OPEC」タグアーカイブ

投資チャンス?アメリカ雇用統計

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

OPEC総会での減産合意が、トランプ相場に拍車をかけています。
海外マネーも日本市場に流れ込み、日経平均株価は力強い上昇をみせています。
日経平均株価が下落したところでの押し目買いを狙うのがよいと思います。
世界の投資家は、明日のアメリカの雇用統計に注視。減産合意からのいい流れを期待しています。

この上昇は本物だ!日経平均株価@原油高×トランプ相場

日経平均株価は、前日比204円64銭(1.1%)高、1万8513円12銭で終わりました。上昇の要因は、以下の2点です。

1.OPEC総会での減産合意により、原油価格(WTI先物価格)が上昇しています。
2.アメリカの長期金利の上昇により、為替相場が円安ドル高に振れています。

記事「相性バツグン?OPEC総会での減産合意とトランプ相場」で紹介した「OPEC総会で減産合意が達成される場合」の通りになっています。

相性バツグン?OPEC総会での減産合意とトランプ相場

東証1部の売買代金は概算で3兆2911億円となっており、大商いの水準である3兆円をこえています。また、財務省が発表した「対外及び対内証券売買契約等の状況」では、海外投資家が3週連続で買い越しており、海外マネーが日本市場に流れ込んできています。

日経平均株価の上昇は本物です。

【東証大引け、年初来高値を更新 円安やOPEC減産を好感】 http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_R01C16A2000000/

【株、高まる海外投資家の再評価 米大統領選後1兆円買い越し】 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL01HCU_R01C16A2000000/

【対外及び対内証券売買契約等の状況】
http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/itn_transactions_in_securities/

狙いは押し目!日経平均株価が下がってきたとこ!

日足チャートでは、日経平均株価のローソク足は長い上ひげのついた陰線です。高値圏での長い上ひげのついた陰線は下落のサインです。しかしながら、上述したとおり、日経平均株価の上昇は本物です。したがって、日経平均株価が下がってきたところで押し目買いするのが、妥当な投資戦略だと思います。11月中旬の投資戦略とほぼ同じです。

ここしかない!日経平均株価の調整売りで買え!

次はコレ!アメリカ雇用統計

明日22:30には、アメリカの雇用統計が発表されます。雇用統計の良し悪しは、12月13、14日に開かれるFOMCでの12月利上げの決定に影響を与えます。非農業部門雇用者数の市場コンセンサスは17万6000人で、上回るか下回るかで利上げ観測が変わり、株価も変動します。 アメリカ雇用統計の結果を予測した投資は、少しギャンブル性の高いので、私はオススメしません。5月の雇用統計のようなことが起こらないことを祈るのみです。

米雇用統計が日経平均株価に影響を与えるか

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


さぁ!OPEC総会での減産凍結の結果後は!?

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

日本市場もアメリカ市場も様子見ムード一色です。
OPEC総会の減産凍結決断の結果が報じられると同時に世界の株価、為替相場、原油価格(WTI原油先物)は大きく変動するでしょう。
しかしながら、市場はまた様子見ムードを取り戻すと予想しています。

激しく様子見!日経平均株価@OPEC総会での減産合意とトランプ相場のはざま

日経平均株価は、前日比1円44銭(0.01%)高、1万8308円48銭で終えました。ほぼ、本日の終値と前日の終値は変わっていません。日経平均株価を見る限りは、日本市場は様子見ムード一色です。東証1部の売買代金は3兆2492億円(概算)であり、大商いと言えます。これは、「OPEC総会前の利益確定売り」と「トランプ相場への期待の買い」の激しさを意味していると思います。

【東証大引け、3日ぶりに小幅反発 円安基調で押し目買い 米景気指標も支え】 http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_Q6A131C1000000/

要注意!日経平均株価の18,100円ライン!

チャートでは、日経平均株価は18,200~18,500のレンジで持ち合っています。日経平均株価が終値で18,100円を割れたら、急落に備えてください。18,100円割れは、一目均衡表の転換線およびボリンジャーバンドの1σを割れることを意味します。上昇トレンドが一旦終了し、調整の売りに押される可能性が非常に高くなります。

アメリカ市場も様子見!

