知識 ビジネス 地方暮らし

【悠々自適】おすすめ地方暮らし【仕事メリット大】

今回の新型コロナウイルス蔓延をきっかけに本気で“地方暮らし”を検討している方々が増えているようです。

【東京圏の半数が地方暮らしに関心】
https://this.kiji.is/634292055241393249?c=113147194022725109

【“地方に転職したい” 都市部の若者に意識広がる コロナ影響か】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200517/k10012433391000.html

とはいえ、「仕事は?」「収入/生活費は?」「住居は?」「人間関係は?」など、疑問に思われる方々もいることでしょう。

それもそうです。

ただの引っ越しや転職/転勤でさえ不安を抱えるものですから・・・しかも、引っ越しや転職などは経験者が多く、ネットで検索すれば大抵の情報が得られるから準備もしやすいですよね。

そこで本記事では、長野県の田舎に移住して1年半経つ僕が、地方暮らしのメリットデメリットを解説したいと思います。地方暮らしする前は、8年間東京でバリバリ働いていました。経歴はザっと以下のとおりです。

・2011年3月、東京大学大学院を卒業
・2011年4月、インテリジェンス(現パーソル)に入社
・2014年10月、リクルートに転職
・2017年10月、ZOZOUSEDに転職
・2018年3月、フリーランスとして独立
・2019年1月、長野県の田舎に移住

それでは、地方暮らしのメリットデメリットを見ていきましょう。みなさんの地方移住の参考になれば、嬉しいです。

地方暮らしのメリット

仕事が超余裕!ちょっとがんばれば「おー!」と称賛される

はっきり言って、仕事は超余裕、ハイパーイージーですね笑。具体的には・・・

仕事が定時で終わります。
-もちろん、地方にもブラック企業は存在しますので注意が必要です。

・地方のビジネス/仕事のスピードは、都会のビジネス/仕事のスピードの10分の1
-本気出せば、半年の目標を1か月以内で完了できます。

・地方の仕事難易度は、都会の仕事難易度の2分の1
-はっきり言います!地方の50代の仕事スキルは、都会で働く新卒3年目の仕事スキル以下です。その程度の仕事スキルで部長クラスの仕事ができちゃいます。地方の仕事難易度は超低いです。

・超即戦力になる。会社内でスター(ハイパフォーマー)になれます。

生活費が激安!家族で悠々自適な生活ができる

こんな広い住宅に住めるのか・・・しかも、ご飯が安くてうまい」が、正直な気持ちです。具体的には・・・

・住宅費に関しては、「駅近、スーパー近、保育園/小学校近、区役所近、2LDK、築10数年」が月5.5万円で借りれます。東京だと安い練馬区で11.5万円ぐらいではないでしょうか?

・一人暮らしであれば、月5万円以下に生活費をおさえられます。

・食材は地産地消のためか都会に比べて安いです。そして、新鮮でとにかくうまい。僕の場合は、山でタケノコ/わらび/お茶をとっています。もはや、無料で山の幸を堪能しています。

人間が温かい。人間関係のギクシャクが低減される

地方は本当に悪い人が少なく、穏やかに過ごせますね。具体的には・・・

・助け合いの精神が地方にはあり、基本的に悪い人がいません。

・隣のおばちゃんが「りんご」「タケノコ」「みかん」などを差し入れしてくれます。ありがとう!

アドラー心理学では、

すべての悩みは「対人関係の悩み」である

とされています。地方暮らしすることで対人関係の悩みは激減します。結果、ストレス低減にもつながり、悠々自適な生活が可能となります。

※アドラー心理学について知りたい方は、書籍「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」を読んでみてください。どちらも良書中の良書です。

地方暮らしのデメリット

仕事スキルアップは見込めず、年収が下がる

地方暮らしすると、仕事スキルアップは期待できませんし、やはり年収は下がりますね。具体的には・・・

・都会のような高レベル業務は求められません。高レベルの仕事をしても、経営者は理解できません。
-必然的に、自ら“仕事レベルを下げる”ため、仕事スキルアップは期待できません。

・始業時間が8:00で早いところがある。
-始業時間は企業によりますが、田舎の朝は早いです。
-ありがたいことに、保育園は7:30スタート。
-フレックスなんていう概念はありません。

・仕事を早く完了させるとヒマになりすぎる。

・給料が安い。
-僕の場合、フリーランス時の年収と比較すると、会社員としての年収は約40%減です。
-ただ、株式投資の塾運営などで、トータルの年収は1.2倍に増えています。

車が必要です

生活費としては、車の購入費/維持費/保険料がかかります。都会生活と比べてプラスアルファの生活費としては、車ぐらいです。もちろん、自転車で生活している人もいるのですが、車はあった方が便利です。趣味の幅も広がります。そして、家とは別の新たな空間を楽しめます。

人と人との“距離”が近すぎる

ここで言う“距離”とは、主に精神的な距離です。知り合いの知り合いは知り合いの感覚です。悪い噂はすぐに出回ります。そして、プライベートに関する質問の入り具合が深いです。都会では「彼女いるの?」という質問が、地方では「ご予定は?」レベルに進化します笑。

トータルで考えると地方暮らしはメチャメチャおすすめです!

まだ、都会で神経すり減らす生活を送っているんですか?

僕はかなり挑発的な言葉をSNSで投げかけています。

毎朝の満員電車、仕事の過密スケジュール(朝8時30分にクライアントオフィスに集合、夜は終電もしくはタクシー帰り)、出歩けば人混み・・・。これは本来の人間が望む生活なのだろうか?

ストレス満点な生活ですよね。

僕はそんな生活を繰り返しうつ状態になってしまった人間なので、今となってはそんな生活考えられません。

最後に、デメリットについて少し補足させてください。

仕事スキルアップと年収増を希望するなら、副業をやろう!

「地方暮らしすると、仕事スキルアップは期待できず、やはり年収は下がりますね。」についてですが、そこに懸念を抱く方々には副業をおすすめします。地方はサービスレベルが低いので、新規ビジネス立ち上げは比較的容易です。

正直、地方の会社での業務は“超余裕”“ハイパーイージー”で物足りなさを感じる方々が出てくると思います。そしたら、都会で磨いた仕事スキルで副業をやってみましょう。副業ならどこまでも自分のスキル・能力を活かせますし、問題にぶつかり、問題を解決することで、仕事スキルアップにつながります。そして、副業の収入で、地方暮らしでの収入減を補填できます。

僕の場合、会社でリスティング広告/SNS広告の知見を活かしても、プロジェクトマネジメントしてみても、会社の役員からすれば「?」状態です。仕事内容もレベルの高さも理解してもらえません。

都会で磨いた仕事スキルを全く理解されないのは、結構精神的につらいですよ笑?「僕は都会で何してたんだろう?」「こんな人間に書く企画書なんて“豚に真珠”だ」という気持ちになります笑。

そんな精神的ストレスは全て副業にぶつければいい。都会で培ったスキル・能力を活かせば、地方での新規ビジネスの立ち上げは結構楽です。僕は地方暮らしをはじめて、株式投資の塾をスタートしましたが、マーケティングや新規ビジネス立ち上げの知識をバリバリ活かしています。

塾スタート1年目で、塾の収入イコール会社の収入かそれ以上のところまできています。地方暮らしで副業をすることで、年収のトータルは都会での年収の1.2倍にまで増えています

ちなみに、地方では副業OKの企業が多いです。なぜなら、兼業農家の人たちが多く、副業は当たり前だからです。会社はいちいち社員の副業にまで口出ししません。

とはいえ、「副業申請書」なるものを書かせる会社もいますが、そんな会社は時代遅れであり、ゆくゆくは社会から淘汰されることになるでしょう。そんな会社には、入社しないか、早めに転職することをおすすめします。

地方暮らしはメリットだらけ、住めば都!

ここまで、本記事を読んでくださり、ありがとうございました。地方暮らしのメリット/デメリットを紹介してきましたが、僕は地方暮らしを超おすすめします。もうすでに、デメリットもそんなに感じなくなってきています

地方暮らしの参考書籍として「まだ東京で消耗してるの?環境を変えるだけで人生はうまくいく」をおすすめしますので、読んでみてはいかがでしょうか?

ぜひ、みなさんも地方暮らしを検討してみてください!

それでは。


-知識, ビジネス, 地方暮らし
-, ,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.