します。一株価値と現在の株価がかい離していればいるほど、上昇の余地が大きく、より“割安”な株であると言えます。 内外テックの一株価値をざっくりと計算してみます。ざっくりとした一株価値は以下の数式で計算できます。

一株価値=(事業価値+財産価値-負債)÷発行済株式数
事業価値=営業利益×10
財産価値=流動資産合計-流動負債合計×1.2+投資その他の資産合計
負債=固定負債合計

参照)知ってそうで知らなかったほんとうの株のしくみ(山口揚平)

決算短信やYahoo!ファイナンスでの数値より、内外テックの一株価値は約2280円です。2月24日の株価は終値ベースで1263円であり、約80%のかい離があります。

あくまで、短期投資推奨です

内外テックは、あくまで“短期投資”推奨銘柄です。私自身、2月20日に買って、2月24日の上昇とともに売ってしまいました。

なぜ、内外テックに関しては短期投資をするのか。それは、ボラティリティが高く(株価の上下幅が大きく)、かつ、内外テック自体の倒産リスクがやや高いためです。ボラティリティの高さはチャートをみて頂ければわかるかと思います。

2017年2月24日、内外テックの株価チャート(日足)

「倒産リスクがやや高い」というのは、自己資本比率から判断しています。内外テックの第3四半期決算短信では、自己資本比率が19.5%と発表されおり、要注意水準の20%を下回っています。
※倒産リスクは自己資本比率の他にも、流動比率、当座比率、固定比率、固定長期適合率などが参考になりますが、これらについては別記事で紹介したいと思います。

私自身、内外テックに関しては、株価がまた下がってきたら買いを入れたいと思っています。

注意
本ブログの内容はあくまで、IoT銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


推奨銘柄の進捗報告(システムズデザイン、日本製紙)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

良いニュースと悪いニュースが同時にきた

まだまだ駆け出しの投資家ですが、こんな日は珍しいです。

以前から売買推奨銘柄として紹介しているシステムズデザイン(3766)と、日本製紙(3863)の株価について解説したいと思います。

なぜ、システムズデザインを買い推奨、日本製紙を空売り推奨したかについては、記事「【実践編】初公開!これが私の株の買い方」「狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方」「株価下落で儲ける!空売り推奨銘柄「日本製紙」(3863)」を参照ください。

>>【実践編】初公開!これが私の株の買い方

>>狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方

>>株価下落で儲ける!空売り推奨銘柄「日本製紙」(3863)

ストップ高まで急上昇!システムズデザイン

本日のシステムズデザインの株価は、一時ストップ高に到達するまで上昇しました。株価が急上昇した理由は、「創立50周年を記念して、配当を+5円アップする」というニュースが出たためです。システムズデザインの株価は、1月9日からモニタリングしており、1月6日の終値(539円)から、2月21日現在の終値(650円)までで、株価が20.6%上昇しています。

2017年1月9日、システムズデザインの株価チャート

2017年2月21日、システムズデザインの株価チャート

【配当予想の修正(創立50周年記念配当)に関するお知らせ】 http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170220/aciydq/140120170217401518.pdf

今後もシステムズデザインの株価をモニタリングしていきたいと思います。

見事に外した。日本製紙

日本製紙は“空売り推奨銘柄”として、記事「株価下落で儲ける!空売り推奨銘柄「日本製紙」(3863)」で紹介しました。“空売り”であるため、株価が下落すると利益が生じます。本日、予想に反して株価は急上昇してしまいました。理由は、“値上げ”のニュースが出たためです。収益性向上への期待が、投資家心理の改善につながりました。

【印刷・情報用紙の価格修正について】 http://www.nipponpapergroup.com/news/year/2017/news170221003639.html

【素材に値上げの波 日本製紙は印刷用15~20%上げ】 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ20H47_Q7A220C1EA2000/

2017年2月21日、日本製紙の株価チャート

この“値上げ”からの株価上昇を予測することははっきり言って無理です。こんなときは、以下の文言につきます。

トレーダーとして損失を完全に排除することは決してできない。

参照)マーケットで勝ち続けるための発想術 デイトレード(オリバー・べレス/グレッグ・カプラ)

悪いことが起こったとき、われわれは往々にして、結果論で自分を批判する。だが、悪いことはわれわれが何をしたかに関係なく起こるものだ。

参照)伝説のトレーダー集団 タートル流投資の黄金律(カーティス・フェイス)