29日のNYダウの株価は、前日比23ドル70セント(0.1%)高、1万9121ドル60セントで終えました。上昇の要因は、アメリカの実質国内総生産(GDP、7~9月期)改定値が市場予測よりも大きく上方修正され、投資家心理が改善したことです。とはいえ、0.1%の上昇であり、“上昇”というよりは“ほぼ変わらなかった”と捉えた方がよいと思います。

要注意!NYダウの株価の18,900ライン!

日足チャートでは、NYダウの株価は高値圏で出来高をともなった陽線をつけてはいます。しかしながら、日経平均株価と同様、OPEC総会の減産合意の達成・未達成により、NYダウの株価も大きく変動すると思います。NYダウの株価が終値で18,900を割れたら、急落に備えてください。18,900割れは、一目均衡表の転換線およびボリンジャーバンドの1σを割れることを意味します。上昇トレンドが一旦終了し、調整の売りに押される可能性が非常に高くなります。

ただ、見守るのみ。日本市場もアメリカ市場も様子見ムード

日経平均株価、NYダウの株価の動きを見る限り、日本市場、アメリカ市場ともに様子見の雰囲気が漂っています。減産合意の背景や、減産合意が達成される場合、達成されなかったが場合の株価の変動に関しては、以下の記事「相性バツグン?OPEC総会での減産合意とトランプ相場」を参照ください。

相性バツグン?OPEC総会での減産合意とトランプ相場

そしてまた、様子見ムードへ、様子見ムードへ・・・

減産合意合意の達成、未達成後は、株価、為替相場、原油価格(WTI原油先物)に大きな変動がみられるかと思います。しかしながら、市場にはすぐに、アメリカの雇用統計(2日)およびイタリアの国民投票(4日)待ちで様子見ムードが広がると思います。詳細の投資スケジュールは、「これだけ確認すればOK!投資スケジュール(11月28日週)」を参照ください。

これだけ確認すればOK!投資スケジュール(11月28日週)

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


過度な期待はご用心!OPEC総会での減産合意

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

日経平均株価は、前週末比24円33銭(0.13%)安、1万8356円89銭で終えました。株価の下落の原因は、為替相場が円高ドル安に振れたことです。為替相場が円高ドル安に振れた背景には、30日(水)に開かれるOPEC総会では減産合意に達しないかもしれないという思惑があります。

【東証大引け、反落 円高で利益確定売り、押し目買いで下げ渋る】 http://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_Y6A121C1000000/

ちゃっかり便乗!日銀の買い@トランプ相場

TOPIXは、前週末比5.05ポイント(0.34%)高、1469.58で終えました。1年半ぶりの12連騰です。日本の相場はまだまだトランプ相場の煽りを受けているようにみえますが、今回の上昇は日銀の買いによるものだと思います。「そろそろ下落してもいいのではないか?」と懐疑的になっている投資家の方が多いと思いますので、12連騰に踊らされて買いポジションを構築するのは少し危険だと思います。

結局、どこまで日経平均株価の上昇@トランプ相場は続くのか

「どこまで上昇しつづけるか」よりも、「いくらを下回ったら下落に転じるのか」に注目しておいた方がいいと思います。騰落レシオ(25日)は、8営業日連続で120をこえているので、日経平均株価はいつ下落に転じてもおかしくはありません。現状、ボリンジャーバンドの1σを見る限り、18,000円を割れたら下落の注意が必要です。

今週前半はコレに注目!原油価格と為替相場

30日(水)に開かれるOPEC総会で、原油の減産合意に達するかに注目です。現状、「不透明感」で、原油価格(WTI原油先物) は下落、為替相場は緩やかに円高ドル安に振れています。私自身は減産合意に達することなく、為替相場は一旦、円高ドル安に振れると思っています。

【OPECの外交努力続く、減産合意目指し-サウジは柔軟姿勢示す】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-27/OHBK1Z6K50XU01

注意
本ブログの内容はあくまで、NYダウの株価、NYダウの株価の変動、日経平均株価、日経平均株価の変動、短期投資家、中期投資家、長期投資家の投資家心理に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma