【株学習】底が見えない!コロナショックで下落する日経平均株価

こんばんは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

本ブログ記事では、コロナショックで全く底が見えない日経平均株価について解説します。

2020年3月16日週の取引が終わりました。日本証券取引所は暦通り3連休に入ります。したがって、世界中の株価が日本時間の木曜夜/金曜日に下がり続ければ、月曜日の日経平均株価の始値はかなり低くなります。“ダブルパンチ”をもらうイメージです。

本当に底がみえませんね・・・日経平均株価の月足チャートをみてみると、16,000円のラインで踏みとどまれるかどうかです・・・。もし、日経平均株価が16,000円を割れるようであれば、14,000円台まで下がると思ってください。

予想以上にコロナショックはでかいですね・・・コロナウイルス蔓延が長引くようであれば、経済に大きな傷跡を残すことになります。

来る上昇トレンドへの転換を待つのみです(^^♪

今週も取引お疲れさまでした。よい週末を!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。