「日経平均株価」タグアーカイブ

緊急事態宣言後、日経平均株価はどうなるか?-アクション付き

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログ記事では、「緊急事態宣言が出た場合は、日経平均株価はどうなりますか」という塾生からの質問にお応えしたい思います。

緊急事態宣言後の日経平均株価の動きを予測する意味はありません

緊急事態宣言が出た後に日経平均株価がどうなるかはわかりません。緊急事態宣言後の日経平均株価を予測することは難しいですし、そもそも、予測することにあまり意味はありません。重要なのは、緊急事態宣言後の日経平均株価の動きを対して、どのように投資するかを考えることです

そもそも、日経平均株価の動きを予測することが困難

緊急事態宣言後の日経平均株価を予測することは難しいです。なぜなら、緊急事態宣言に対して投資家が何を感じるかを把握することが困難だからです。緊急事態宣言が日経平均株価を動かすわけではありません。緊急事態宣言に対して投資家が何を感じるか・・・つまり、投資家心理が日経平均株価を動かすわけです。

緊急事態宣言に対して投資家が「そんな宣言出ることはわかってましたよ。宣言内容も想定内じゃん」と感じていれば、日経平均株価はそんなに動きません。

緊急事態宣言に対して投資家が「宣言が出ることは知っていたけど、それにしても宣言の中身には期待がもてる!これで日本経済も安泰だ」と感じれば、日経平均株価は上昇します。

緊急事態宣言に対して投資家が「宣言が出ることは知っていたけど、内容薄いな!こんなもんかよ」と感じれば、日経平均株価は下落します。

この「」内が投資家心理であり、投資家心理を予測することは困難です。

後だしじゃんけんでいいじゃない!

そんな予測困難な投資家心理と日経平均株価の動きに対して、僕たちはどう対処すればよいのでしょうか? 簡単です。日経平均株価の動きをみてから、投資判断すれば良いのです。“後だしじゃんけん”でも良いのです。日経平均株価の上昇にのって株を買うもよし。日経平均株価の下落に対して損切りするもよし。

究極のところ、株価の動きの予測をして株取引をするのではなく、決めたルールにもとづいて株取引するだけです(^^♪

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。 個人投資家 かまくら


【株学習】コロナショックの底?日経平均株価はどうなる?

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本日ブログ記事でも、フォロースルー発生後の日経平均株価について解説します。
※コロナショック時のフォロースルーに関しては記事「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。

本日の日経平均株価株価の終値は18,664.60円であり、前日比-882.03円(-4.51%)下落しました。急上昇からの一休みと言った感じです。

そして、添付したローソク足を見て頂くと分かると思いますが、前日のローソク足の中に本日のローソク足がすっぽりと入り込んでいます。これは“はらみ線”と呼ばれます。

はらみ線の見方ですが、前日のローソク足の高値を超えられれば株価上昇、前日のローソク足の安値を割れれば株価下落を示唆します。

コロナウィルス蔓延はまだまだ続いています。今後の日経平均株価の動きに注視していきましょう(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


【株学習】日経平均株価の「底」の見分け方

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

「日経平均株価が6日ぶりに反発、1.80%も上昇しました~」と、巷のネットニュースがにぎわっています。2019年6月5日現在の日経平均株価は下降トレンド真っ只中であり、投資家の間では「底はいつだ???」という質問が飛び交っています。

なぜ投資家はそんなに「底」、つまりは、「下降トレンドから上昇トレンドへの分岐点」を気にするのか。実は、「底」で株を買えると大きな利益をとれるからです。

では、「底」をどうやって知るか。実は、「底」の見分け方があります!“フォロースルー”が出たときが「底」です。

フォロースルーとは

フォロースルーの定義は以下のとおりです。

『フォロースルーは通常の反発の4日目から10日目の間に起こり、主要な株価指数の少なくとも1つが前日よりも出来高の増加を伴いながら、1.7%以上上昇する。』 

2019年6月5日現在の日経平均株価は1.80%上昇しているのでフォロースルーっぽいですが、通常の反発から4~10日も経っていないので、フォロースルーではありません。画像に示したとおり、通常の反発から3日しか経っていません。

フォロースルーの詳細は、ブログ「ミクロ投資法」の記事【決定版!日経平均株価の“底”の見分け方】で紹介しているので、そちらも合わせて読むと理解が進むと思います。

http://k-zma.net/%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88%EF%BC%81%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E3%81%AE%E5%BA%95%E3%81%AE%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E6%96%B9

まだまだ相場に勢いが戻ってきていないので、勝負にでれませんね。休むも相場です(^^♪

それでは~

 


【株学習】ホント?日経平均株価をチェックする必要はない

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

“ミクロ投資法”について、「ホントに大きな流れをみる必要はないのか?」という質問をよく受けます。ここでいう“大きな流れ”とは、日経平均株価やTOPIXなどの日本企業全体の株価を示す指数のことを言います。

日経平均株価やTOPIXは、よくニュースの終わりにシレっと紹介され、投資家でなくても誰もが知っている指数です。気になりますよね・・・。

確かに日経平均株価やTOPIXを参考にして売り買いしている投資家もいます。彼らが主に投資対象としている企業(銘柄)は誰もが知る大手企業であったり、輸出関連銘柄が多いです。

ミクロ投資法で選定されるのは”主導株”

ただ、ミクロ投資法のルールにもとづいて選定される銘柄は少し毛色が違い、中小企業の中でも小さい企業であり、“主導株”に属します。

“主導株”は、大きな流れに先行して株価が動きます。大きな流れがピークを迎える一歩手前で株価がピークを迎えます。大きな流れが下落する一歩手前で株価が下落します。直近ですと、チェンジ(3962)、ウォンテッドリ(3991)、UUUM(3990)が、日経平均株価のピーク(GW中のトランプさんの発言前)の一歩手前でピークをつけています。

主導株を対象としている以上、それに遅れて動く大きな流れなど見る必要はないのです。

そもそも、日経平均株価の動きを予想するのは困難

G20の結果が出る前の6月28日(金)のことです。金融業界で働いていた経験のある知人から連絡がありました。

「G20後に米中貿易摩擦はより大きくなる。短期的にみて、日経平均株価は下がる。だから、俺はダブルインバースを買っといた」と・・・。

ダブルインバースとは「日経ダブルインバース上場投信(1357)」であり、株のように取り引きが容易にできます。日経平均株価が-1.0%下がったら、ダブルインバースは2.0%上昇します。つまり、日経平均株価が下がれば下がるほど儲けることができるわけです。

知人が自信満々に語る中、私の心の中は「そんなものは蓋を開けてみないとわからない。全く、ダブルインバースを買う気は起らない」で満たされていました。

案の定、米中貿易摩擦はより小さくなる方向に向かい、おまけにトランプさんの北朝鮮電撃訪問というサプライズも発生・・・。

7月1日の日経平均株価は2.13%の急上昇!

ホント、大きな流れを予測するなんてのは不可能なのです。トランプさんの行動を予測できる人はいるのだろうか?

日経平均株価など大きな流れを気にすることなく、個別株に特化して株式投資をしていきましょう(^^♪

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家 かまくら


【株学習】底が見えない!コロナショックで下落する日経平均株価

こんばんは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

本ブログ記事では、コロナショックで全く底が見えない日経平均株価について解説します。

2020年3月16日週の取引が終わりました。日本証券取引所は暦通り3連休に入ります。したがって、世界中の株価が日本時間の木曜夜/金曜日に下がり続ければ、月曜日の日経平均株価の始値はかなり低くなります。“ダブルパンチ”をもらうイメージです。

本当に底がみえませんね・・・日経平均株価の月足チャートをみてみると、16,000円のラインで踏みとどまれるかどうかです・・・。もし、日経平均株価が16,000円を割れるようであれば、14,000円台まで下がると思ってください。

予想以上にコロナショックはでかいですね・・・コロナウイルス蔓延が長引くようであれば、経済に大きな傷跡を残すことになります。

来る上昇トレンドへの転換を待つのみです(^^♪

今週も取引お疲れさまでした。よい週末を!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


株価急上昇必至!チャーム・ケア・コーポレーション

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

高齢者人口の増加に伴い、高齢者/介護関連製品・サービスの市場規模も急速に拡大しています。

【高齢者人口の増加により拡大が予想される高齢者/介護関連製品・サービス市場は2025年に9,254億円】(富士経済)
httpss://www.fuji-keizai.co.jp/market/18064.html

既に新規参入も含めた市場獲得合戦が繰り広げられていますが、私はチャーム・ケア・コーポレーション(6062)に注目しています。理由は以下の3点です。

1、近畿地方中心に介護付き有料老人ホーム運営の実績があり、運営ノウハウを蓄積している。
2、2018年7月に東京本社を設置しており、首都圏へのサービス拡大を進めている。
3、アッパーミドル、富裕層向け、高価格帯ブランドを展開している。

蓄積された運営ノウハウをもとに、首都圏のアッパーミドル、富裕層向けにサービスを展開すれば、売上向上・株価上昇につながります。それだけでなく、獲得した利益を介護人材の処遇改善に充てることで、組織の人材採用力・サービス運営力が強化されると考えらます。人材採用力・サービス運営力の強化も中長期的にみれば、売上向上・株価上昇につながるでしょう。

【介護人材の処遇改善について】(厚生労働省)
httpss://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000349994.pdf

すでに業績向上の兆しあり!ファンダメンタルズ

2017年6月期、2018年6月期における売上の上昇率:24.2%
2018年6月期、2019年6月期(予想)における売上の上昇率:25.3%
2017年6月期、2018年6月期における経常利益の上昇率:17.9%
2018年6月期、2019年6月期(予想)における経常利益の上昇率:30.8%
直近4半期(2018年7~9月)の経常利益の上昇率:41.2%
予想ROE:24.2%
予想PER:27.33
実績PBR:6.60

アッパーミドル、富裕層向けブランド「チャームプレミア」は、渋谷区(平成31年2月)、杉並区(平成31年3月)で開設予定です。今後の業績向上が楽しみです。

今が底。日経平均株価と伴に上昇する株価

チャーム・ケア・コーポレーションの週足チャートでは、10月29週に下髭の長い陽線が見受けられます。これが株価の下降トレンドから上昇トレンドへの転換点だと思います。

2018年11月8日、チャームケアの株価チャート(週足)

アメリカ中間選挙が終わり、NYダウ、日経平均株価ともに堅調な上昇を見せています。この大きな流れに乗る形で、チャーム・ケア・コーポレーションの株価も上昇すると予想します。
※チャーム・ケア・コーポレーションは東証2部銘柄ですが、株価は日経平均株価に連動する傾向にあります。

引き続き、チャーム・ケア・コーポレーションの株価をモニタリングしていきます。

注意
本ブログの内容はあくまでチャーム・ケア・コーポレーションに対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


なにかと話題でスゴイ!アパレルEC銘柄スタートトゥデイ

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

時価総額1兆円突破
伊勢丹越え

話題に絶えないスタートトゥデイ(3092)を紹介します。

【スタートトゥデイの時価総額が初の1兆円超え】
https://jp.techcrunch.com/2017/08/01/starttoday-market-cap/

【良品・伊勢丹を越えた、ゾゾタウン時価総額1兆円超えのワケ】
httpss://www.wwdjapan.com/457468

ポテンシャルは計り知れない・・・ファンダメンタルズ

ファンダメンタル分析において注目している数値は以下のとおりです。

2016年3月期、2017年3月期における売上の上昇率:40%
2017年3月期、2018年3月期(予想)における売上の上昇率:31%
2016年3月期、2017年3月期における経常利益の上昇率:48%
2017年3月期、2018年3月期(予想)における経常利益の上昇率:21%
直近4半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:58.9%
予想ROE:75.5%

BtoCのEC市場規模、EC化率が軒並み上昇するなかで、スタートトゥデイが運営するZOZOTOWNはアパレルEC特化のカテゴリーキラーと言えます。国内での競争優位性を維持しながら、他国へと横展開できるか今後の課題となるのではないでしょうか。個人的には、アリババ・アマゾンが進出しているシンガポールが狙い目ではないかと考えています。

【平成 28 年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)】
https://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170424001/20170424001-2.pdf

【米アマゾン、シンガポールで速配サービス開始 アリババに対抗】
httpss://jp.reuters.com/article/amazon-singapore-idJPKBN1AC0BU

新高値更新中!さらなる高みへ・・・

2017年9月13日、新高値(3,560円)を更新しました。

2017年9月13日前引け、スタートトゥデイのチャート(日足)

全体の流れ(日経平均株価、TOPIX)も上昇トレンドに転換してきており、個別株の上昇にも勢いがついてきています。引き続き、スタートトゥデイの株価をモニタリングしていきたいと思います。

注意
本ブログの内容はあくまでスタートトゥデイに対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


CSセットが大好評!介護医療関連銘柄エラン

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

長野発の介護医療系企業エラン(6099)を紹介します。超高齢化社会を迎えるにあたり、介護・医療用品をレンタルできる「CSセット」の需要は右肩上がりではないでしょうか。

【エランHP】
https://www.kkelan.com/

堅調そのもの!ファンダメンタルズ

ファンダメンタル分析において注目している数値は以下のとおりです。

2015年12月期、2016年16月期における売上の上昇率:27%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における売上の上昇率:31%
2015年12月期、2016年12月期における経常利益の上昇率:27%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における経常利益の上昇率:20%
直近4半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:26.4%
予想ROE:20.8%

「手ぶらで入院」「手ぶらで退院」というコンセプトがとてもいいです。私自身、入院経験がありますが、病気を患った状態での入退院の準備をするのは大変です。「CSセット」は、そんな大変さを軽減できる素晴らしいサービスだと思います。

新高値、絶賛更新中!

2017年8月30日、新高値(2,870円)を更新しました。個人的には、2017年2月の上昇で利益を取り損ねているので、今回は大きな利益を確保したいです。

2017年8月30日、エランのチャート(日足)

 

強い銘柄は強い!全体の下落もなんのその・・・

(2017年9月9日追記)

全体の流れ(日経平均株価、TOPIX)が下落しているにも関わらず、エランの株価は力強く上昇しています。エランの株価は、8月30日に新高値(2,870円)をつけて、9月8日の終値ベース(3,140円)で9.41%上昇しています。日経平均株価は、8月30日から9月8日にかけて終値ベースで1.19%下落しています。TOPIXは、8月30日から9月8日にかけて終値ベースで0.878%下落しています。

2017年9月8日、エランの株価チャート(日足)

2017年9月8日、日経平均株価のチャート(日足)

2017年9月8日、TOPIXのチャート(日足)

しれっと、バンドウォーク中!

ボリンジャーバンドからも上昇のシグナルがみられます。+1σと+2σの間で株価動いており、株価の上昇はまだ続く可能性が高いです。

2017年9月8日、エランのボリンジャーバンド(日足)

 

ヒヤッと下落も、力強く上昇

(2017年9月15日追記)

まだまだ力強く株価は上昇しています。エランの株価は、8月30日に新高値(2,870円)をつけて、9月15日の終値ベース(3,315円)で15.5%上昇しています。

9月11日に出来高を伴った株価の急落が生じましたが、ボリンジャーバンド+1σラインに支えられ株価は上昇しています。+1σと+2σの間でバンドウォークは続いており、株価の上昇はまだ続く可能性が高いです。

2017年9月15日、エランの株価チャート(日足)

2017年9月15日、エランのボリンジャーバンド(日足)

注意
本ブログの内容はあくまでエランに対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


相場全体のトレンドなんて気にしない!ミクロ投資法(個別株特化投資法)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

「全体の流れの確認に、何の意味があるのだろうか?」
「個別株の株価の動きだけ見ていればいいのではないか?」

2017年8月、そんな問いが心に浮かぶ下落相場が続いています。ただ、これはとてもうれしい問いです。もし仮に全体の流れを確認せず、個別株の株価のみに注力して利益を上げることができるようになるならば、以下の2つのメリットを得られるためです。

1、株式投資にかける時間を削減できる
2、勝てる取引の回数を増やせる

本記事では、下落相場でも力強く株価が上昇した個別銘柄を紹介し、「相場全体のトレンドなんて気にしない!ミクロ投資法(個別株特化投資法)」の一部を提示したいと思います。

今後の株式投資の参考になれば幸いです。

個別株の買いタイミング

個別株の買いのタイミングは、全部で9パターンあります。

1、全体の流れが上昇、個別株の株価が上昇のとき
2、全体の流れが持ち合い、個別株の株価が上昇のとき
3、全体の流れが下落、個別株の株価が上昇のとき
4、全体の流れが上昇、個別株の株価が下落のとき
5、全体の流れが持ち合い、個別株の株価が下落のとき
6、全体の流れが下落、個別株の株価が下落のとき
7、全体の流れが上昇、個別株の株価が持ち合いのとき
8、全体の流れが持ち合い、個別株の株価が持ち合いのとき
9、全体の流れが下落、個別株の株価が持ち合いのとき

全体の流れとは、主要株価指数(日経平均株価、TOPIX、2部指数、日経JQ平均、マザーズ指数など)のトレンドを指します。全体の流れの上昇・持ち合い(ボックス)・下落の判断は、書籍「株は新高値で買いなさい!今日から始める成長株投資」(ふりーパパ著)で紹介されている相場の特徴を参考にすると良いと思います。

上昇相場の特徴
・日経平均株価が1週間で500円~1000円(5%)程度上がる
・日経平均株価の上昇が1ヶ月程度続く

下落相場の特徴
・日経平均株価が1週間で500円~1000円(5%)程度下がる
・日経平均株価の下落が1ヶ月程度続く

ボックス相場の特徴
・日経平均株価がプラス500円とマイナス500円の間で上昇と下落を繰り返す

参照)株は新高値で買いなさい!今日から始める成長株投資(ふりーパパ著)

本記事のミクロ投資法(個別株特化投資法)は“順張り”であり、「1」「2」に基づいた買いのタイミングをこれまで紹介していました。私自身、様々な投資関連書籍を読む中で、「1」「2」のタイミングが利益を上げるうえで重要であると感じ、「1」「2」のタイミングでのみ株を購入していました。つまり、「3」のように全体の流れが下落の際は、株式売買を全くしていませんでした。

ところが、2017年8月の下落相場(東証1部およびマザーズ市場の下落相場)において、モニタリングしていた個別銘柄の株価が軒並み上昇していました。今まで「3」での株の購入を避けてきましたが、今の銘柄選定基準に基づいた個別銘柄選択であれば、「3」パターンでも利益を確保できるようです。

2017年8月25日、日経平均株価のチャート(日足)

2017年8月25日、TOPIXのチャート(日足)

2017年8月25日、マザーズ指数のチャート(日足)

以下、下落相場でも力強く株価が上昇した個別銘柄のファンダメンタルズ、株価上昇率を提示したいと思います。

ペッパーフードサービス(3053)@東証1部

記事「ステーキ人気で株価急騰中!ペッパーフードサービス」「4営業日で約20%株価上昇!ペッパーフードサービス」でも、ペッパーフードサービスを紹介しています。併せてご覧ください。

ファンダメンタルズ

2015年12月期、2016年12月期における売上の上昇率:38%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における売上の上昇率:50%
2015年12月期、2016年12月期における経常利益の上昇率:28%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における経常利益の上昇率:122%
直近四半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:55.1%
予想ROE:24.7%

株価上昇率

8月14日に新高値(4,825円)をつけて、8月25日の終値ベース(6,770円)で40.3%上昇しています。8月23日の高値ベース(7,750円)では、最大60.6%上昇しています。

2017年8月25日、ペッパーフードサービスのチャート(日足)

 

トラスト・テック(2154)@東証1部

ファンダメンタルズ

2015年6月期、2016年6月期における売上の上昇率:45%
2016年6月期、2017年6月期(予想)における売上の上昇率:39%
2015年6月期、2016年6月期における経常利益の上昇率:56%
2016年6月期、2017年6月期(予想)における経常利益の上昇率:23%
直近四半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:42.8%
予想ROE:31.8%

株価上昇率

8月10日に新高値(2,479円)をつけて、8月25日の終値ベース(2,963円)で19.5%上昇しています。8月23日の高値ベース(3,155円)では、最大27.3%上昇しています。

2017年8月25日、トラスト・テックのチャート(日足)

 

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)@マザーズ

記事「株価上昇仕切り直し!ジャパンインベストメントアドバイザー」でも、ジャパンインベストメントアドバイザーを紹介しています。併せてご覧ください。

ファンダメンタルズ

2015年12月期、2016年12月期における売上の上昇率:111%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における売上の上昇率:39%
2015年12月期、2016年12月期における経常利益の上昇率:77%
2016年12月期、2017年12月期(予想)における経常利益の上昇率:63%
直近四半期(2017年4~6月)の経常利益の上昇率:6.3倍
予想ROE:32.1%

株価上昇率

8月16日に新高値(4,880円)をつけて、8月25日の終値ベース(5,290円)で8.40%上昇しています。8月24日の高値ベース(5,460円)では、最大11.9%上昇しています。

2017年8月25日、ジャパンインベストメントアドバイザーのチャート(日足)

 

(2017年9月2日追記)

8月16日に新高値(2,440円)をつけて、9月1日の終値ベース(2,803円)で14.9%上昇しています。9月1日の高値ベース(2,820円)では、最大15.6%上昇しています。

※2017年9月1日からの株式分割の結果を反映しています。

2017年9月1日、ジャパンインベストメントアドバイザーのチャート(日足)

 

グノシー(6047)@マザーズ

記事「株価ロケット上昇中!インターネット広告銘柄~グノシー~」でも、グノシーを紹介しています。併せてご覧ください。

ファンダメンタルズ

2015年5月期、2016年5月期における売上の上昇率:68%
2016年5月期、2017年5月期(予想)における売上の上昇率:40%
2015年5月期、2016年5月期における経常利益の上昇率:168%
2016年5月期、2017年5月期(予想)における経常利益の上昇率:45%
直近四半期(2017年3~5月)の経常利益の上昇率:2.1倍
予想ROE:14.2%

株価上昇率

8月8日に新高値(3,235円)をつけて、8月25日の終値ベース(3,390円)で4.79%上昇しています。8月23日の高値ベース(3,650円)では、最大12.8%上昇しています。

2017年8月25日、Gunosyのチャート(日足)

本ブログの内容はあくまでミクロ投資法(個別株特化投資)に対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


これだけ確認すればOK!投資スケジュール(8月21日週)

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

8月14日週、日経平均株価は259.33円(1.3%)安、19,470.41円で終えました。北朝鮮の地政学リスクが低減され、8月14日に「捨て子線」をつけました。ここから上昇に転じるかと思いましたが、NYダウ、NASDAQに引っ張られるかたちで日経平均株価は下落に転じています。日経平均株価の下落はまだまだ続く可能性が高いので、買いポジションの縮小をおススメします。

2017年8月18日、NYダウのチャート(日足)

2017年8月18日、NASDAQのチャート(日足)

2017年8月18日、日経平均株価のチャート(日足)

推奨銘柄の進捗報告

ペッパーフードサービス(3053)

記事「ステーキ人気で株価急騰中!ペッパーフードサービス」「4営業日で約20%株価上昇!ペッパーフードサービス」で紹介したペッパーフードサービスの株価が急騰しています。8月14日に新高値(4,825円)をつけて、8月18日の終値ベース(6,330円)で31.2%上昇しています。

私は株価が約20%上昇した時点で利益確定してしまいましたが、株価上昇の勢いはまだまだ強いです。全体の流れ(日経平均株価)が下降しているにも関わらず、ペッパーフードサービスの株価は上昇しています。

アウトソーシング(2427)

8月2日に新高値(5,780円)をつけて、8月18日の終値ベース(6,610円)で14.4%上昇しています。なぜアウトソーシング株を推奨したかは、記事「人材派遣・請負業で株価急騰中!アウトソーシング」を参照ください。

アウトソーシングの株価は調整局面に入っています。日本市場はじめ世界の市場の株価指数が下落してきているので、無理のない利益確定を推奨します。

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)

記事「株価上昇仕切り直し!ジャパンインベストメントアドバイザー」で紹介したジャパンインベストメントアドバイザーの株価も上昇してきています。もう一段上の上昇を期待したいところですが、全体の流れ(マザーズ指数)が弱いので、無理のない投資を心がけましょう。

今週の“注目”投資イベント!

8月25日(金)、アメリカ:イエレンFRB議長、講演

次回の利上げと保有資産圧縮のタイミング・規模に関する、イエレンFRB議長のコメントをチェックしましょう。

以下、投資スケジュールの詳細です。

8月21日(月)

○国内
全国百貨店売上高(2017年7月)
主要コンビニエンスストア売上高(2017年7月)

○海外
米韓合同軍事演習(~31日)

22日(火)

○国内
20年物国債、入札 食品スーパー売上高(2017年7月)
全国スーパー売上高(2017年7月)

○海外
ドイツ:ZEW景気予測指数(2017年8月)

23日(水)

○国内
毎月勤労統計確報(2017年6月)

○海外
フランス:PMI速報値(2017年8月)
ドイツ:PMI速報値(2017年8月)
EU:ユーロ圏PMI速報値(2017年8月)
アメリカ:製造業PMI速報値(2017年8月)
アメリカ:新築住宅販売件数(2017年7月)
アメリカ:カプラン・ダラス連銀総裁、講演

24日(木)

○国内
景気動向指数(2017年6月)

○海外
イギリス:GDP確定値(2017年4~8月期)
アメリカ:カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(~26日)
アメリカ:中古住宅販売件数(2017年7月)

25日(金)

○国内
全国CPI(2017年7月)
都区部CPI(2017年8月)

○海外
ドイツ:Ifo企業景況感指数(2017年8月)
アメリカ:耐久財受注額(2017年7月)
EU:ドラギECB総裁、講演
アメリカ:イエレンFRB議長、講演

注意
本ブログの内容はあくまで、投資スケジュールに対する個人的見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma