知識 ビジネス メルマガ 副業

休み方が分からない【生産性向上/うつ回復】

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

「効率的な休み方はないか?」「休み方が分からない!」と思っている方々向けです。

新型コロナウイルス蔓延により企業にテレワークが導入され、生産性が向上しています。特に、朝の通勤時間の削減にメリットを感じている人が多いのではないでしょうか?会社と家の往復で1日1時間の通勤時間が発生したとすると、月20営業日で20時間も“時間が浮く”ことになります。単純計算で年換算すると、240時間です・・・ものすごい時間ですね。

また、昨今では“働く方改革”という大義名分のもと、“残業禁止”“定時退社”を推進する企業も増えてきています。そうすると、家にいる時間・・・いわゆる余暇が増えます。“自分の時間”が増えるわけです。

自分の時間”の使い方としては“休む”“副業”“家族サービス”などがあると思いますが、この“休む”と“副業”に関して問題を抱えている人が多いと思います。

この根底には「休み方がわからない」がありますので・・・

・休むことの重要性
・効果のある休み方

を、本記事では解説したいと思います。

僕自身、上手に“休む”ことを研究/実践して、うつ状態から回復したり、「副業の収益>会社員としての年収」を実現できているので参考になると思います。

“休む”にしても、休み方がわからない

人間急に自分の時間が増えると「何をしたらいいか」がわからなくなります。これは、バリバリと働いていた人こそ陥ります。僕は仕事のやりすぎでうつ状態になり半強制的に休まざるを得なくなりましたが、「休日をどう過ごせばいいのか?」が全くわかりませんでした。土日も関係なしに働いていたためです。

“休む”ことはとても重要です。特に睡眠時間の十分にとる必要があります。「睡眠不足の状態」は「お酒を飲んだ状態」と同じくらい生産性が低下すると言われています。「知っていますか?『睡眠不足』が起こす仕事への弊害」という記事から引用すると・・・

起床から17時間起き続けている場合、呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラムの酒帯び運転と同程度のパフォーマンスが低下することが分かった。

とのことです。

【知っていますか?「睡眠不足」が起こす仕事への弊害】(商業界オンライン)
http://shogyokai.jp/articles/-/1519

「起床から17時間」・・・ということは、「最低7時間は寝ろ」ってことなんでしょうね。もちろん、適切な睡眠時間には個人差はあると思いますが。

「酒は飲んでも、酒に飲まれるな」と、「二日酔い」は気を付けるビジネスマンが多いかもしれません。しかし、「短い睡眠時間」を気にするビジネスマンは少ないのではないでしょうか。

副業するにしても“休む”必要である

副業を始めるにしても“休む”ことが非常に重要になります。僕は副業(株式投資の塾の運営)/フリーランス(ITシステム導入コンサルタント)の両方を経験していますが、副業/フリーランスでは永遠に仕事ができてしまいます。

しかも、副業/フリーランスには働いたら働いた分だけ、見返りがくる(収入がアップする)という“中毒性”があります笑

したがって、必然的にタイムマネジメントスキルが必要になります。タイムマネジメントスキルといっても大したことはなく、仕事の時間と休む時間を決めるだけです。

そして、休む時間が確保できたとしても、「休み方がわからない」「効率的に休むためにはどうすればいいんだ?」という問題に直面するわけです。

うつ状態も克服・・・究極の休み方を紹介します

僕自身うつ状態で苦しんでいた時に、休み方について色々研究し、実践してきました。その中でも、非常に効果があったものを厳選して紹介したいと思います。

とにかく、睡眠時間を確保する

睡眠時間を確保する」は、“休む”上での必須事項です。上記で「知っていますか?『睡眠不足』が起こす仕事への弊害」という記事を取り上げましたが、睡眠時間は最低7時間はとりたいところです。

睡眠不足はうつ状態やうつ病にとどまらず、仕事中の居眠り/生活習慣病/認知症のリスクにもつながります。睡眠不足には何もいいことはありません。

【睡眠不足が招く生産性低下】
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO30413280R10C18A5EA1000/

アマゾンの最高経営責任者(CEO)兼創業者のジェフ・ベゾフは、睡眠時間を8時間確保しているのは結構有名な話です。

【睡眠は8時間、夕食の後は皿洗い?世界で最も裕福なジェフ・ベゾス氏の暮らしとは】
https://www.businessinsider.jp/post-163381

呼吸と歩数をリアルタイムで数える

頭から余計な思考を排除するために、リアルタイムで呼吸や歩数を数えてみましょう

今の呼吸を「1,2,3,・・・」と数えていきます。そのとき、唇に当たる空気を感じてみましょう。あったかいですか?ちょっと冷たいですか?鼻からの空気も感じてみましょう。空気が口から気道に入り、肺に到達するイメージももってみましょう。空気を吐くときにも、口や鼻を通る空気を感じましょう。

歩くとき「1,2,3,・・・と歩数を数えましょう。数えながら、かかとからつま先に足が地面を蹴る感覚に集中してみましょう。普段気にしたことがないかもしれませんが、腕が振れているのに意識を向けてみましょう。顔に当たる風邪を感じてみましょう。あったかいですか?冷たいですか?耳からは何が聞こえてくるでしょうか?

このように、意識を呼吸や歩行に集中すると、脳から余計な思考が消えていきます

「呼吸と歩数をリアルタイムで数える」でのポイントは“今ココ”に集中することです。これはマインドフルネスとも呼ばれています。

マインドフルネスにつながる瞑想

マインドフルネスと結びついた“休む”の中に、瞑想もあります。「瞑想=頭を空っぽにすること」というイメージがありますが、実際に頭を空っぽにするのは至難の業・・・といっても、そもそも頭を空っぽにしなくても瞑想状態を作り出すことは可能です。頭に浮かんできたことに対して、「あー、こんなことが頭に浮かんできたか~」とやさしく受け止める(認知)するだけで、自然と心は落ち着き、瞑想状態に入れます。

瞑想に関しては、僕の知人がわかりやすい動画をYouTubeにアップしているので、こちら↓を視聴してみてください。

マルチタスクの娯楽をやめる

絵を描いたり、ゲームをしたり、本を読んだり・・・興味関心に人それぞれ違った娯楽(遊び)があると思います。娯楽が何もなくて「休み方がわからない」場合は、とりあえずなんでもいいので興味をもったものをやってみましょう

ここで1つ大切なことがあります。

娯楽をするにもマルチタスクはやめましょう。

ここで言うマルチタスクとは、複数の娯楽を同時並行でやることです。

僕は「休み方がわからない」状態のとき、「とりあえず大学時代ぶりにゲームで買ってやるか~」と思い、秋葉原のブックオフでPSPとパワプロを買ってやり込みました。これは悪い事例なのですが、一時期、パワプロをやりながらスマホでは「ダイヤのエース」を垂れ流しにしてました。これが、マルチタスクです。
※どこまで野球が好きなんだ・・・って感じですね笑。

パワプロをやるならパワプロをやる。ダイヤのエースを視るならダイヤのエースを視る。娯楽の同時並行は“休む”の効果を低減します。人間の脳ではマルチタスクができてしまいますが、それは脳を働かせてしまっていて、休ませていることにはなりません。注意してください。

昼寝する

お昼休みには積極的に昼寝しましょう。実は効率的な昼寝の方法があります。書籍「When 完璧なタイミングを科学する」(ダニエル・ピンク著)で紹介されている手法が非常に効果的です。

カフェイン-コーヒーとして摂取されることが多い-摂取後、10分から20分の昼寝をすることが、眠気の予防とパフォーマンスの向上のために理想的なやり方

>>When 完璧なタイミングを科学する

これで、頭スッキリの状態で午後の仕事にも取り組めます。

昼寝の効果はNASA(アメリカ航空宇宙局)で研究されており・・・

昼に26分間の仮眠で、認知能力が34%、注意力は54%も向上

が、報告されています。

【パワーナップ(積極的仮眠)で人生のパフォーマンスが上がる】
https://www.philips.co.jp/a-w/about/news/archive/standard/about/blogs/healthcare/20190301-blog-powernap-for-good-sleep.html

ぜひ、昼休みに昼寝を実践してみましょう!

お笑い動画で集中時間を2倍にする

また、昼休みにお笑い動画を見ることもおすすめしますお笑い動画を仕事と仕事の合間に見ると、集中時間が2倍になるそうです。これは、メンタリストDaiGoのYouTube動画「集中時間を2倍にする方法」で解説されていました。

個人的におすすめしているのはYouTubeの「エガちゃんねる」です。完全に30代40代の男性向けですが・・・。「笑い」もそうですが、「学び」にもつながります。記事「YouTube『エガちゃんねる』登録者数増から学ぶ-アクション付」を参照ください。

かわいい動物の動画で生産性を9%アップさせる

他にも、「かわいい猫とか犬など動物の動画を仕事と仕事の合間にみると生産性が9%向上する」といった内容もメンタリストDaiGoのYouTube動画「勉強や仕事の合間に見ると生産性が上がる動画はこちら」で紹介されています。

メンタリストDaiGoのYouTubeチャンネルは定期的に見てみるとよいです。株式投資で成果を出すには、自分のメンタルと上手につきあっていく必要があります。そいった意味でも、心理学系の情報を提供してくれるメンタリストDaiGoのYouTubeチャンネルはとても役立つ知見を提供してくれます。

休み方で投資効率が向上する

本ブログで何度も紹介していることですが・・・

勝てる株式投資=性格(メンタル)×方法

です。性格はほぼ変えられないものですが、意識的にコントロール可能な「メンタル」に関しては対処しようがあります

メンタルの状態をほぼ一定に保つことは、株式投資で成果を上げるための必須スキルとなります。大きく利益が出てウカウカしたメンタルでは、次の株式投資でファンダメンタル分析やテクニカル分析が甘くなります。「これぐらい分析すればいいでしょ?買っちゃえ!」という気分になってしまうわけです。はたまた、大きな損失を出しクヨクヨしたメンタルでは、思い切った株式投資ができず、チャンスを逃してしまうことにつながります。

株式投資で成果を出すには、ファンダメンタル分析やテクニカル分析分析を駆使して投資ルールを確立/遵守する(方法を磨き込む)ことも大切ですが、メンタルを健全に保つこともとても重要になります

そんなメンタル健全のためにも、“休む”工夫を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは。

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, ビジネス, メルマガ, 副業
-, , ,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.