」カテゴリーアーカイブ

【株学習】株式投資では日々何をするか?

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

すでに運営がスタートしている株式投資塾ミクロ投資法は、「最小努力、最大利益」をコンセプトに着々と進化してきています。本ブログでは、「株式投資では日々何をするのか?」について解説します。いわゆる「ルーティン」です。

1日30分で完了する投資法を公開

私が教えているミクロ投資法の肝は、「1日30分で完了する」です。本ブログでは、毎日30分間で何をしているのかをサッと紹介します。やってることは以下のとおり。

1、最大75企業の業績を約13分でチェックする
2、「1」で気になった企業の株価チャートをチェックする
3、「2」で気になった企業の業績に関して、約10分で深堀りチェックする
4、注文を入れる

実際「1」だけで終わる日がほとんどなので、実質15分もかかっていないのが現状です。

時間もない、お金もない人生の終焉を実現する

世の中働き方改革が騒がれ、“会社での”残業は減ってきてはいると思います。そうなると2パターンの社会人が発生します。

①“会社”では残業できないので、消化しきれていない仕事を家に持ち帰ってやる(もちろん、サービス残業なので残業代はでない)
②会社で仕事は消化しきれてしまい、残業できなくなり残業代が減る。

結局、「時間もない!お金もない!社会人」は増えているのです。僕の場合は、消化しきれていない仕事を家に持ち帰ってやって・・・、からの、仕事のやりすぎで体調を崩し、4年間まともに働けなくなってしまいました。

ただ、その4年間で今みなさんに紹介している“ミクロ投資法”を開発できたので“不幸中の幸い”とも言えるのですが笑。

※私の投資目的に興味がある方は、以下のブログの記事を読んでみてください。3年前に書いた記事ですが、今も昔も全く意識は変わっていません。

【ひとそれぞれの投資目的】
https://k-zma.net/%E6%8A%95%E8%B3%87%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%AF%E6%99%82%E9%96%93%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%9A%E3%81%AB%E3%81%8A%E9%87%91%E3%82%92%E7%A8%BC%E3%81%90%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%99

ここからは、上述したミクロ投資法「1~4」のやり方の概要を説明していきます。

1、最大75企業の業績を約13分でチェックする

“最大75企業”と書いていますが、その時の相場によっては数社の業績チェックで終わるときもあります。

では具体的に何をしているかと言うと・・・

株探(https://kabutan.jp/)という無料投資サイトで、チェックする75銘柄を絞り込みます。75銘柄を本日の株価上昇率が高い順に並べかえ、上から順に業績を見ていきます。チェックする業績の場所は、画像に赤枠で示しているとおりです。

業績と一言で言っても「売上高」「経常益」「最終益」「1株益」がありますが、どの業績が前期比(%)で何%増なら投資候補とするかが明確に決まっています。したがって、全く時間がかかりません。

“最大75企業”も見るのに「ウッ」と感じる人もいるかと思いますが、一瞬で「この銘柄はあり」「この銘柄はなし」の判断ができるようになります。

2、「1」で気になった企業の株価チャートをチェックする

そもそもチャートとは何か。

チャートとは、株価の上がり下がりをイメージ化したものです。株価の上がり下がりが「パッと」みれるので、「この銘柄の株を買っていいか?」「買うとしたらどのタイミングで買おうか」「売るとしたらどのタイミングで売ろうか」を瞬時に判断できます。

そして、チャートには色々な種類があります。

日足チャート、週足チャート、月足チャート、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、RCI・・・などなどです。どれもそれぞれに対して“用途”があるのですが、ミクロ投資法でみるのは「日足チャート」と「週足チャート」だけです。他は解説できるまでに研究しましたが、結局、「日足チャート」と「週足チャート」だけに落ち着きました。

チャートの見方もルール化できているので、一瞬で「この銘柄はあり」「この銘柄はなし」の判断ができるようになります。
 

3、「2」で気になった企業の業績に関して、約10分で深堀りチェックする

「1」「2」で絞った企業の業績を深堀します。「1」でも業績をチェックしましたが、それは業績予想と過去業績の前期比(%)を見ただけです。「3」では業績予想、前期業績、前々期業績をみます。

次に、「何でみるか」ですが、「四季報オンライン」を活用します。四季報オンラインは無料でもみれますが、無料だと「業績予想」がみれません。本格的に投資をするのであれば、最低限「ベーシックプラン(毎月1,080円)」には申し込みましょう。四季報は“企業の辞書”であり、“投資家のバイブル”です。

4、注文を入れる

注文を入れる前に必ず決める価格が3つあります。

①買う価格
②利益確定の価格
③損切りの価格

3つの価格を決めてから注文を入れてください。3つの価格を決めることは、“投資計画”を立てることを意味します。

そして、注文を入れたら絶対にその注文を変更しないでください。含み益や含み損の大きさによって、「もう満足だから利益確定しよう」とか、「いやいやそのうち株価は上がるから損切り価格を下げよう」とか、色々な感情が湧いてきますが、いったん決めた投資計画を変更するのは絶対にやめましょう。

なぜ投資計画を変更してはいけないか。それは、投資のPDCAをまわせなくなるためです。投資計画(P)は守る(D)ことができて初めて、投資改善(C,A)ができようなります。

ですので、注文を入れたら「ほったらかし」にするべきなのです。画面をにらみ続ける必要は全くありません。むしろ画面を見ない方がメンタルが安定して、投資成績も安定します。

以上が「株式投資では日々何をするのか?」の概要になります。詳細については、株式投資塾ミクロ投資法にて教えていますので、興味がある方は下にあるコメント欄にてご連絡ください。よろしくお願いします。

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


【株学習】株価急上昇!5Gでオススメのドコモ

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログ記事では、株価が急上昇したドコモ(9437)について解説します。

3月22日付の動画で解説したとおり、ドコモ株は力強い上昇を見せております。


ドコモ株が急上昇した背景として、もちろん、5GサービスをKDDIやソフトバンクに先行して提供し始めたというのもありますが、以下の2つの要因にも注目しておくべきです。

1、3月19日、日経平均株価の下落に対して、ドコモの株価は急上昇していた
2、3月24日、主要な株価指数の1つであるマザーズ指数でフォロースルーが観測されていた

ドコモ株自体が上昇の強さをもっていた、かつ、大きな流れの上昇に後押しされた・・・そりゃ急上昇しますよね。本日のドコモ株の終値は3,475.0円であり、前日比+170.0円(+5.14%)も上昇しました。

また、ドコモの株価チャートでは、強い“買いサイン”が複数見られました。そこら辺の株価チャートの見方は「ミクロ投資法~テクニカル分析編~」で教えていきたいと思います(^^♪
それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


【株学習】ボロ株を買うべきか?

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログでは参考書籍として紹介している「インベスターZ」(三田紀房著)に、少しイチャモンをつけますね笑。

ボロ株は買うべきではない

インベスターZ第2巻に「株はボロ株を見ろ」というのがあります。平たく言ってしまうと、「今は株価がめちゃめちゃ安いが、将来的に業績が上がり、株価が上がる企業を見つけて、そこの株を買え」ということです。

はい。そういう投資家もいます。

しかし、ボロ株を買って利益を得るには2つの壁があります。

①将来的に業績が上がる企業は見つけにくい
②株価が上がるのに時間がかかる

特に①がめちゃめちゃ難しい。世界情勢を見ながら、市場全体の伸び率、市場シェア、自社の強み、ポジショニングetc・・・からの業績の見通し、からの株価の見通しを立てるのが至難の業です。

ミクロ投資法では上記の中では「業績の見通し」を、株探や四季報オンラインでみるだけですので、そこまで小難しいことは考えませんのでご安心を。

次回のブログでは、「②株価が上がるのに時間がかかる」について解説しますね(^^♪

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


【株学習】コロナショックの底?日経平均株価はどうなる?

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本日ブログ記事でも、フォロースルー発生後の日経平均株価について解説します。
※コロナショック時のフォロースルーに関しては記事「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。

本日の日経平均株価株価の終値は18,664.60円であり、前日比-882.03円(-4.51%)下落しました。急上昇からの一休みと言った感じです。

そして、添付したローソク足を見て頂くと分かると思いますが、前日のローソク足の中に本日のローソク足がすっぽりと入り込んでいます。これは“はらみ線”と呼ばれます。

はらみ線の見方ですが、前日のローソク足の高値を超えられれば株価上昇、前日のローソク足の安値を割れれば株価下落を示唆します。

コロナウィルス蔓延はまだまだ続いています。今後の日経平均株価の動きに注視していきましょう(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


【株学習】コロナショックの底?日経平均株価の急上昇

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログ記事では、フォロースルー発生後の日経平均株価について解説します。

見事に上がりましたね・・・。

2020年3月26日の日経平均株価の終値は19,546.63円であり、前日比+1,454.28円(+8.04%)で急上昇しました。フォロースルー発生により下落トレンドから上昇トレンドに転換したと考えられますが、それにしても急上昇し過ぎです。
※どこがフォロースルーかは記事「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。

基本的に株価は上昇するときに波打ちながら上昇します。上昇してはちょっと下落、上昇してはちょっと下落して、株価は全体的に上昇していきます。この“ちょっと下落”のことを“調整”と呼びます。 2020年3月26日の日経平均株価はあまりにも急上昇したので、翌日あたりは大きめの“調整”が入ると予想されます。まだまだ油断禁物です(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


【株学習】どの業界の株を買うべきか?

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

前回のブログ記事では「どこまでがインサイダー取引か?」について解説しました。“投資判断に重大な影響を与える未公表の企業情報”にさえ注意していれば、自分の働く企業と同じ業界に所属する企業や、営業先の企業の株を買うことは可能です。

自分の働く企業と同じ業界に属する企業の株を買う

そういうわけか、“自分の働く企業と同じ業界に属する企業”の株を売買している投資家は多いです笑。なぜなら、その業界の動向について精通していますし、各企業の市場シェア・強み・弱み、ポジショニングなどが頭の中に入っているからです。他の投資家よりアドバンテージをもてます。 ※偉そうに書いてますが、ミクロ投資法では、業界の動向、各企業の市場シェア・強み・弱み、ポジショニングなど全く調査しません。安心してください。

私自身は人材業界で長く働いていたので、ウォンテッドリ(3991)なんかは自信を持って株の売買をしていました。今は、6月19日に上場予定のSansan(4443)の動向が気になっています。 ※ウォンテッドリ株もSansan株も、直帰2カ月以内に買うことは100%ありませんが・・・

自分の得意とする業界を作り出すのも全然アリです。僕の知り合いはゲーム業界の株ばかり買っています(^^♪

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

おめでとうございます!マザーズ指数でフォロースルーが確認されました。フォロースルーは、「下落トレンドから上昇トレンドの転換」のサインです。もしかしたら、コロナショックの底となる可能性が高いです。テクニカル分析(チャート分析)は100%ではありませんが、フォロースルーが当たる確率はかなり高いです。

まずはフォロースルーのおさらい

フォロースルーとは、『通常の反発の4日目から10日目の間に起こり、主要な株価指数の少なくとも1つが前日よりも出来高の増加を伴いながら、1.7%以上上昇する』ことを指します。

2020年3月24日、マザーズ指数でフォロースルー発生

3月24日のマザーズ指数は終値が605.35ポイントであり、前日比+45.18ポイント(+8.07%)でした。3月13日(金)のローソク足が「底」と捉えられ、そこから7営業日目の本日3月24日に1.7%以上のマザーズ指数の増加が観測されました。フォロースルーの定義に一致します。

これから上昇トレンドに転換していくか、日々、市場の流れを観察していきましょう(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


【株学習】どこまで?インサイダー取引

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

本ブログでは、法律で禁止されているインサイダー取引について解説します。

インサイダー取引とは

野村證券HPで以下通り定義されています。

【インサイダー取引(内部者取引)】
上場会社の関係者等が、その職務や地位により知りえた、投資者の投資判断に重大な影響を与える未公表の企業情報を利用して、その企業の株券等を売買する行為
https://www.nomura.co.jp/onlineservice/trading/rule/insider.html

で、この“投資判断に重大な影響を与える未公表の企業情報”というのが肝となるわけで、例を挙げると以下の通りです。

・企業による自己株式の取得、分割、割当
・会社の合併、分割、提携、解消
・新製品、新技術、新事業
・事業の休廃止
・公表前の売上、経常利益、純利益、配当

よく「同じ業界の会社に投資するのは大丈夫か?」「営業先の会社に投資するのは大丈夫か?」という質問を受けますが、上記のような“投資判断に重大な影響を与える未公表の企業情報”に該当しない限りは大丈夫です。
※上記は一例に過ぎないので、自分自身でよく調べてみることをオススメします。

健全な取引を心掛けましょう(^^♪

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。
個人投資家 k-zma


【株学習】日経平均株価の「底」の見分け方

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

「日経平均株価が6日ぶりに反発、1.80%も上昇しました~」と、巷のネットニュースがにぎわっています。2019年6月5日現在の日経平均株価は下降トレンド真っ只中であり、投資家の間では「底はいつだ???」という質問が飛び交っています。

なぜ投資家はそんなに「底」、つまりは、「下降トレンドから上昇トレンドへの分岐点」を気にするのか。実は、「底」で株を買えると大きな利益をとれるからです。

では、「底」をどうやって知るか。実は、「底」の見分け方があります!“フォロースルー”が出たときが「底」です。

フォロースルーとは

フォロースルーの定義は以下のとおりです。

『フォロースルーは通常の反発の4日目から10日目の間に起こり、主要な株価指数の少なくとも1つが前日よりも出来高の増加を伴いながら、1.7%以上上昇する。』 

2019年6月5日現在の日経平均株価は1.80%上昇しているのでフォロースルーっぽいですが、通常の反発から4~10日も経っていないので、フォロースルーではありません。画像に示したとおり、通常の反発から3日しか経っていません。

フォロースルーの詳細は、ブログ「ミクロ投資法」の記事【決定版!日経平均株価の“底”の見分け方】で紹介しているので、そちらも合わせて読むと理解が進むと思います。

http://k-zma.net/%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88%EF%BC%81%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E3%81%AE%E5%BA%95%E3%81%AE%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E6%96%B9

まだまだ相場に勢いが戻ってきていないので、勝負にでれませんね。休むも相場です(^^♪

それでは~

 


【株学習】わかりにくい金融用語を勉強する方法

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

約定、ザラバ、成行、寄成、委託保証金・・・などなど、金融用語はわかりにくい。大和証券などの用語解説を読んでもわかりにくい。

塾では必要な金融用語をかみ砕いて教えていますが、その先にある金融感覚もみなさんにはつかんでもらいたいところ・・・

今日はそんな金融感覚を養えるコンテンツを紹介したいと思います。

前々から紹介している「インベスターZの1~6巻」(三田紀房)はもはや必読書と言っても過言ではありませんが、もっと“おとな~”なコンテンツがあります。

『ハゲタカ』をみればいい

昨年、綾野剛主演でドラマ化されているため、映像でも見れます(AbemaTVプライムで視聴可能)。YouTubeだと一作前の「ハゲタカ」が見れます(あまりにも暗いので視聴をオススメしませんが・・・笑)。

そしてなんと言っても、原作書籍「ハゲタカ」は映像よりもおもしろい!ハゲタカシリーズの中でも「グリード」はリーマンショック前後のアメリカを舞台としていて非常に読みごたえがあります。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%B2%E3%82%BF%E3%82%AB4-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89-%E4%B8%8A-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9C%9F%E5%B1%B1/dp/4062930773

ただ、金融感覚は養えますが、書籍の感覚が投資方法に直結するわけではないのでご注意ください。何事も楽しみながら学習したいところです(^^♪

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma