知識 メルマガ 推奨銘柄 注文方法

【株学習】原油価格マイナス?投資家は原油ETFに活路を見い出す

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

2020年4月21日、原油価格が“マイナス”となったことがニュースで大々的に報じられています。そこで、こんな疑問を抱いた方々が多いのではないでしょうか?

1、原油価格がマイナスになったとはどういうことですか?
2、原油価格がマイナスになると、株価にどのような影響を与えますか?
3、原油価格がマイナスの状況でやるべきことは?
4、こんな状況下でも、利益を出す方法はありますか?

本ブログ記事では、これらの疑問を解消していきたいと思います。

1、原油価格がマイナスになったとはどういうことですか?

「お金を払ってでも原油を売りたい!」

それが、原油価格マイナスの意味です。WTI原油先物(5月物)の価格が、マイナス40ドル程度まで下落しました。どうして原油価格がマイナスになったのか?メカニズムは以下のとおりです。

・コロナウイルス蔓延により外出自粛/自宅待機が続いている
・人々の消費活動が低下している。原油需要は数週間で30%減と言われている(例:外出機会が少なくなりガソリン消費量が減る)
・原油在庫の保管スペースがギリギリになる(かといって、原油の生産が止まるわけではない。いちお、4月9日のOPECにて減産を合意)
・保管スペース確保のため、お金を払ってでも原油を売りたくなる
・原油価格がマイナスになる(原油と一緒に現金がついてくる)

【OPECなど 原油価格引き上げ目指し減産合意へ詰めの調整】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200410/k10012379421000.html

原油価格がマイナスになるのは史上初・・・。逆オイルショックって感じですね。 ※今回はWTI原油先物(5月物)の価格がマイナスとなりました。別の国際原油価格指標であるブレントは、25ドル/バレル前後で推移しています(2020年4月21日現在)

2、原油価格がマイナスになると、株価にどのような影響を与えますか?

原油価格がマイナスになると(下落すると)、基本的に株価は下落します。一般的には、「原油の価格が安くなる→物の値段が安くなる→企業の売上が下がる→株価が下落する」というロジックがあります。したがって、原油価格がマイナスになると、株価は下落します。

その証拠に、2020年4月20日のNYダウの終値は23,650.44ポイントであり、前日比-592.05ポイント(-2.44%)下落しました。

NYダウの日足チャート(2020年4月20日)

また、2020年4月21日の日経平均株価の終値は19,280.78円であり、前日比-388.34円(-1.97%)下落しました。

日経平均株価の日足チャート(2020年4月21日)

3、原油価格がマイナスの状況でやるべきことは?

特に普段やるべきことと変わりません。株を買う前に設定した利益確定価格と損切り価格を守りましょう。株価が損切り価格を割れるようであれば、株をすぐに売却することをおすすめします。

株を買う前に利益確定価格と損切り価格を決めておくことの重要性は、記事「【株学習】株式投資では日々何をするか?」の「4、注文を入れる」の章にて解説しています。

また、利益確定価格と損切り価格の決め方は、記事「【株学習】利益確定/損切り価格の決め方」を参照ください。

4、こんな状況下でも、利益を出す方法はありますか?

こんな状況下でも、利益を出す方法はあります。原油価格の底を判断して、WTI原油(1671)の取引チャンスを狙ってください!WTI原油は原油価格と連動する形で値動きする金融商材(ETF)です。

以下のチャートで示すとおり、WTI原油は下落トレンドに入っています。が、日々チャートを観察することで、下落トレンドから上昇トレンドへの転換を狙ってみてください。

2020年4月21日、原油ETFの日足チャート

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, メルマガ, 推奨銘柄, 注文方法
-, , , ,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.