4営業日で約20%株価上昇!ペッパーフードサービス

お疲れさまです。個人投資家 k-zmaです。

記事「ステーキ人気で株価急騰中!ペッパーフードサービス」で紹介したペッパーフードサービス(3053)の株価が急騰しています。株価上昇の要因は、店舗売上の堅調な増加です。

【2017年12月期7月度実績のお知らせ】
http://www.pepper-fs.co.jp/_img/news/pdf/2017/20170815.pdf

そそくさ撤収!チャネルライン抜け

8月15日にペッパーフードサービス株を購入、チャネルラインを抜けた時点で利益確定しました。4営業日で約20%の利益を出せました。

2017年8月18日、ペッパーフードサービスの株価チャート(日足)。黒線はチャネルラインを示しています。

吹き荒れる嵐に根負け・・・という事実も受け止めて・・・

NYダウ、NASDAQ、日経平均株価(始値)の下落も、利益確定の判断を後押ししました。2017年8月17日、NYダウは274.14(1.24%)安、NASDAQは123.19(1.94%)安で引けました。日経平均株価は、231.36円(1.17%)安で寄り付きました。

2017年8月17日、NYダウのチャート(日足)

2017年8月17日、NASDAQのチャート(日足)

2017年8月18日、日経平均株価のチャート(日足)

「全体の流れより個別銘柄の値動きで売りを決める」のが定石と言われているのを知りながら、NYダウ、NASDAQ、日経平均株価(始値)の下落にビビり、利益確定したのも事実です。定石を守るべきかどうかの検証も、今後の取引で進めていきたいと思います。

とりあえず、4営業日で約20%の利益を出せたのは成功の内に入りますので、勝利の余韻にしばし浸りながら、来週からの投資戦略を練りたいと思います。

新高値更新!さらなる高みへ!

(2017年9月19日追記)

成長株の典型的なパターンで株価が堅調に上昇しています。全体の流れ(日経平均株価、TOPIX)が下落している際に、ペッパーフードサービスの株価はベースを形成し、全体の流れ(日経平均株価、TOPIX)の上昇とともに、新高値(3875円)を更新しました。いったいどこまで株価は上昇するのか、引き続きモニタリングを継続したいと思います。

2017年9月19日、ペッパーフードサービスの株価チャート(前引け、日足)

2017年9月19日、日経平均株価のチャート(前引け、日足)

2017年9月19日、TOPIXのチャート(前引け、日足)

 

定石どおりに!全体の流れより個別銘柄の値動きで売りを決める

上記で「全体の流れより個別銘柄の値動きで売りを決める」べきかの検証について触れましたが、ペッパーフートサービスに関しては、定石を守るべきでした。私は4営業日で約20%の利益で満足してしまいましたが、実際は8営業日で60.6%も株価は上昇していました。

今後とも、記事「相場全体のトレンドなんて気にしない!ミクロ投資法(個別株特化投資法)」で紹介したミクロ投資法に磨きをかけていきたいと思います。

信用倍率63倍で、さらなる高みへいけるのか?

(2017年9月24日追記)

ペッパーフードサービスは、ファンダメンタル的にもテクニカル分析的にも優良銘柄と考えられるのですが、1つ懸念点があります。それは信用倍率の63倍という高さです。 信用倍率は以下の数式に基づいて計算されます。

信用倍率=信用取引における買い残÷信用取引における売り残

つまり、信用倍率が1倍以上であれば、信用取引での買いが空売りを上回っており、信用倍率が1倍以下であれば、信用取引での買いが空売りを下回っていることを示します。

これは何を意味するのか。それは、信用倍率が1倍以上であるということは将来の売りが多く、将来的な株価の下落を示唆します。また、信用倍率が1倍以下であるということは将来の買い戻しが多く、将来的な株価の上昇を示唆します。

ただ、私自身、株式投資において信用倍率を考慮していません。8月14日から23日の8営業日でペッパーフードサービスの株価は60.6%上昇しました。しかし、この期間の信用倍率は、8月10日時点の信用倍率は7,224倍、8月18日時点の信用倍率は236倍でした。つまりは、信用倍率は高くても株価は上昇しますし、信用倍率が下落していても(信用取引において株が売られていても)株価は上昇します。信用倍率計算のタイムラグを考慮したとしても、株式売買の判断材料として信用倍率を考慮に入れる必要はないと思います。

結論、信用倍率の高さは気にせずに、ペッパーフードサービス株は保有し続けるべきです。

注意
本ブログの内容はあくまでペッパーフードサービスの株価、NYダウ、NASDAQ、日経平均株価、TOPIXに対する、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。