知識 推奨銘柄 注文方法

【株学習】コロナショックで株価上昇が期待できるゲーム企業

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

「新型コロナウイルス蔓延で“巣ごもり”需要が増大しており、“ゲーム企業”の業績向上/株価上昇が期待できると思っています。おすすめのゲーム企業はありますでしょうか?」

という質問にお応えします。

新型コロナウイルス蔓延で空前の“巣ごもり”ブームが巻き起こっています。“巣ごもり”と言えば、電子コミック(マンガ)閲覧、読書、動画鑑賞(Amazonプライム、ネットフリックス、YouTubeなど)・・・そして、ゲームです。その証拠に、任天堂の「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)がポケモン以上に売れているようです。

【任天堂『あつまれ どうぶつの森』260万本突破 在宅民の心つかむ】
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/00972/

※ひとつのソフトがバカ売れしたからといって、企業全体の業績が向上し、株価が上昇するというわけではないので注意が必要です。任天堂は「あつまれどうぶつの森」(あつ森)の販売数が増加していますが、任天堂全体の業績は低下しています。

そこで本ブログ記事では、注目するべきゲーム企業を紹介したいと思います。僕が注目しているゲーム企業は以下のとおりです。

・SHIFT(3697)
・コーエーテクモホールディングス(3635)

それでは、注目ゲーム企業をひとつ一つ見ていきましょう。

株価上昇が期待できるゲーム企業1:SHIFT(3697)

ソフトウェアの開発には必ず“テスト”がつきものです。もちろん、ゲームの開発にも“テスト”が必要不可欠です。世の中に新規ゲームを出した後に不具合が出ては、ユーザーからクレームがつきます。クレームがつくとゲームだけでなく、会社のブランドにも傷がつくでしょう。

ニンテンドウDS、スイッチ、プレイステーションなどのハード機向けゲームしかり、今流行のスマホゲームしかり、ゲームのテストを請け負っているのがSHIFT社です。ソフトウェアテストのプロ集団という、ソフトウェアテストに特化した企業はなかなかありません。

「ソフトウェアテストというのはサービスとして“ニッチ”すぎて市場規模が小さいのではないか?」と感じる方々もいるかもしれません。しかし、日本国内IT市場14.9兆円うち、ソフトウェアテスト市場は5兆円と試算されており、ソフトウェアテスト市場のなかでもアウトソースされているのはわずか1%・・・。まだまだ、ソフトウェアテスト市場は開拓の余地があると考えられます。

【参考:SHIFT社HP】
https://www.shiftinc.jp/3minutes/overview/

僕自身もソフトウェアテスト市場に魅力を感じています。というのも、最近、ネット会議サービスでの不具合が多すぎませんか?特にZOOM・・・セキュリティ面での不具合が多発しています。世の中にサービスを提供する前に、ソフトウェアのテストをプロに依頼するケースがこれから増えてくるように感じています。

【結局、Zoomは使っても大丈夫なのか? 】
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2004/22/news026.html

ちなみに、SHIFT社はテレワークシステム導入にも力を入れていますので、コロナショックでの業績向上/株価上昇に期待できます。

ここまでが、SHIFT社のファンダメンタル分析ですが、次いで、テクニカル分析(チャート分析)についても説明したいと思います。というのも、SHIFTのチャートが非常に美しいためです。

チャートには「日足」「週足」「月足」が存在しますが、SHIFTで注目するべきは「週足」チャートです。

SHIFTの週足チャート(2020年5月8日)

テクニカル分析(チャート分析)の知識を深めると感じることですが、この週足チャート・・・非常に美しいです。美しいと感じるポイントは下に凸の「ベース」と呼ばれる形です。“正しいベース”に関しては、書籍「オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)」もしくは「オニールの相場師養成講座―成功投資家を最も多く生んできた方法 (ウィザード・ブックシリーズ)」で解説されているので、ぜひ、読んでみてください。とても参考になります。

株価上昇が期待できるゲーム企業2:コーエーテクモホールディングス(3635)

コーエーテクモホールディングスは、「エンタテインメント事業」「アミューズメント事業」「不動産事業」を展開していますが、なんといっても注目は「エンタテインメント事業」でしょう。エンタテインメント事業の売上は、コーエーテクモホールディングスの全売上の約90%を占めています。

【令和2年3月期 決算短信】
https://www.koeitecmo.co.jp/ir/docs/ir1_20200427.pdf

コーエーテクモホールディングスの中では、「エンタテインメント=ゲーム」なわけですが、ゲームは当たれば莫大な利益を得ることができます。ミクシィが「モンスターストライク」の大ヒットで、業績を一時的にV字回復させたのが良い例です。

【ミクシィをV字回復させた社長の「モンスト」への思い】
https://www.bizcompass.jp/interview/212-1.html

コーエーテクモホールディングスは強いゲームタイトルをもっています。「信長の野望」「三國志14」「真・三國無双」などは、ゲーム通でなくても名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

パソコンゲーム/家庭用ゲーム/オンラインゲーム、スマホゲームなど、コーエーテクモホールディングスは幅広いゲーム開発を進めており、様々なプラットフォームを販売チャネルとして、ゲームコンテンツを提供しています。販売先にアマゾンジャパンが含まれているのも、コーエーテクモホールディングスの強みとなっています。

テクニカル分析(チャート分析)の話をすると、週足チャートと日足チャートを見る限り、着実に株価が上昇しているように感じます。

コーエーテクモホールディングスの週足チャート(2020年5月8日)

コーエーテクモホールディングスの日足チャート(2020年5月8日)

“巣ごもり”需要をゲーム会社がとりにいく!

新型コロナウイルス蔓延により、“巣ごもり”というワードが各メディアで取り上げられるようになりました。政府の緊急事態宣言により外出自粛/自宅待機を余儀なくなれています。いかにストレスなく、快適な時間を自宅で過ごせるか・・・ここに、消費者の関心ごとやニーズが、ビジネスチャンスが生まれているわけです。

新型コロナウイルス蔓延からの“巣ごもり”からのゲーム企業の株価上昇に期待しましょう。
※ゲーム企業以外の“巣ごもり”関連企業は、記事「【株学習】コロナショックで株価上昇が期待できる個別株-巣ごもり編」で紹介しています。こちらも併せてご覧ください。

【株学習】コロナショックで株価上昇が期待できる個別株-巣ごもり編

それでは~。

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, 推奨銘柄, 注文方法
-, , , ,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.