推奨銘柄

【株価急上昇】でも、ベイカレントは投資先候補から外します

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

これまでにnoteにて、ベイカレントの株価の動きや取引タイミングをリアルタイムで共有していきました。

KabutanではNGで、四季報ではOKの銘柄について
KabutanでNG、四季報でOKの銘柄の結果
【株価上昇】ベイカレント株を買っていいですか?
ベイカレント株を買っていいですか?②
ベイカレント株価急上昇!でも・・・

本記事では、以下の内容を解説したいと思います。

・結局、ミクロ投資法のルールを適用した場合、ベイカレントではどれだけの取引チャンスがあったのか?
・ベイカレントは今後も投資先候補となりうるか?

※厳密にはベイカレントは、Kabutan情報ではルールを満たしておらず、四季報情報ではルールを満たしていた感じです。

そもそもベイカレントとは?

ベイカレント(正式な会社名はベイカレント・コンサルティング)は、経営戦略の立案/実行支援サービスを提供している総合コンサルティン会社です。
もともとITコンサルティングで創業しており、IT活用による企業改革に強みをもっています。

2021年現在、新型コロナウイルスの蔓延により、デジタルトランスフォーメーション(DX)ブームが日本中で巻き起こっています。
デジタルトランスフォーメーションは平たく言えば“デジタル化”なのですが、だいたい以下の2つが主な導入目的になります。

1、顧客情報を統合し、営業活動/商品開発に活用する
2、業務の生産性を向上する

新型コロナウイルスの蔓延からのテレワーク導入からの「2、業務の生産性を向上する」に着手する企業が増えています。

【DXの取り組み状況を報告 5割超の企業が DXの推進・検討に着手済み、大企業では8割超】
https://www.atpress.ne.jp/news/227512

そんな中、「DX化するにはそもそもどうすればいいのか?」や「DX化してみたけれども、思っていたほど成果を出せていない」という企業ニーズも増え、ベイカレントへのDX導入案件が増えている様です。

正直、2020年4月以降、DX関連銘柄の株価は軒並み上昇していました。

参考までに、これまで本ブログにて取り上げてきたDX銘柄については以下の記事を参照ください。

【株価急上昇】DX銘柄チェンジの完全解説【結果つき】
【株価上昇】おすすめDX銘柄【アイル/スマレジ他】
【株価上昇】注目するべき不動産銘柄【GAテクノロジーズ】

ここまでつらつらとベイカレントやDXについて解説してきましたが、ベイカレント株に注目した理由はミクロ投資法のルールを満たしていたからです。
どんなにベイカレントが良さそうな企業でも、どんなにDXブームが巻き起こっていたとしても、ルールを満たさなければ取引しません。

ミクロ投資法の前提

ミクロ投資法では、「高く買って、より高く売る」を徹底しています。
多くの株式投資本では「安く買って、高く売る」「ボロ株を買え」が紹介されていますが、投資効率があまりよろしくありません。
「高く買って、より高く売った」方が、投資効率は飛躍的に向上します。

※ボロ株を売買しても投資効率が向上しない理由は、記事「【株学習】ボロ株で投資するべきか?」を参照ください。

「高く買って、より高く売る」事例は、記事「無料相談実施中!株式投資教えます!」を参照ください。

では、ミクロ投資法でいうところの「高く買って」とは何を基準にしているのでしょうか?

ミクロ投資法では「新高値を更新した銘柄」を投資先候補とし、そこから実際の投資先を選別しています。
「新高値を更新した銘柄」の一覧の出し方は、記事「【株学習】新高値更新銘柄の一覧の出し方【Kabutan】」を参照ください。

ベイカレント株の取引タイミング(1回目)

ベイカレントの株価が、最初に新高値を更新した日は2020年12月30日でした。
この時点では、ミクロ投資法のファンダメンタル分析やテクニカル分析のルールを満たしていました。

ミクロ投資法では、ルールを満たした銘柄の株を新高値更新日の翌営業日の成行で買います。
したがって、2021年1月4日の始値18,300円でベイカレント株を取得することになります。

ベイカレントの日足チャート

そして、ベイカレント株の売りのタイミングですが、ミクロ投資法では以下のようなルールを設定しています。

・買値から+〇〇%で利益確定する
・買値から-〇〇%で損切りする
・決算日までには保有株を売る

※利益確定の価格と損切りの価格の決定方法は、記事「もう迷わない!株の利益確定/損切りのルール【何パーセント?】」を参照ください。

ベイカレントの場合は、あらかじめ設定した利益確定の価格/損切りの価格に到達することなく、2021年2月期第3四半期決算を迎えました。
2021年2月期第3四半期決算の発表日は、2021年1月14日でした。
したがって、2021年1月14日にはベイカレント株を売却することになります。

実際にどれほどの利益が出ていたかというと・・・

新高値更新日の翌営業日の始値:18,300円
決算発表日の終値:18,530円
株価上昇率:1.26%

ベイカレントの日足チャート

「1.26%しか利益が出ていないじゃないですか!」

と感じた方々もいるかとおもいますが、これはこれでルールを守っての結果なので、そのまま受け入れます。

※決算日を跨いで株を保有しない(決算日の午前中までに保有株を売る)理由は、記事「ダメ絶対!決算発表のギャンブル投資」を参照ください。

ベイカレント株の取引タイミング(2回目)

2021年1月14日に発表されたベイカレントの2021年2月期第3四半期決算でも、ファンダメンタルズ(主に企業の業績)はミクロ投資法のルールを満たしていました。
したがって、ベイカレントの株価の動きを観察し続ける日々は続きました。

※ミクロ投資法ではルールを満たす銘柄であれば、何回も取引を繰り返すことがあります。

次にベイカレントの株価が新高値を更新した日は、2021年2月12日です。
よって、2021年2月15日の始値19,720円でベイカレント株を取得することになります。

ベイカレントの日足チャート

新高値更新日の翌営業日(2021年2月15日)の始値でベイカレント株を買った場合、結果どこまで株価は上昇したかというと・・・

新高値更新日の翌営業日の始値:19,720円
2021年4月12日の高値:27,230円
最大株価上昇率:38.1%

ベイカレントの日足チャート

40営業日で株価は最大38.1%も上昇しています。
投資効率はかなり良い方ではないでしょうか。

ベイカレント株のその後・・・

2021年4月21日現在、ベイカレントは株価が順調に上昇しています。
2021年4月14日に発表された2021年2月期第3四半期決算の結果が、投資家の期待を上回ったためです。

※ベイカレントの株価上昇要因の詳細は、記事「ベイカレント株価急上昇!でも・・・」を参照ください。

ベイカレントの日足チャート

しかしながら、2021年2月期第3四半期決算の結果より、ベイカレントはミクロ投資法のルールを満たさなくなりました。
したがって、ベイカレントは投資先候補から外しています。

ベイカレントの株価上昇を指をくわえながら眺める結果となりますが、ルールはルールですので致し方ありません。

都合の良いように聞こえるかもしれませんが、「頭と尻尾はくれてやれ」という投資の格言のとおり、株価上昇の深追いはやめましょう。
次の決算発表でベイカレントがミクロ投資法のルールを満たす様であれば、またベイカレントを投資先候補とします。

それでは。

注意 本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


-, 推奨銘柄
-,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.