知識 メルマガ 推奨銘柄

【株価上昇】おすすめDX銘柄【アイル/スマレジ他】

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです

新型コロナウイルス蔓延によりテレワーク導入を進める企業が増えています。
テレワークと関連付けて“デジタルトランスフォーメーション(DX)”という言葉も出回っている様に感じますが、“デジタルトランスフォーメーション(DX)”関連銘柄でおすすめ銘柄がありましたら、教えてください。

ということで、株式投資先としてデジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄を検討している人向けに本記事を書きたいと思います。

本ブログでは以前に、デジタルトランスフォーメーション(DX)銘柄として、チェンジ(3962)を紹介しています。

>>【株学習】コロナショックで株価上昇が期待できる個別株-巣ごもり編
>>【株学習】コロナショックで株価上昇が期待できるAmazon銘柄
>>【株価急上昇】DX銘柄チェンジの完全解説【結果つき】

チェンジに関しては、すでに結果も提示している段階であり、今からチェンジ株を買うにはちょっと“高値圏”すぎると思います。

そこで本記事では、チェンジ以外のDX銘柄を紹介したいと思います。
具体的には・・・

・アイル(3854)
・イルグルム(3690)
・スマレジ(4431)

です。

それでは、DX銘柄1つひとつについて説明していきます。

1:おすすめDX銘柄1:アイル(3854)

実店舗(リアル店舗)とネットショップ、両方のチャネルの相乗効果を狙う“オムニチャネル”は以前から様々な企業で構築されています。
そこで重要になってくるのが実店舗とネットショップのデータ統合です。

パソコン/タブレット/スマホの普及で、以下のような購買行動をとる顧客が増えています。

実店舗で商品/サービスを見た後、家に帰ってECサイトで注文を出す。
逆にECサイトで商品/サービスの情報を得た後、実店舗で実際の商品/サービスを見て購入する。

新型コロナウイルス蔓延からの外出自粛/自宅待機で、実店舗というよりECサイトで購買を済ませる顧客が増えているかと思います。
その場合でも、実店舗でためた顧客データをECサイトに活かしていきたいところです。

アフター・コロナの世界では一層のオムニチャネル化が進むのではないでしょうか。
オムニチャネル化促進の手段にDXがあります。

アイルでは、複数ネットショップ間/ネットショップと実店舗(リアル店舗)間の顧客データ一元管理ソフトを提供しています。
顧客データ一元管理ソフトの売上向上が、アイル社の業績向上/株価上昇につながるのではないでしょうか。

【アイル社の事業紹介】
https://www.ill.co.jp/business/

1-1:ファンダメンタル分析:業績予想申し分なし!

直近の業績予想をみても、業績の好調さがうかがえます。

■2020年7月期の連結業績予想の増加率(2019年8月1日~2020年7月31日)
売上高:+17.3%増
営業利益:+59.7%増
経常利益:+57.9%増
当期純利益:+62.4%増

【2020年7月期第3四半期決算短信】
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3854/tdnet/1845239/00.pdf

新型コロナウイルス蔓延による緊急事態宣言で商談機会が減っているかと思いますが、2020年6月5日に発表した“2020年7月期第3四半期決算”では、業績予想に変更を加えておりません。
新型コロナウイルス蔓延による業績への影響は軽微ではないでしょうか。

1-2:チャート分析分析:上昇トレンド中です!

アイルの日足チャートを見る限り、株価は上昇トレンドに入っています。
日足チャート上に描いた高値と安値をざっくりと結んだ黒線を見ればわかると思いますが、高値も安値も切り上がっているのが見て取れます。
※点線矢印が高値と高値、安値と安値の位置関係を示しています。

これはダウ理論で言うところの“上昇トレンド”を示します。
今後もアイルの株価は上昇していくに傾向にあります。

アイルの日足チャート(2020年6月8日)

2020年1月以降での高値2,349円(2020年1月17日)を更新する一歩手前まで、アイルの株価は上昇してきています。

今後のさらなるアイルの株価上昇に期待しましょう。

2:おすすめDX銘柄2:イルグルム(3690)

イルグルム・・・なんとも個性的なネーミングの企業ですが、ネット広告の効果分析サービスを提供しています。
なんと、広告効果測定市場で5年連想No.1シェアをとっています。

【ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2020】
https://www.itr.co.jp/report/marketview/M20000200.html

記事「【株学習】UUUM脱退多く、株価どうなる?-今後の見通しあり」でも触れましたが、2019年にはじめて、インターネット広告費がテレビメディア広告費を上回りました。電通の「2019年日本の広告費」には・・・

インターネット広告費が、6年連続2桁成長でテレビメディア広告費を超え、初めて2兆円超え

と、記載されています。

【2019年日本の広告費】
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2020/0311-010027.html

今後もインターネット広告費は動画広告中心に伸びていき、広告効果測定市場も拡大の一途をたどると思います。
そうなると必然的にイルグルムの業績が向上し、株価が上昇していきます。

2-1:ファンダメンタル分析:当期純利益が黒転予想!

直近の業績予想をみても、業績の好調さがうかがえます。

■2020年9月期の連結業績予想の増加率(2019年10月1日~2020年9月30日)
売上高:+22.5%増
営業利益:+135.5%増
経常利益:+140.4%増
当期純利益:黒字転換

【2020年9月期 第2四半期決算短信】
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3690/tdnet/1823744/00.pdf

売上高/営業利益/経常利益ともに増加率は申し分です。
(欲を言えば、売上高はもう一声欲しかった・・・)
当期純利益は“黒字転換”予想となっており、イルグルムの業績向上/株価上昇が期待できます。

2-2:チャート分析:下落トレンド中!要注意!

イルグルムの週足チャートを見る限り、株価は下落トレンドに入っています。
週足チャート上に描いた高値と安値をざっくりと結んだ黒線を見ればわかると思いますが、高値も安値も切り下がっているのが見て取れます。
※点線矢印が高値と高値、安値と安値の位置関係を示しています。

これはダウ理論で言うところの“下落トレンド”を示します。

イルグルムの週足チャート(2020年6月8日)

2-3:イルグルム株を購入した方がよいか?

ここまで本記事を読んだ方々の中には、以下のような疑問を持った人がいると思います。

ファンダメンタル分析の結果が良くて、チャート分析の結果が悪い場合、どちらを優先するべきでしょうか?
イルグルム株は買うべきですか?

結論、イルグルム株の購入は見送った方がよいです。

ファンダメンタル分析の結果が良くても、チャート分析の結果が悪い・・・。
そんなときは、チャート分析の結果を優先します。
なぜなら、いくら業績が良かったとしてもチャートの形が悪ければ、株価は下落する可能性が高いためです。
下落トレンドにある株は買わない方がいいです。

これは“スイングトレーダー”(短期投資家)としての見解です。
“中長期投資家”の方から言わせれば、イルグルムの株は“今が買い”なのかもしれません。
“スイングトレーダー”なのか、“中長期投資家”なのか、はたまた“デイトレーダー”なのかで、投資手法は全く異なります。

“デイトレーダー”“スイングトレーダー”“中長期投資家”などの投資スタンスに関しては、記事「【株学習】株式投資家の種類とは?【投資スタンスを決める】」で解説しているので、ぜひ、読んでみてください。
株式投資を始める前に投資スタンスを決める必要があります。

【株学習】株式投資家の種類とは?【投資スタンスを決める】

3:おすすめDX銘柄3:スマレジ(4431)

スマレジでは、小売店向けにクラウド型POSレジを提供しています。
パソコン/タブレット/スマホで簡単にレジ打ちできるシステムなのですが、売上や在庫などを手軽に見えるかできます。
小売店長としては意思決定を迅速にできるようになるのではないでしょうか?

2019年10月以降に導入された“軽減税率”を機に、多くの小売店がPOSレジシステムや周辺機器を入れ替えました。この軽減税率特需により、スマレジの業績は堅調に向上しています。
さすがに“軽減税率”特需は終わっていますが、“DXブーム”が巻き起こっているので、スマレジの業績が低迷することはないように思います。

3-1:ファンダメンタル分析:業績予想は好調そのもの!

直近の業績予想をみても、業績は好調そのものですね。

■2020年4月期の業績予想(2019年5月1日~2020年4月30日)
売上高:+55.9%増
営業利益:+48.8%増
経常利益:+57.2%増
当期純利益:+50.3%増

【2020年4期第3四半期決算短信】
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4431/tdnet/1807147/00.pdf

2020年6月12日、スマレジの2020年4月期決算が発表されます。
とりあえず、決算が発表されるまで株購入の検討は見送りましょう。
新型コロナウイルス蔓延が、スマレジの業績にどのような影響を与えるかを見届けましょう。

もうすでにスマレジ株を持っている場合は、“決算前に保有株を全て売却する”ことをおすすめします。
これはミクロ投資法のルールの1つです。
決算発表後の株価の動きを予測するのが困難であるためです。
詳細は記事「【株学習】決算発表後の株価の動き【対策/事例つき】」で解説していますので、ぜひ、読んでみてください。

【株学習】決算発表後の株価の動き【対策/事例つき】

3-2:チャート分析:絶賛上昇トレンド中!

スマレジの日足チャートを見る限り、株価は上昇トレンドに入っています。
日足チャート上に描いた高値と安値をざっくりと結んだ黒線を見ればわかると思いますが、高値も安値も切り上がっているのが見て取れます。
※点線矢印が高値と高値、安値と安値の位置関係を示しています。

これはダウ理論で言うところの“上昇トレンド”を示します。

スマレジの日足チャート(2020年6月8日)

ただし、2020年6月12日の決算発表後に、スマレジの日足チャートが崩れる場合がありますので、注意が必要です。

4:結論、アイルのみ投資対象とする(2020年6月8日現在)

これまでの記事内容を要約すると・・・

・アイルは、業績予想が良く、かつ、株価が上昇トレンドにあるため投資先候補とするべきです。
・イルグルムは、業績予想は良いが、株価が下落トレンドにあるため投資先候補とするべきではありません。
・スマレジは、2020年6月12日の決算結果をみて、投資先候補とするべきか判断しましょう。

新型コロナウイルス蔓延により、各企業でDXはさらに加速していくと思います。
日々、DX銘柄の株価をチェックするようにしましょう。

それでは。

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, メルマガ, 推奨銘柄
-, , , , ,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.