知識 メルマガ

【株学習】株式投資家の種類とは?【投資スタンスを決める】

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

「株式投資に興味があるのですが、株式投資家といっても色々な種類の方たちがいて、誰の言っていることを1番参考にするべきかがわかりません。参考にするべき投資家を選ぶヒントを教えていください」

という質問にお応えします。

確かに、世の中にはいろんな種類の投資家がいますよね・・・。投資家の種類(投資スタンス)は大きく分けて以下の3つです。

・デイトレーダー
・スイングトレーダー
・中長期投資家

そこで、本記事ではデイトレーダー/スイングトレーダー/中長期投資家の特徴を紹介し、みなさんがどの投資家の種類(投資スタンス)を選ぶべきかのヒントを提示したいと思います。

株式投資家のの種類(投資スタンス)とは?

先ほども述べたとおり、投資の種類(投資スタンス)は3種類あります。

・デイトレーダー
・スイングトレーダー
・中長期投資家

です。

これらの投資の種類(投資スタンス)について、一つひとつを説明していきます。

デイトレーダー(超短期投資家)

デイトレーダーは、日中の相場が開いているときに株の“買い”“売り”を実行してしまう投資家です。株を買い、株価が少し上がってはすぐに売る・・・これを何回も繰り返すことで利益を増やしていきます。日を跨いで株を保有する投資家は、デイトレーダーではありません。

テレビなどで、PCモニターを6つくらい並べて、日中ずっと画面を眺めながら株の売買を繰り返している投資家を見た方もいるのではないでしょうか?彼らがまさにデイトレーダーです。
※もちろん、スイングトレーダーや中長期投資家でもPCモニターを6つくらい並べている投資家はいます。

デイトレーダーは“投資家”というより“投機家”です。売買する株の会社がどんな事業を展開していて、業績がどうかなど全く関係ありません。“買い”と“売り”のタイミングのみで利益を出していきます。このタイミングだけで利益を出すことを“投機”と言います。
※したがって、FXトレーダーを“投資家”というのは間違いです。FXトレーダーは“投機家”です。

スイングトレーダー(短期投資家)

スイングトレーダーは、株を買ってから1日~2週間保有した後、株を売る投資家です。この「1日~2週間」に厳密な定義はありません。株式投資関連の本によって定義は異なります。
※僕自身はスイングトレーダーですが、1カ月半ほど株を保有したことがあります。

注意してほしいのは、「●●日間株を保有したら売る」というような期間を用いたルールで株を売買している投資家はほとんどいません。利益確定や損切りのタイミングは、「買値から何%で利益確定/損切りする」もしくは「チャート分析(テクニカル分析)で売りサインが出たから売る」のいずれか判断します。利益確定や損切りのタイミング(価格)の決め方は、記事「【株学習】利益確定/損切りのタイミング」を参照ください。

【株学習】利益確定/損切りのタイミング

僕の教えているミクロ投資法の場合は、例外的に「決算前に保有株を全て売る」というルールを設けています。決算前に保有株を全て売却する理由は、記事「【株学習】決算前に保有株をどうするか?」「ダメ絶対!決算発表のギャンブル投資」を参照ください。

【株学習】決算前に保有株をどうするか?

ダメ絶対!決算発表のギャンブル投資

中長期投資家

中長期投資家は、株を買ってから3週間~数年保有した後、株を売る投資家です。特に資産を1億円以上持っている投資家が多いです。というのも、デイトレーダーやスイングトレーダーのように頻繁に売買するには、資産が大きすぎるためです。

中長期投資家は、デイトレーダーやスイングトレーダのように「安く買って高く売る」というよりは、配当金で利益を上げています。

自分に合った投資家の種類を選ぶ-投資スタンスを選ぶ

「デイトレーダー」「スイングトレーダー」「中長期投資家」のどの種類(投資スタンス)を選ぶうえで重要なのが・・・

勝てる投資=性格(メンタル)×方法

ということを念頭に置く必要があります。株式投資で利益を出すためには、「自分の性格(メンタル)にあった株式投資法」を見つける必要があります。

では、「デイトレーダー」「スイングトレーダー」「中長期投資家」それぞれに向いた性格(メンタル)とはどういったものでしょうか?

