知識 推奨銘柄

【検証済み】コロナショック後に株価上昇が期待できる銘柄

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログ記事では

「コロナショックで多くの銘柄の株価が下落して、優良株を安く購入できるチャンスかと思いますが、どの銘柄に注目していればよいでしょうか?」

という質問にお応えします。

世界的には新型コロナウイルス感染者は増えていますが、投資家は楽観的になってきています。

ファンダメンタル分析的には、各国の財政政策/金融政策、日本の緊急事態宣言などにより、

これなら世界経済は持ちこたえるだろう

と、投資家の期待は高いです。

また、チャート分析的には、3月24日にマザーズ指数で“フォロースルー”が観測されており、すでに日経平均株価などの大きな流れは下落トレンドから上昇トレンドに転換していると言えます。

※コロナショック時のフォロースルーの詳細に関しては、記事「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。

多くの投資家が「もうすでに新型コロナウイルス蔓延による経済へのダメージは織り込み済み」と判断している様に感じます。
こんな状況下で、安い優良株をとにかく買い漁っておくことは、投資戦略としては理にかなっています。
しかも、日経平均株価などの大きな流れが下落トレンドから上昇トレンドへ転換しているタイミングでの株購入は、大きく利益を得られるチャンスです。

では、注目しておくべき以下の銘柄を順に説明していきたいと思います。

・ブイキューブ(3681)
・チェンジ(3962)
・レーザーテック(6920)
・ホロン(7748)

コロナショック後に株価上昇が期待できる銘柄1:ブイキューブ(3681)

新型コロナウイルス蔓延に伴い、テレワークを導入する企業が増えています。

Skype、Meet Now、ZOOMなど、時間と人数をある程度制限すれば無料で利用できるサービスが増えてきました。
しかし、ZOOMのセキュリティ問題が浮上してからというもの、「無料のネット会議システムは大丈夫なのか?」という不信感がユーザー内で高まっています。

「無料ではない会議システム」の代表格としては、Mee2Box(ナレッジスイート社)、ベルフェイス(ベルフェイス社)、そして、V-CUBEミーティング(ブイキューブ社)があげられます。
このうち、上場しているのはナレッジスイート社とブイキューブ社です。
ナレッジスイート社の株価とブイキューブ社の株価を比較すれば一目瞭然ですが、ブイキューブ社の株価の方が勢いがあります。

投資家もブイキューブ社に期待しているのではないでしょうか?

※2020年4月16日現在、ベルフェイス(ベルフェイス社)は5月31日まで無償で提供されるとのことです。

※テレワーク銘柄として大塚商会も投資家の間で話題に上がっていますが、僕が教えているミクロ投資法は“小型株”を対象としているため大塚商会は投資対象としません。

ナレッジスイートの日足チャート(2020年4月16日)

ブイキューブの日足チャート(2020年4月16日)

コロナショック後に株価上昇が期待できる銘柄2:チェンジ(3962)

4月16日に良い材料(ニュース)が出ましたね。

企業における集合研修の全面オンライン移行に向けたソリューション提供開始のお知らせ」は投資家心理が改善されてました。

【企業における集合研修の全面オンライン移行に向けたソリューション提供開始のお知らせ】
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3962/tdnet/1817029/00.pdf

チェンジ社自体はビジネスプロセスに入り込んだ生産性の向上とデジタル人材育成事業に注力しており、デジタルトランスフォーメーションニーズが高まっている市場において確固たる地位を築きつつあります。
「集合研修の全面オンライン化」は、まさにデジタル人材育成事業の知見とIT企業としてのバックボーンが生み出した、チェンジならではサービスだと思います。
僕自身、2019年に何度かチェンジ株を売買させていただきました。

チェンジに関してはもう1つ材料(ニュース)が出ています。

【子会社のトラストバンク、LGWAN で使える国内初の自治体専用チャット「LoGo チャット」の導入が 200 自治体(10 万アカウント)に到達】
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3962/tdnet/1815639/00.pdf

なんか良さげな材料の様に感じますが、こちらの材料はあまり気にする必要はありません。
業績/株価に大きな影響を与えるほどのニュースではないと思うからです。
自治体に対してサービス自体は無償提供しており、利益に直結していません。
また、自治体のマーケットを開拓したところで市場規模はたかがしれています。
「LoGo チャット」導入の材料は気にせず、チェンジのその他の事業に期待しましょう。

チェンジの日足チャート(2020年4月16日)

コロナショック後に株価上昇が期待できる銘柄3:レーザーテック(6920)

コロナショック後の本命中の本命銘柄ですね。

「レーザーテック・・・よくぞここまで株価が落ちてくれたな・・・ありがとう!」

レーザーテックは半導体検査装置でシェアNo.1です。
しかも独占状態です。

装置自体の値段は1台40億円と言われています。
レーザーテックの019年6月の売上実績は287億円なので、たった1台売れるだけで売上業績が14%も上昇します。
比較的小さい企業が高単価製品を売れるようになると、短期間で業績がすこぶる上昇するようになります。レーザーテックはおいしすぎる銘柄なわけです。

【レーザーテック社長:40億円の半導体検査装置、夏に追加受注も】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-11/PNX5LV6S972901

ただ、「アメリカのフィデリティ傘下の銀行「FMR」が保有株を減らした」という悪い材料も出ています。

【レーザーテクについて、米フィデリティ傘下FMRは保有割合が5%未満に減少したと報告】
https://kabutan.jp/stock/news?code=6920&b=n202004070668

投資家としては「あれ?機関投資家がレーザーテックに見切りをつけ始めた?もう株価の大きな上昇はないかも・・・・」と不安になります。
このように、「材料でる⇒投資家心理が揺れる⇒株価が動く」という流れを考慮しながら、自分自身の投資ルールを磨き込んでいきましょう。
僕の経験上、「機関投資家1社2社が保有株を増加/減少させたところで、株価はそこまで影響を受けない」ということはわかっています。

コロナショック後に株価上昇が期待できる銘柄4:ホロン(7748)

5Gやスマホの普及が進み、半導体の高度な微細加工技術が求められています。
そうなってくると、「ちゃんと微細設計したとおりに半導体は加工されているのだろうか?」を確かめる必要が出てきます。
確かめるには目で見た方がよく、目で見るためには超高解像度の顕微鏡が必要になってきます。その超高解像度の顕微鏡を提供しているのが、ホロンです。

レーザーテック同様、半導体関連銘柄と言えます。
半導体の微細化技術の向上は今後の大きな課題と言え、「ちゃんと加工されているかを確認したい」というニーズを満たし続けられれば、ホロンの業績も安泰と言えます。

ホロンの日足チャート(2020年4月16日)

更新情報:結果公開!コロナショック後に株価上昇が期待できる銘柄の株価の動きは?(2020年4月6日)

僕は前々からブイキューブ、チェンジ、レーザーテック、ホロンに注目しており、トレダビを活用することで自分の投資ルールの検証に入っています。

現在のトレダビの結果は添付ファイルのとおりです。


※NTTドコモはKDDIやソフトバンクより先に5Gサービスの展開したことで注目されています。
が、業績が良いわけではないので注目する必要はありません。
NTTドコモをトレダビで購入したのは、ただ単に“チャート”の形が良かったためです。

2020年4月6日現在ではどの銘柄も評価益を出せていますが、今後、全ての銘柄で利益を出せるとは思っていません。
(逆に、全ての銘柄で利益を出せる様であれば、投資ルールを疑った方がいいです)

僕の投資生活では、毎日30分程度で優良銘柄を検索し、優良銘柄を見つけては買いのタイミングをはかるという作業を続けています。

※優良銘柄の検索方法は、記事「【株学習】新高値更新銘柄の一覧の出し方【Kabutan】」で詳しく解説しています。
僕自身は基本的に新高値更新銘柄を売買しています。

本ブログで「コロナショック後に株価上昇が期待できる銘柄」として紹介した、ブイキューブ、チェンジ、レーザーテック、ホロンの株価がどこまで上昇していくか観察していきましょう。

みなさんの投資のヒントになれば幸いです。

更新情報:結果考察!ブイキューブ、チェンジ、レーザーテック、ホロン(2020年7月11日)

ブイキューブの株価は、利益確定の目標価格より先に損切り価格に到達してしまいました。
チェンジ/ホロンの株価は、利益確定の目標価格に到達しました。
レーザーテックは決算前に全ての保有株を売却することになりましたが、結果は出せています。

それでは、ブイキューブ、チェンジ、レーザーテック、ホロンについて一つひとつ解説していきたいと思います。

ブイキューブ

本記事が公開された2020年4月16日の翌営業日にあたる4月17日の始値で、ブイキューブ株を購入した場合・・・

2020年4月17日の始値:1,415円
2020年4月17日の高値:1,445円
2020年5月18日の安値:999円
最大株価上昇率:+2.12%
最大株価下落率:-29.4%

18営業日で株価は-29.4%も下落しています。

ブイキューブ株に関しては、株を買うタイミングを改善する必要がありそうです。

ブイキューブの日足チャート(2020年7月11日)

チェンジ

2020年4月13日にチェンジの株価は75日移動平均線を超えました。

翌営業日の2020年4月14日の始値でチェンジ株を購入した場合・・・

2020年4月14日の始値:3,295円
2020年5月8日の高値:4,490円
2020年4月14日の安値:3,245円
最大株価上昇率:+36.3%
最大株価下落率:-1.52%

15営業日で株価は36.3%も上昇しています。
※2020年5月15日がチェンジの”2020年9月期第2四半期決算”の発表日であるため、2020年5月8日の高値を最大株価上昇率算出の基準としています。
決算発表後にもチェンジの株価は上昇し続けています。

チェンジの株価上昇理由や売買タイミングに関しては、記事「【株価急上昇】DX銘柄チェンジの完全解説【結果つき】」で解説しています。

ぜひ、読んでみてください。

レーザーテック

2020年4月8日にレーザーテックの株価は75日移動平均線を超えました。

翌営業日の2020年4月9日の始値でレーザーテック株を購入した場合・・・

2020年4月9日の始値:5,500円
2020年4月28日の高値:6,290円
2020年4月13日の安値:5,170円
最大株価上昇率:+14.4%
最大株価下落率:-6.0%

14営業日で株価は14.4%も上昇しています。

レーザーテックの株価上昇理由や売買タイミングに関しては、記事「【株学習】レーザーテック株価の完全解説【売買タイミング付き】」で解説しています。

ぜひ、読んでみてください。

最大株価上昇率を計算する上で、2020年4月28日の高値を基準としています。
2020年4月28日の高値を基準としている理由は、2020年4月28日がレーザーテックの“2020年6月期第3四半期決算”の発表日だったためです。

ミクロ投資法では、“決算発表前に保有株を全て売却する”ルールを設定しています。
詳細は記事「【株学習】決算前に保有株をどうするか?」を参照ください。

ホロン

2020年4月15日にホロンの株価は75日移動平均線を超えました。

翌営業日の2020年4月16日の始値でホロン株を購入した場合・・・

2020年4月16日の始値:5,030円
2020年5月12日の高値:7,340円
2020年4月22日の安値:4,890円
最大株価上昇率:+45.9%
最大株価下落率:-2.78%

15営業日で株価は45.9%も上昇しています。

ホロンの株価上昇理由や売買タイミングに関しては、記事「【株学習】ホロン株価の完全解説【売買タイミング付き】」で解説しています。

ぜひ、読んでみてください。

最大株価上昇率を計算する上で、2020年5月12日の高値を基準としています。
2020年5月12日の高値を基準としている理由は、レーザーテックの事例と同じです。
2020年5月12日がホロンの“2020年3月期決算”の発表日だったためです。

買いより売りの方が難しい・・・

チェンジ、レーザーテック、ホロンの最大株価上昇率を並べると以下のとおりです。

チェンジの最大株価上昇率:+36.3%
レーザーテックの最大株価上昇率:+14.4%
ホロンの最大株価上昇率:+45.9%

これだけの最大株価上昇率を並べると以下のような疑問を持たれる方がいると思います。

「最大株価上昇率は都合の良い数値でしょう?
ミクロ投資法のルールに従えば株価が大きく上昇する銘柄を選択できるのは分かりますが、利益確定のタイミング/価格はどのように決定すればよいのでしょうか?」

はい。“株は買いより売りの方が難しい”と言われており、上記の内容では“決算前に保有株を売却する”というルールしか紹介できていません。

実は、利益確定のタイミング/価格の決め方は、記事「【株学習】利益確定/損切りのタイミング」で解説しています。

ミクロ投資法の場合は、“買値から〇〇%以上の価格を利益確定価格する”を厳密に決めています。

もし、「利益基確定のタイミングや価格が決められない」「株を売った後に株価が上昇するケースを何度も体験した。ショックだった」という方がいましたら、ぜひ、記事「【株学習】利益確定/損切りのタイミング」を読んでみてください。

それでは

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, 推奨銘柄
-, , , ,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.