知識 メルマガ

【株学習】株式投資の始め方【投資の目的設定】

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

株式投資を始めたいと思っているのですが、何から始めるべきでしょうか?

という質問にお応えします。

株式投資を始めるオーソドックスな流れは・・・

1、株式投資の目的を設定する
2、株式投資の種類(投資スタンス)を選ぶ
3、投資スタンスに合った本やセミナーで株式投資を学ぶ
4、トレダビ(無料ゲーム)で練習する ※「3」と同時並行で進めると良いです。
5、証券会社に株式投資用の口座を開く
6、証券会社の口座に入金する
7、実際に株を売買する

です。

本ブログ記事では「1、株式投資の目的を設定する」について、解説したいと思います。株式投資の第一歩(マインドセット)であり、ここを踏み外してしまうと損失につながるので、しっかり読んでみてください。

結論、株式投資の目的は「お金を稼ぐため」とし、ブレないようにしましょう。

株式投資を始める前に絶対すること-投資の目的を設定する

最近、こんな記事をみつけてしまいました。

【急に株への興味を持ち始めた夫……妻に向けて放ったひと言に驚きを隠せなかった漫画「えっ、まさかの??」】
https://urbanlife.tokyo/post/35780/

夫に「株買ってみたいんだけど」と相談され、承諾した奥さん・・・すると夫から「好きな銘柄選んで」と言われ様です。奥さんとしては「夫から信頼されている感」があったり、「ワクワク感」があったりと、株式投資を始める美しいきっかけとなっているようです。

こんなゆるい株式投資の始め方でよいのでしょうか?

いや、いけません・・・。株式投資をナメているのでしょうか笑。

株式投資の目的は、3パターンあります

僕は地元のフリーペーパー広告/ブログ/SNSから、年間80名以上の方から株式投資に関する問い合わせを受けています。友達からのちょっとした相談を含めれば年間100名以上の方々と、株式投資の話を聞いています

株式投資の話を聞くとき、僕から必ず質問することがあります。それは・・・

何のために、株式投資をやりますか?

です。

そして、この質問に対する回答はだいたい3パターンにわかれます。

1、お金を稼ぐため(今の収入では将来が不安・・・・)
2、特定の企業を応援するため(商品・会社・社長大好き・・・)
3、社会勉強のため(就職活動、新規事業立ち上げ・・・)

※たまに、「株主優待を取得するため」という方もいますが、株主優待目当ての株の取得は株式投資とは違うと個人的には考えているため、投資目的には含めていません。

株式投資の目的は“お金を稼ぐため”にしてください

株式投資の目的は“お金を”稼ぐため”とすることが重要です。その他の「特定の企業を応援するため」と「社会勉強のため」を目的とすると負けます(損失が出ます)。

株式投資の目的①:お金を稼ぐため

株式投資の目的を“お金を稼ぐため”とするのは、1番健全です。”お金を稼ぐため”とするべきです。そして、この目的を絶対にブラさないでください。ブラさないだけでも、投資効率は飛躍的にあがります。

日本人の心の中には“清貧”“お金をガツガツ稼ぐ=悪”“お金=汚い”というイメージが根強く残っていますが、そんな1円にもならない固定概念や美徳は捨ててしまった方が良いです。捨てられないなら株式投資には向きません。なぜなら、株式投資とはお金を稼ぐ手段だからです。

株式投資の目的②:特定の企業を応援するため

株式投資の目的を「特定の企業を応援するため」としている人がいます。これはいただけません。損失を出します。

「孫さんが好きだから、ソフトバンクグループやソフトバンクの株を持ちます」とか、「前澤前社長の人柄が好きだから、ZOZOの株を持ちます」とかは、はっきり言ってやめた方がいいです。

この手の人たちがどういう末路を辿るか・・・

ソフトバンクグループやソフトバンクの株は必ず上昇するはずだ。だって、あの孫さんが経営しているんだから

と、思い込んでしまい、ソフトバンクグループやソフトバンクの株価が下落しても株を持ち続けてしまいます。結果的に、保有株が塩漬け状態になるのがオチです。

※塩漬けの危険性に関しては、記事「【株学習】ダメ絶対!塩漬!」「塩漬けは絶対にしない。ロスカットを徹底する」を参照ください。

【株学習】ダメ絶対!塩漬!

塩漬けは絶対にしない。ロスカットを徹底する

したがって、特定の企業を応援するために株式投資を始めるのはやめましょう。

※特定の企業を応援するために株を買う人を否定するわけではありません。企業を応援するために株を買ってもいいと思います。ただし、損失を出しても絶対に文句は言わないでください。

株式投資の目的③:社会勉強のため

株式投資の目的を「社会勉強のため」としている人がいます。この目的も損失につながります

株式投資の目的を「社会勉強のため」とした場合、株式投資で損失を出したとしても、「社会勉強のためだから・・・」という言い訳をして、なぜ損失を出したのかに真摯に向き合わなくなります。

社会勉強をしたければ、経済ビジネス書や新聞を読んだりすればいいのではないでしょうか。そもそも、勉強はお金を払ってするものなので、株式投資で損失を出したからと言って文句を言わないでください・・・というのが、正直な話です。

結局、株式投資の目的も性格(メンタル)に影響を与える

株式投資で利益を出したければ、株式投資の目的を“お金を稼ぐため”とするべきです。ここはブラさないでください。株式投資の目的は・・・

勝てる株式投資=性格(メンタル)×方法

における“性格(メンタル)”に影響を与えるためです。

先ほどの「株式投資の目的③:社会勉強のため」の章でも触れましたが、「社会勉強のためだから・・・」という言い訳も、「損失と受け入れたくない」というメンタルに起因しています

結局、株式投資の目的を“お金を稼ぐため”とし、決めた方法(投資ルール)を黙々とやり続けることが、株式投資で利益を出す最短ルートになります。

もし、方法(投資ルール)に関して、ミクロ投資法に興味がございましたら、僕に問い合わせてください。本記事のコメント欄にコメントを頂いても結構ですし、僕に直接問い合わせて頂いてもかまいません。僕の問い合わせ先(電話番号、LINE ID)は、記事「株式投資教えます!無料相談実施中!」に記載されています。

株式投資教えます!無料相談実施中!

それでは。

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, メルマガ
-,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.