デイトレーダー向きの性格:感情の切り替えが早く、ちょっと失敗したくらいでは心が乱れない性格
スイングトレーダー向きの性格:世の中のトレンドに敏感であり、フットワークの軽い性格
中長期投資家:冷静沈着に物事を分析でき、のんびりと待てる性格

実は、自分にあった投資家の種類(投資スタンス)を選ぶのはとても難しいです。なぜならば、人間、お金が絡むと性格が変わるためです。例えば普段のんびりとした人でも、ちょっと含み損がでれば「やばいやばい」とすぐに損切りしてしま人がいます。普段の自分とお金が絡んだ自分は変わるのです。自分の性格は、実際に株式投資をやってみないとわからない部分でもあります。

※根本的に株式投資に向いている性格に関しては、記事「【株学習】株式投資に向いている性格とは?【ルール厳守】」で解説しているしているので、ぜひ、読んでみてください。

【株学習】株式投資に向いている性格とは?【ルール厳守】

自分に合った投資家の種類がわかると、参考にするべき投資家がわかる

自分に合った投資家の種類(投資スタンス)を選んだ後は、具体的に誰が言っていることをベースに勉強するべきかが気になると思います。各投資家の種類(投資スタンス)で著名な投資家は以下のとおりです。

著名なデイトレーダー:BNF
著名なスイングトレーダー:フリーパパ、DUKE、ウィリアムオニール
著名な中長期投資家:ピーターリンチ、ウォーレンバフェット

僕はスイングトレーダーであり、正直、デイトレードや中長期投資には詳しくありません。スイングトレードに関しては、フリーパパ、DUKE、ウィリアムオニールの書籍がとても参考になりました。ぜひ、3者の書籍を読んでみてください。

ゼロから純資産5億円を築いた私の投資法
1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術
オニールの成長株発掘法

そもそも、投資家の種類(投資スタンス)を決める必要があるの?-はい、あります。

ここまでブログを読んで、以下の疑問を抱く方々が多いと思います。

デイトレード、スイングトレード、中長期投資家のうちどれか一つを選択しなければならないのですか?日中は仕事をしているので、必然的にスイングトレードか中長期投資家に選択肢が絞られます。スイングトレードと中長期投資家の両方を選択することは可能ですか?

投資家の種類(投資スタンス)は必ず一つに絞りましょう。なぜなら、投資家の種類(投資スタンス)によって、戦い方が違うためです。戦い方が違うと言うことは勉強するべき内容も違います。

投資家の種類別勉強内容とは?

デイトレーダーを投資家の種類(投資スタンス)として選ぶ場合は、チャート分析(テクニカル分析)を勉強しましょう。ファンダメンタル分析(世界情勢の分析、業界分析、企業分析など)を勉強する必要はありません。

スイングトレーダーを投資家の種類(投資スタンス)として選ぶ場合は、チャート分析(テクニカル分析)とファンダメンタル分析の両方を勉強しましょう。どちらもそこまで深い勉強はいりません。チャートはローソク足の見方程度は勉強しましょう。ファンダメンタル分析は企業分析(主にPL)に特化して勉強すれば大丈夫です。
※スイングトレードである「ミクロ投資法」に興味がある方は、ぜひ、ご連絡ください。連絡先は記事「株式投資教えます!無料相談実施中!」に記載されています。

株式投資教えます!無料相談実施中!

中長期投資家を投資家の種類(投資スタンス)として選ぶ場合は、ファンダメンタル分析(世界情勢の分析、業界分析、企業分析など)を徹底的に勉強しましょう。スイングトレーダーは企業分析では主にPLを見ればよいですが、中長期投資家の場合はBSまでしっかり読み解きましょう。

スイングトレーダーと中長期投資家の両方を極められるか?-無理です。おすすめしません

スイングトレーダーと中長期投資家の両方を志す人がいますが、全くおすすめしません。ほぼ確実に負けます。というのも、僕もスイングトレードと中長期投資の両方をやろうとしたことがありますが、途中でルールがごちゃごちゃになります。

損切りラインに到達したから売らなければならない・・・でも、ファンダメンタル分析の結果は非常にいい。
よし!スイングトレードから中長期投資に切り替えよう!

と、判断することになり、結局株を塩漬けにしてしまう可能性が非常に高くなります。素直に負けを認められない・・・「きっと上がるだろう」と思ってしまっている時点で、性格(メンタル)に投資が支配されています。「きっと上がるだろう」と思っている時点で負けているのです。投資のルールからは感情を一切排除するべきです。

このような負けに陥っている根本的な原因は、投資の種類(スタンス)がスイングトレーダーなのか中長期投資家なのかが曖昧だからです。

こうならないためにも、投資の種類(スタンス)は必ず一つに決定しましょう

僕は断然、スイングトレーダーをおすすめします

素直に「スイングトレーダーはいい」と思っています。スイングトレードの良い点は、やはり仕事をしながら無理せず株を売買できることです。注文を入れておけば勝手にシステムが自動売買してくれます。デイトレーダーのように日中株の値動きを見続ける必要がありません。

また、スイングトレードは中長期投資に比べて着実にかつ小まめに利益を出し続けることができます。中長期投資で株を買って、数年経っても利益が出ていなければ悲しくなりませんか?今回のコロナショックのように一気に株価が下がったら、「今まで保有し続けた意味はなんだったのか?」と途方に暮れることになりませんか?スイングトレードでは小まめに利益確定するので、そんな心配はありません。

みなさんもぜひ、投資の種類(投資スタンス)を一つに決めて、株の売買をやってみてください

それでは。

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, メルマガ
-,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.