投資では、1つひとつの取引の勝敗で一喜一憂しない。トータルで勝てればそれでいい。

株価が予想に反した動きをしたら、躊躇せずロスカット。これは鉄則です。ロスカットの重要性については、記事「利食い基準とロスカット基準を設定、ルール化」「塩漬けは絶対にしない。ロスカットを徹底する」を参照ください。

>>利食い基準とロスカット基準を設定、ルール化

>>塩漬けは絶対にしない。ロスカットを徹底する

注意
本ブログの内容はあくまで、一個人投資家の投資方法です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


今がチャンス!本命IoT銘柄の買い方~CIJ編~

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!」で紹介したIoT銘柄“CIJ”(4826)の株価が、順調に上昇しています。

私自身、1月17日(火)にCIJ株を買っています。

1月17日、CIJの日足チャート

2月13日、CIJの日足チャート

2月13日の一目均衡表では、遅行線が株価を上回り、“三役好転”しました。まだまだ、株価は上昇していきそうです。

2月13日、CIJの一目均衡表

本記事では、「なぜCIJ株を選んだのか」「なぜ1月17日時点でCIJ株を買おうと思ったのか」を解説したいと思います。今後の銘柄選択の参考になれば幸いです。基本的には記事「【実践編】初公開!これが私の株の買い方」で紹介した方法で銘柄選択しています。

>>【実践編】初公開!これが私の株の買い方

小型割安株ねらい!

記事「【実践編】初公開!これが私の株の買い方」では、トレーダーズ・ウェブを活用した小型割安株の検索方法を紹介しました。本記事で小型割安株とは、「時価総額500億円以下、PER10倍以下、PBR1倍以下」の銘柄の株を指します。CIJは「時価総額109億円、予想PER11.52倍、実績PBR0.92倍」であり、ほぼ小型割安株と言えます。
※時価総額、予想PER、実績PBRは四季報を参照しています。

ざっくりナンボ?一株価値は?

一株価値とは、現在の株価が到達するであろう株価を指します。一株価値と現在の株価がかい離していればいるほど、上昇の余地が大きく、より“割安”な株であると言えます。 CIJの一株価値をざっくりと計算してみます。ざっくりとした一株価値は以下の数式で計算できます。

一株価値=(事業価値+財産価値-負債)÷発行済株式数
事業価値=営業利益×10
財産価値=流動資産合計-流動負債合計×1.2+投資その他の資産合計
負債=固定負債合計

参照)知ってそうで知らなかったほんとうの株のしくみ(山口揚平)

決算短信やYahoo!ファイナンスでの数値より、CIJの一株価値は約1125円です。1月17日の株価は終値ベースで513円であり、約120%ものかい離がありました。

記事「【実践編】初公開!これが私の株の買い方」では、悔しい思いから以下の仮説を立てました。

一株価値と現在の株価が115%かい離している場合は、強気で買いを入れていいのではないか?

1月17日でのCIJでは、一株価値と現在の株価には115%以上のかい離があったので、強気で買いを入れました。

>>【実践編】初公開!これが私の株の買い方

アンゾフに聞け!事業が成長するかしないか

私自身、企業の事業が成長するかしないかの判断の1つとして、「アンゾフの成長マトリクス」を活用することがあります。

【アンゾフの成長マトリックスとは何か? 「経営戦略の父」が考案した成長戦略の基本】
http://www.sbbit.jp/article/cont1/30111

特に、狙った企業が「既存製品を新規顧客に売ろうとしているか」(市場開拓)、「新規製品を既存顧客に売ろうとしているか」(製品開発)を決算報告書、決算短信から読みとります。 CIJに関しては、過去の決算説明会資料や決算短信から、市場開拓への意欲が感じられたので、「CIJの事業は成長する」と判断しました。

なんと言っても、チャートの形がいい!

最後に、いつCIJ株を買うかのタイミングをチャートではかります。着眼ポイントは11月9日のトランプラリー初日のローソク(大陰線)です。75日移動平均線(緑色曲線)が支持線として機能しています。

1月17日、CIJの日足チャート 。緑色曲線が75日移動平均線です。

1月17日はすでに、75日移動平均線に十分近づいていると判断し買いを入れました。正確には、1月16日の夜に買い注文を入れておき、17日に自動的に約定しました。

CIJ株は一株価値と現在の株価が大きくかい離していますし、一目均衡表では“三役好転”したばかりです。まだまだ株価は上昇していくと思います。引き続き、株価をモニタリングしていきたいと思います。

注意
本ブログの内容はあくまで、一個人投資家の株の買い方です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


今が仕込みどころ!本命IoT銘柄!

