知識

株のメリット/デメリットをちゃんと比較!【マイナス要素に流されない】

「ずっと前から株式投資に興味があるのですが、未だに何もできていません」

「株式投資を始めたい気持ちはあるのですが、第一歩を踏み出せずにいます」

というあなた向けに記事を書いています。

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

株式投資を始めるとき、ちょっと勇気が必要ですよね?

「損失が出たらどうしよう・・・」

という気持ちが株式投資を躊躇する1つの原因かと思います。

ただ、「損失が出るかも・・・」というのは株式投資のデメリットの面でしかありません。

株式投資に限らず何をするにも、やろうとしていることのメリット/デメリットを把握しておくと、納得感のあるスタートを切れるのではないでしょうか。

そこで本記事では、株式投資のメリット/デメリットについて解説します。

あなたの株式投資スタートの判断材料にしてみてください。

-------------------------------------------------------------------------------------
メリット/デメリットを知る前に・・・

そもそも株式投資とは?」「利益を出せる株式投資とは?

が気になる方は、記事「「株_本_おすすめ」で検索する前に知っておくべきこと【初心者向け】」をご覧ください。
-------------------------------------------------------------------------------------

記事の信頼性

・2015年8月より、株式投資を始めました。

・2019年7月より、副業で株式投資の個別セミナーを運営しています。

・2021年12月現在、75名の個別セミナーの受講生を受け持たせて頂いております。

株式投資のメリット/デメリットとは?

先に結論から述べてしまいます。

株式投資のメリットは以下のとおりです。

(1)お金を稼げる

(2)興味ある企業の商品やサービスの特典が得られる

(3)社会勉強になる

株式投資のデメリットは以下のとおりです。

(1)損益が出る可能性がある

(2)精神が不安定になる

メリット/デメリットしっかりと見比べて、株式投資をするかしないかを判断していきます。

以下でメリット/デメリットの詳細を述べていきます。

株式投資のメリットの詳細

まずは株式投資のメリットの詳細を見ていきましょう。

(1)お金を稼げる

株式投資をするとお金が稼げます。

株式投資でお金を稼ぐ方法は2パターンです。

①値上がり益を得る

②配当金を得る

①値上がり益を得る

値上がり益とは、“株を安く買って、高く売る”ことで得られる利益です。

投資する企業(銘柄)を選択し、チャート(株の価格の動きを表した図)をみて、株を買ったり売ったりします。

株を買った価格が、株を売った価格より低ければ、その差額分が利益となります。

1,000円で株を買い、1,100円で株を売れた場合は、100円の利益が得られることになります。

②配当金を得る

配当金とは、企業の株を持っているだけで得られる利益です。

年利で約3~5%の利益を得られるのが一般的です。

これは、100万円分の株を持っていれば、1年で3~5万円の利益が出ることになります。

※配当金を得られない株もあるので、ご注意ください。

(2)興味ある企業の商品やサービスの特典が得られる

株を持っているだけで、企業から商品やサービスの特典を得られる場合があります。

いわゆる、“株主優待”というものです。

※“株主優待”を設けていない企業もあるので、ご注意ください。

株主優待の例として、すかいらーくホールディングス/明治ホールディングス/東京テアトルを提示します。(2020年7月現在)

すかいらーくホールディングスの株主優待

100株以上保有で、3,000円分の自社グループレストラン(ガスト、夢庵、ジョナサン、デニーズなど)株主優待カードがもらえます。
※保有株数と時期に応じて、9,000~36,000円分の株主優待カードがもらます。

※()内の数値は証券コードと言い、上場企業すべてに4桁の数値が割り振られています。

明治ホールディングス(2269)の株主優待

100株以上保有で2,000円相当、500株以上保有で3,500円相当、1,000株以上保有で5,000円相当の自社グループ製品詰め合わせがもらえます。

東京テアトル(9633)の株主優待

無料で映画が鑑賞できる招待券がもらえます。

100株で4枚、200株で8枚、300株で12枚、400株で16枚、500で20枚、1,000株で32枚、2,000株で48枚の招待券がもらえます。

株主優待目当てで株を買う投資家には、主婦が多いです。

もし、興味がある株主優待があれば、株主優待狙いで株を買うのもありだと思います。

(3)社会勉強になる

株式投資を始めると、嫌でも以下の内容が気になってきます。

・社会情勢

・経済

・企業

・ビジネス

・最新テクノロジー

「世の中、どのような仕組みで経済が回っているのか知りたい」

「企業、ビジネス、テクノロジーについて詳しくなりたい」

という知的好奇心の高い人が株式投資にハマりやすいです。

毎日のように経済は回り、毎日のように企業は経営やビジネスをとおして社会貢献し、毎日のように最新テクノロジーがアップデートされています。

「株式投資は全く飽きがこない」というのが、率直な感想です。

ただし、知的好奇心が高く勉強好きであるのと、株式投資で利益を出せるのとは別の話ですので、注意が必要です。

詳細は、「株式投資を始める高効率6ステップ」の「ステップ1:株式投資の目的を設定する」で解説します。

株式投資のデメリットの詳細

次いで、株式投資のデメリットの詳細を見ていきましょう。

(1)損益が出る可能性がある

買った株の価格(株価)が下がり、株価が下がった状態で株を売れば、損失となります。

みなさんの株式投資を始めるきっかけが、お金稼ぎだろうが、株主優待狙いだろうが、社会勉強だろうが全く関係ありません。

株を買ったときより株価が下がれば、損失が出る可能性があります。

「だったら、株価が大幅に下がったとしても、株を持ち続けて、株価が買った価格(買値、かいね)にまで戻ってきてから株を売ればいいじゃないか。

そうれば、損益は出ませんよね?」

と主張する方もいると思います。

はい。株価が買値にまで戻ってきた時点で株を売れば、損失はでません。

ただ、株価が下がった状態でも株を持ち続けることは“塩漬け”と言われており、大損失につながる可能性がある大変危険な行為です。

塩漬けの危険性に関しては、記事「塩漬けは絶対にしない。ロスカットを徹底する」を参照ください。

株を塩漬けするぐらいなら、株価がある程度下落した時点で株を売ってしまい、株を現金に換えましょう。

その現金で次の株価上昇が期待できる株を買った方が、投資効率が上がります。

(2)精神が不安定になる

株式投資を始めると、利益や損益を出したりして、一喜一憂することになります。

したがって、安定的に粛々と給与をもらう会社員より、精神が不安定になります。

※会社員をやりながら株式投資で収益を得るのが、精神的に一番安定します。

また、他国の市場が気になって睡眠が浅くなる人もいます。

日本市場⇒中国市場⇒インド市場⇒ロシア市場⇒EU市場⇒アメリカ市場・・・という順で市場が開いていきます(株が売買されていきます)。

どこかの市場で株価が下落すると、連鎖的に他国の市場でも株価が下落します。

したがって、日本時間深夜に株の売買がされているアメリカ市場が気になって、夜な夜な起きてしまう投資家もいるようです。

睡眠不足で精神が不安定になる可能性もゼロではありません。

【人間の本質】損失の恐怖の方が勝つ!?-それでも、株式投資を検討してみましょう

実は人間は・・・

「利益が出せる希望よりも、損失が出てしまう恐怖の方が勝る」

という性格をもっています。

「利益を出したい!」という気持ちよりも「損失を出したくない!」という気持ちの方が大きいということです。

そうなると必然的に「株式投資はやらない」と決断する人が多くなるわけですが、本当にそれでいいのでしょうか?

日本人の平均給与は1997年の約467.3万円をピークに減少傾向にあり、2020年には約433.1万円となっています。

【民間給与実態統計調査 最新統計】(NIPPONの数値)
https://www.nippon-num.com/economy/salary.html

【平成9年分 民間給与実態統計調査】(国税庁)
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan/gaiyou/1997.htm

【令和2年分 民間給与実態統計調査】(国税庁)
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/002.pdf

一方で、社会保険料はGDP比で高くなり続けています。

【社会保障財源の推移(社会保険料・公費負担の対GDP比)】
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-09-07.html

「給与-(税金+社会保険料)=手取り収入」であり、将来的に手取り収入が増える見込みは少ないです。

このような社会情勢の中で、「会社の給料だけで生きていく」という選択は非常にナンセンスかと個人的には思います。

株式投資を“第2の収益の柱”の候補として、検討してみましょう。

検討の際に、本記事で紹介した株式投資のメリット/デメリットが参考になったのであれば幸いです。

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


-, 知識
-,

Copyright© ミクロ投資法~個別成長株投資法~ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.