知識 メルマガ 推奨銘柄

【株学習】副業に株をおすすめする理由【FXとの比較あり】

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

新型コロナウイルス蔓延での緊急事態宣言で外出自粛中を方々が多いと思います。そこでやはり気になってくるのが、これからの収入についてです。

将来的な収入の不安を払拭するために、僕は断然、株式投資をおすすめします。

副業必須?企業業績の低下、給与の削減

外食系を中心に企業の売上は下がってきています。最近では自動車関連メーカーがこぞって業績予想を下方修正しています。

【上場自動車関連メーカー、23社が業績予想を下方修正…新型コロナウイルスの影響で】
https://response.jp/article/2020/03/27/333011.html

企業の売上が下がるということは従業員であるみなさんの給料も必然的に下がります。「今年のボーナスは減るだろうな・・・」と感じている方々も多いのではないでしょうか。

また、日本政府から全国民に一律で10万円給付されることが決定されていますが、それは1回きりの施策であり、将来的に月々10万円が手に入るわけではありません。

【補正予算案 衆院予算委で可決 10万円一律給付など 新型コロナ】
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200429/k10012410251000.html

やりたいことがある。でも、お金と時間がない

僕たちはいつもお金によって行動を制限されている。例えば・・・

・買いたい服がある!旅行したい場所がある!でも、お金を貯めるのに時間がかかる。
・購入したマイホームのローンをなるべく早く返済したい。
・副業したい!でも、会社が忙しくて時間がない。
・養育費/教育費をケチりたくない。子供に何不自由なく生活してほしい。
・もうすぐ定年退職・・・老後の資金に不安がある。いつまでも健康的にはたらける自信がない。

僕の場合は、仕事のしすぎでうつ状態になり、「外に出たくない」「会社にいきたいくない」「仕事なんて無理」の状態にまで追い込まれました。完全にうつ状態が治るまで3年以上の時間がかかってしまいましたが、その3年間は本当に悲しくなる・・・「空白の3年間」と言え、つらい思い出しかありません。

一時的収入“おしゃれなマスク”ビジネスはいいの?

新型コロナウイルス蔓延での外出禁止を機に注目されているのが“自宅でできる副業”です。僕の友達は“おしゃれなマスク”を作製して、minneやメルカリで販売しようとしています。

ただ、“おしゃれなマスク”ではビジネスとしては弱い・・・アフターコロナ、いわゆる、コロナショック後の世界(新型コロナウイルス蔓延が終息した後の世界)では“おしゃれなマスク”の売上は低減するわけです。
※”おしゃれマスク”を否定しているわけではありません。収益性の観点をなくせば、社会性が高くとても良いビジネスであると思っています。

株式投資ならお金も時間も手に入る

僕の「空白の3年間」で出会ったのが株式投資です。株式投資にはそんなに時間がかからなし、お金も手に入る。1日30分あれば十分稼げるにまで自身の投資ルールを磨き込みました。

しかも、株式投資のいいところは一時的収益で終わらないところです。上述した“おしゃれなマスク”のように新型コロナウイルス蔓延中でのみ売上が好調になるわけはありません。世界の証券取引所がなくならない限り、相場がなくならない限り、利益を出し続けることが可能です。株式投資とは、将来ずーーーーと活かせるスキルなのです。

株で損するのが怖い?-ルールさえできていれば大丈夫!

「今回の新型コロナウイルス蔓延の株価大暴落・・・いわゆるコロナショックで多大な損失を出した投資家はいるのではないか?やはり、株式投資は怖い」という人もいると思います。しかし、僕自身はコロナショックでの損失はゼロです。コロナショック前に全保有株を売却していたからです。

なぜ、そんなことができたのか?株価大暴落でも損失を低減できる投資ルールが出来上がっているためです。その投資ルールに従って株の売買をしているだけです。

コロナショックで株価が大暴落している最中は、高見の見物をさせてもらいました。周りの投資家はひーひー言っていましたが、僕はただどこまで株価が下がるのかをボーっとみていただけです。

そして、コロナショックで生じた株価の下落トレンドが上昇トレンドに転換するやいなや、すぐに相場に戻るわけです。結果、以下のトレダビ結果のような成績を出せるわけです。直近ですと、NTTドコモ(9437)、チェンジ、(3962)、レーザーテック(6920)で上手く利益確定できています。

トレダビ結果

レーザーテックでの売買タイミングは全て、記事「【株学習】レーザーテック株価の完全解説【売買タイミング付き】」で紹介しています。また、株価の下落トレンドから上昇トレンドへの転換に関しては、記事「決定版!日経平均株価の“底”の見分け方」「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。

今回のコロナショックで、ZOOM飲みした僕の友人から 「投資家はいいよな!新型コロナウイルス蔓延でもお金を稼げて!」と言われました。まさに、そのとおりだと思います。まさに、そのとおりでしょう!

FXという選択もありじゃないですか?-いいえ!株をおすすめします!

「『将来ずーーーーと活かせるスキル』という観点からすると、FXでも良いのではないか?と、思う方々いると思います。しかし、僕は断然、株式投資をおすすめします。

副業として株よりFXを選択する方はいます。特に、20代前半の方々に多いです。なぜ、20代前半の方々は株よりFXを好むのか・・・それは、FXの方が少額の資金で運用できるためです。

レバレッジといって、証券会社の口座に入金した資金を元手に、その資金よりも多くのお金を運用することができます。証券会社社からお金を借りて運用できるためです。FXは国内であれば口座資金×25倍のお金を運用できます。株は口座資金×3.3倍のお金を運用できます。したがって、FXの方が少額の資金で済むのです。

確かに、少額の資金で済む点においては、株よりFXの方がよいでしょう。ただし、僕は以下2点からFXより株をおすすめします。

1、FXはチャート分析が主で、判断材料が少ない。
FXで利益出すにはチャート分析(テクニカル分析)が重要になります。しかし、チャート分析には“だまし”が多く、チャート分析を主にした投資(とういうより投機)では勝率を上げるのが非常に難しいです。

※チャート分析の“だまし”の事例は、記事「【株学習】だまし注意!チャート分析「はらみ線」の事例」を参照ください。

しかし、株であれば話が違います。チャート分析に重きをおいて株を取引している投資家も中にはいますが、株では企業の業績も判断材料となります。企業分析はファンダメンタル分析の1つですが、チャート分析にファンダメンタル分析を加えることで勝率を高めることできます。

2、FXはギャンブルであり、株はギャンブルではない。
「株はギャンブルではない」と書くと、「本当かよ?」と思う人がいるかもしれませんが、株はギャンブルではありません。

ギャンブルでは、利益を出せた人(勝者)がいれば、必ず損した人(敗者)がいます。FXの場合ほぼ決められた値幅の中で値動きがあるので、必ず勝者と敗者が共存します。しかし、株式投資では全ての者が勝者となりうるのです。理由は簡単で、企業の株価が上がり続ければ、その企業の株を保有している人全員が勝者になるためです。

※株式投資のギャンブルやギャンブル性に関しては、記事「【株学習】株はギャンブルか?」でも説明しているので、ぜひ読んでみてください。

上記2点から、僕は副業を始めるのであれば、FXより株を強くおすすめします。

副業に株をおすすめする

ここまで本記事「副業に株をおすすめする理由」を読んで頂き、ありがとうございます。僕自身は本ブログ「ミクロ投資法」でも有益な情報を提供していきますし、完全個別性の株式投資塾でも一人ひとりと向き合いながら株式投資を教えていきます。

ぜひみなさんも、株式投資を勉強して、挑戦していきましょう!

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


-, 知識, メルマガ, 推奨銘柄
-, ,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.