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

アメリカ、ドイツに端を発する「IoT」ブームが、日本にも到来してきています。

経済の発展という面では、日本は常にアメリカの後追いをしますから、いまアメリカの社会において成熟していて日本にはまだない産業を“輸入”することで、ある程度の成功を収めることは可能です。
参照)知ってそうで知らなかったほんとうの株のしくみ(山口揚平)

と記されているとおり、アメリカのIoTブームは、日本でも起こる可能性が非常に高いです。実際、事例もちらほらと散見されるようになってきており、IoT銘柄の株価もこれから上昇し始めてくるのではないでしょうか。

そこで、今後業績が伸び、株価が上昇しそうなIoT銘柄を紹介します。

そもそも、IoTとは?

IoTは、総務省のHPで以下のように紹介されています。

パソコンやスマートフォン、タブレットといった従来型のICT端末だけでなく、様々な「モノ」がセンサーと無線通信を介してインターネットの一部を構成するという意味で、(中略)「モノのインターネット」(IoT: Internet of Things)というキーワードで表現されるようになっている。

アメリカではGEが「インダストリアル・インターネット」、ドイツでは国をあげて「インダストリー4.0」を展開しています。日本ではIVI(Industrial Value Chain Initiative)が「ゆるやかな標準」づくりを進めているところです。

【インダストリアル・インターネット】
http://www.ge.com/jp/industrial-internet

【今さら聞けない「インダストリー4.0」の基本、IoT で何が変わるのか】 http://www.sbbit.jp/article/cont1/29936

【IVI】
https://www.iv-i.org/

なぜ、IoT銘柄に注目するべきか?

IoT銘柄の注目するべき理由は2つあります。

1、2022年度までに、IoT市場規模は3兆円規模にまで拡大すると予想されている
2、IoT銘柄の株価が上昇する一歩手前の段階である

2022年度までに、IoT市場規模は3兆円規模にまで拡大すると予想されている

IoT市場規模が拡大すれば(需要が高まれば)、IoT関連製品が売れ、企業業績が向上し、株価が上昇します。

野村総合研究所の調査では、2020年度までにIoT市場規模は3.2兆円まで拡大すると発表されています。2015年度の市場規模は約5,200億円であり、7年間で約6倍拡大する見込みです。

【野村総研、2022年度までの国内ICT市場予測を発表】 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1611/22/news088.html

IoT銘柄の株価が上昇する一歩手前の段階である

アメリカ、ドイツでIoTの導入が進めば、次は日本の番でしょう。日本でもIoT事例が、ここ2,3年で出てきています。事例の1つとして、LIXILがGEのPredixを導入しています。ただ、IoT導入による具体的なコストカットや付加価値については報告されていないのが現状です。ちょうど昨日(2月10日)がLIXIの決算発表でしたが、特にPredix導入による効果については報告されていませんでした。

【米GEの「Predix」を国内初導入、住宅工事の職人配置を自動化】 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/368405/052700060/

IoT導入の効果が発表される頃には、IoT銘柄の株価は上昇しきると思いますので、IoT関連株は“買うなら今!”です。

私が注目している、IoT銘柄

小型割安株で現在注目しているIoT銘柄を、2社紹介したいと思います。

買い推奨!システムズ・デザイン(3766)

システムズ・デザイン銘柄の株購入を推奨している理由は、記事「【実践編】初公開!これが私の株の買い方」「狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方」を参照ください。私自身、かれこれ1月9日からシステムズ・デザインの株価をモニタリングし続けています。1月9日と2月10日現在の日足チャートをみればわかるかと思いますが、株価はしっかりと上昇トレンドに入っています。

1月9日、システムズ・デザインの株価チャート

2月10日、システムズ・デザインの株価チャート

>>【実践編】初公開!これが私の株の買い方

>>狙え!株価上昇の可能性が高い小型割安株の選び方

システムズ・デザインの株価は上昇トレンドに入っていますが、2月13日以降の株価の動向には注意が必要です。昨日(2月10日)発表された第3四半期の決算が、あまりいい内容ではなかったためです。25日移動平均線まで株価が下がってきたところで買いポジションを構築するのが妥当ではないでしょうか。

今がチャンス!CIJ(4826)

CIJは今が買いです。堅実に業績を伸ばしてきている企業で、PERが11.45、PBRが0.92と割安です。チャートではちょうど上昇トレンドに入ったところです。一目均衡表では、“三役好転”する直前の絶妙なタイミングです。

CIJをオススメする理由の詳細は、記事「今がチャンス!本命IoT銘柄の買い方~CIJ編~」を参照ください。今後の銘柄選択の参考にもなると思います。

>>今がチャンス!本命IoT銘柄の買い方~CIJ編~

その他のIoT銘柄

システムズ・デザインやCIJ以外にも、IoT銘柄は多数存在します。センサーまわりから需要が伸びると予想していますが、これから業績、株価ともに伸びる可能性の高いIoT銘柄に関しては発見次第、ブログで紹介していきたいと思います。

コード 銘柄
2327 新日鉄住金ソリューションズ
2335 キューブシステム
2362 夢真
3374 内外テック ※短期投資推奨銘柄。詳しくは記事「短期投資推奨!IoT銘柄~内外テック~」を参照ください。
3653 モルフォ
3657 ポールトゥウィン・ビットクルーHD
3676 ハーツ・ユナイテッドG
3756 豆蔵ホールディングス
3913 sMedio
3917 アイリッジ
3923 ラクス
4348 インフォコム
4674 クレスコ
4739 伊藤忠テクノソリューションズ
4768 大塚商会
6836 ぷらっとホーム
8056 日本ユニシス
9438 エムティーアイ
9928 ミロク情報サービス

注意
本ブログの内容はあくまで、IoT銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


押し目買い狙い!注目すべき有機EL関連株!

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

前回の記事「買うなら今!有機EL関連株!」では、シャープ(6753)、ジャパンディスプレイ(6740)、ローツェ(6323)、ダイニック(3551)から有機ELの需要、開発動向を紹介しました。

本記事では、業績予想上方修正後のローツェの株価動向、決算発表当日のダイニックの株価動向を紹介します。また、今後の注目すべき有機EL関連株と買いタイミングにも触れたいと思います。

有機ELへの期待大!ローツェとダイニックの株価の動き

ローツェ、ダイニックともに注目するべき有機EL関連銘柄です。

業績予想の上方修正を好感!ローツェの株価上昇!

昨日(2月8日)、ローツェは業績予想の上方修正を発表しています。韓国子会社のディスプレイ製造装置の受注が伸びているようです。

連結売上高につきましては、韓国子会社におけるディスプレイ製造装置の受注増に伴う売上高増加により前回予想を上回る見込みであります。また、売上増加に伴う利益増加により営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益はいずれも前回予想を上回る見込みであります。

参照)通期連結業績予想及び配当予想の修正(増配)に関するお知らせ(ローツェ)

そして、業績予想の上方修正をうけて、本日のローツェの株価は前日比で6.54%上昇しました。ただ、日足チャートでは「十字足」(気迷い線)をつけています。長期的にみれば株価は上昇する可能性が高いですが、短期的には一旦下げる可能性があります。

微妙な決算。ダイニックへの期待はいかに・・・

本日はダイニックの第3四半期決算が発表されました。売上3.2%減、営業利益35.6%増、経常利益46.0%増で、業績予想の修正はなし。正直、微妙な決算で明日の株価は上がるか下がるか判断がつきにくいです。ただ、決算への期待の表れか、本日の株価は前日比で1.55%上昇、新高値をつけました。

押し目買い狙い!注目の有機EL関連株はコレ!

シャープ、ローツェ、ジャパンディスプレイは株価が下がってきたところで押し目買いを狙ってもいいと思います。

有機EL開発に生き残りをかけるべきシャープ

トランプ大統領の御膝下に液晶パネル工場を建設するのもいいのですが、次なる技術開発に力を注いでもらいたいのが正直な気持ちです。

【シャープ 米で液晶パネル工場の建設を検討】 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170208/k10010868461000.html

ただ、ソフトバンクがよい例であるように、トランプ大統領に気に入られる企業の株価が上昇するのがこのご時世です。シャープ株価が25日移動平均線まで下がってきたところで押し目買いを狙ってもよいと思います。

韓国子会社が業績を牽引するローツェ

今後、ディスプレイ製造装置の受注は伸び続けると予想しています。本日つけた「空」を埋めるところまで下がってきたら、押し目買いのチャンスです。25日移動平均線に支持される形で着実に株価は上昇していくと思います。

新高値更新中!三井松島産業

三井松島産業(1518)は、有機EL関連会社であるクリーンサアフェイス技術を子会社化しました。株価は急上昇中で今は買うと「高値つかみ」になりそうです。25日移動平均線付近まで株価が下落してきたところで、押し目買いしたいです。

【三井松島が後場上げ幅拡大、17年3月期業績予想を増額】
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/156910

株価の上昇はまだまだ先。ジャパンディスプレイ

ジャパンディスプレイは日足チャートの形がよくありません。高値が切り下がっており、上値が重い印象を受けます。もう一段株価が下がってから、本格的に株価が上昇すると思います。JOLED子会社化が一旦落ち着いてから、買いポジションを構築することをオススメします。

記事「2017年は有機ELまつり!有機EL関連銘柄まとめ」で記載したとおり、2017年は有機EL関連株から目が離せません。「新型iPhone、有機EL導入」のニュースが出るまで、有機EL祭りは続くと予想しています。

>>2017年は有機ELまつり!有機EL関連銘柄まとめ

注意
本ブログの内容はあくまで、有機EL関連銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


買うなら今!有機EL関連株!

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

本日(2月8日)、有機EL関連銘柄であるジャパンディスプレイの第3四半期の決算が発表されました。
2016年12月にJOLEDの子会社化を発表してからの初めての決算発表です。
有機ELの需要、開発動向をチェックしたいと思います。

舵をきれるか?液晶から有機ELへ!

ジャパンディスプレイの決算短信の業績予想では、売上予想が下方修正(11.6%減)、営業利益予想が上方修正(37.5%増)されています。

液晶ディスプレイは競争激化で売上の伸びに貢献できていません。記事「これだけ確認すればOK!投資スケジュール(2月6日週)」でも触れましたが、シャープと同様、今後は液晶ディスプレイの利益改善から有機ELディスプレイの売上向上へと舵をきれるかに注目です。

>>これだけ確認すればOK!投資スケジュール(2月6日週)

2016年12月、ジャパンディスプレイはJOLEDの子会社化を発表しており、有機ELディスプレイの開発に力を入れていく姿勢を見せています。子会社化してからの進捗が気になっていましたが、決算発表資料では以下のように軽く触れているだけでした。

OLED技術の確立について
(中略)
【印刷方式OLED】 ・JOLEDのデューデリジェンスを基に、FY16末最終合意を目指す

参照)2016年度第3四半期決算説明会(ジャパンディスプレイ)

今後のジャパンディスプレイの動向に注目です。

結局のところ、有機ELの需要は伸びているのか?

有機ELの需要は着々と伸びています。その根拠としては、記事「2017年は有機ELまつり!有機EL関連銘柄まとめ」でも触れましたが、日本電産の決算で「有機EL搬送用ロボットの増収」が発表されていることです。

>>2017年は有機ELまつり!有機EL関連銘柄まとめ

また、有機EL関連銘柄であるローツェ(6323)が業績予想の上方修正を発表しています。韓国子会社のディスプレイ製造装置の受注が伸びているようです。

連結売上高につきましては、韓国子会社におけるディスプレイ製造装置の受注増に伴う売上高増加により前回予想を上回る見込みであります。また、売上増加に伴う利益増加により営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益はいずれも前回予想を上回る見込みであります。

参照)通期連結業績予想及び配当予想の修正(増配)に関するお知らせ(ローツェ)

この1社に注目!有機EL関連銘柄

私自身、有機EL関連銘柄で注目している企業が1つあります。

ダイニック(3551)です。

明日(2月9日)は、ダイニックの決算発表日です。注目は“有機EL用水分除去シート「水分ゲッター」”の売上が伸びているかどうかです。有機EL素材の天敵である水分を除去するシートが「水分ゲッター」ですが、有機ELの開発段階でも大きな需要が見込めます。

「水分ゲッター」の売上が伸びているようであれば、各社で着々と有機ELの開発が進んでいると考えられます。

しかし、「水分ゲッター」の売上が伸びていないようであれば、まだ、企業は本腰を入れて有機ELの開発に乗り出していないか、「水分ゲッター」自体が魅力的な商品でないか、ただ単に「水分ゲッター」の生産が追い付いてないだけかのいずれかが考えられます。
※そもそも、決算では「水分ゲッター」について言及しない可能性もあります。

今後も様々な情報を精査しながら、有機ELの動向をチェックしていきたいと思います。

注意
本ブログの内容はあくまで、有機EL関連銘柄に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma