推奨銘柄

【徹底解説】グローブライドの株価上昇要因とチャート

「どうしてグローブライドの株を売買しようと思ったのですか?
また、グローブライドの株価が急上昇している理由を教えていください」

という質問にお答えします。

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

2020年末に“ミクロ投資法初級編ルール適用外銘柄の結果~新たなルールのヒント~”というレポートを公開いたしました。
レポート内で紹介させて頂いた“新たなルールのヒント③”を満たしている銘柄「グローブライド」(7990)の株価が急上昇しています。

------------------------------------------
本記事ではグローブライドの株価上昇の背景について細かく解説していますが、背景を詳細に調査した結果からグローブライドを投資先として選定しているわけではありません。

あくまでルールに引っかかってきたかどうかで投資判断しています。

もし、ミクロ投資法に興味がございましたら、記事「無料相談実施中!株式投資教えます!」に記載されている僕の連絡先までお問い合わせください。

https://k-zma.net/
------------------------------------------

本記事では、グローブライドの株価上昇の背景/株価チャート/買いタイミングについて解説したいと思います。

グローブライドの会社概要

グローブライド株式会社は、釣り具/スポーツ用品などのいわゆるアウトドア用品を開発/販売しています。
釣り具/ゴルフ用品/その他スポーツ用品の比率は、91:5:4となっており、グローブライドは“釣具屋さん”としてのイメージが強いです。
釣り具に詳しい人からすると、釣り具ブランド“DAIWA”(ダイワ)の方がピンとくるのではないでしょうか?

【グロブライド株式会社】
https://www.globeride.co.jp/

【フィッシング(釣り)のダイワトップページ】
https://www.daiwa.com/jp/

2022年3月期第1四半期決算短信からエリア別の売上/売上比率を読み解いてみると・・・

日本:21,435百万円/65%
米州:2,885百万円/9%
欧州:4,292百万円/13%
アジア・オセアニア:4,402百万円/13%

となっており、日本マーケットへの依存度が高いと言えます。

【2022年3月期第1四半期決算短信】
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03790/8d0d62ce/4e67/495d/9fbe/c5f7c6c24168/140120210804478606.pdf#xd_co_f=NjJlNzAwYjUtY2U0Mi00ZTYzLTkzMGUtYmIyNWNjNGUwZTYy~

一旦内容を整理すると・・・

・グローブライドの主力製品は釣り具
・グローブライドの主要マーケットは日本

ということになります。

したがって、日本において釣り具の需要が高まっていれば、グローブライドの売上向上/株価上昇が期待できると言えます。

コロナ禍で釣りブーム?グローブライドの株価上昇の要因は?

ここからグローブライドの株価上昇要因について解説したいと思います。

が、先に結論から言うと、グローブライドの株価上昇要因はよくわかりません・・・

グローブライドの株価が上昇しているのは事実です。
グローブライドの株価チャート(日足)は、以下のとおりです。

グローブライドの日足チャート(2021年9月24日現在)

上記グローブライドの会社概要で書かせて頂いた内容から、以下の仮説を立てることができます。

仮説①:日本ではコロナ禍で3密(密閉・密集・密接)を避けられる釣りが流行っており、“釣り具屋さん”であるグローブライドの株価が上昇しているのではないか。

この仮説を検証することで、グローブライドの株価要因を探っていきます。

コロナ禍での趣味事情

ネット検索でコロナ禍での人々の趣味について調べてみました。
気になる事柄は以下のとおりです。

・全国20代~60代の男女500人を対象とした「ライフスタイルの変化に関する最新意識調査」(auコマース&ライフ株式会社)において、「コロナ禍移行、趣味に費やす時間が増えた」という回答者が32.8%を占めています。

・同調査で「コロナ禍以降に新たに始めた趣味はありますか」という質問に対して、1位は「映画・ドラマ・アニメ鑑賞」(13.6%)、2位は「料理・グルメ」(11.4%)、3位は「ヨガ・ジョギング・ウォーキング」(10.6%)です。

【ライフスタイルの変化に関する最新意識調査】
https://www.au-cl.co.jp/press/20210318/

「ライフスタイルの変化に関する最新意識調査」の結果を見る限り、コロナ禍で釣りブームが起こっているとは考えにくいです。
仮説は反証されたわけです。

コロナ禍に関係なく釣りブームがきている?

そうなると次の仮説は以下のとおりです。

仮説②:コロナ禍による新たな趣味の開始とは関係なしに、釣りが流行ってきており、グローブライドの株価が上昇しているのではないか。

この仮説を検証するために少し調べてみると・・・

・レポート「レジャー白書2020」(公益財団法人日本生産性本部)によると、釣り人口は2018年から2019年にかけて620万人から670万人に増えてはいるが、2006年の1,290万人をピークに右肩下がりになっています。

・同レポートによると、2016年~2019年にかけて釣り具の市場規模は約1,700億円で横ばいになっています。

【レジャー白書2020】
https://www.jpc-net.jp/research/detail/004580.html

【釣り人口、釣り市場2019年までの推移|2020年調べ】
https://baysidecouncil.net/archives/5183

「レジャー白書」を見る限り、コロナ禍に関係なく釣りが流行っているとは考えにくいです。

こうして、仮説①も仮説②も反証されたわけで、結局・・・

「グローブライドの株価上昇要因はよくわかりません・・・」

という結論に行き着いてしまいます。

それでも諦めずに次の仮説を立てようとすると・・・

仮説①と仮説②も反証され、それでも・・・

「かまくらさん、諦めないでください。他にも仮説を立てられるんじゃないですか?」

と、激励の言葉が来そうですが、そうなると・・・

仮説③:釣り人口と釣り具市場規模が増加傾向にないにも関わらずグローブライドの株価上昇がみられるということは、グローブライドの釣り具ブランド“DAIWA”(ダイワ)が他社のブランドよりも優れていて、他社からグローブライドが利益を奪っているのではないか。

という仮説もひねり出せます。

ただ、この仮説を検証するにはあまりにも時間がかかりすぎるためギブアップとなります。検証するならば・・・

1、近くの釣具店に訪問して、“DAIWA”ブランドの売れ行きを店員にヒアリング
2、“DAIWA”以外ではどのブランドの売上が伸びているかを店員にヒアリング
3、他社の業績/株価をネットで調査

というステップを踏むかと思います。

グローブライドの見解は?

ちなみに、2021年8月6日に公表されたグローブライドの「2022年3月期第1四半期決算短信」では、グローブライドの業績向上の要因が以下の様に説明されています。

フィッシングを中心としたスポーツ・レジャーが、コロナ禍において密閉・密集・密接のいわゆる「3密」を避ける等、これからの時代にマッチしたレジャーとして支持を広げると共に(中略)ライフタイム・スポーツ(人生を豊かにするスポーツ)の提案に鋭意努めてまいりました。

【2022年3月期第1四半期決算短信】
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03790/8d0d62ce/4e67/495d/9fbe/c5f7c6c24168/140120210804478606.pdf#xd_co_f=ZmY1ZWI5MWEtNWQ1NC00ZDcwLWExNTktNjRmNmE1NzNjYzU3~

「ライフタイム・スポーツを提案していたら、業績向上につながるのか?本当か?」

と、仮説①と仮説②の検証結果からは疑いたくなるのですが、実際に業績向上/株価上昇がみられているので、グローブライドの見解を見過ごすわけにはいきません。

ブローブライド株の買いタイミングとチャート

ここまで、グローブライドの会社概要と株価上昇要因について解説しました。

あやふやな事柄がありますが、ミクロ投資法のルールを満たしているので、グローブライドの株を購入しています。

僕の持論では、市場/顧客/自社/競合他社による株価への影響は全て、業績の増加率とチャートの形に現れてきます。
したがって、業績の増加率とチャートの形で投資ルールを設定しておけば、短期投資では勝てると思っています。

※「背景を詳細に調査した結果からグローブライドを投資先として選定しているわけではありません。あくまでルールに引っかかってきたかどうかで投資判断しています」の意図がご理解頂けますでしょうか?

ミクロ投資法では、新高値更新銘柄の中からルールを満たす銘柄を見つけます。

※新高値更新銘柄の一覧を表示する方法は、記事「【株学習】新高値更新銘柄の一覧の出し方【Kabutan】」を参照ください。

ルールを満たす銘柄を見つけられた場合、翌営業日の始値でその銘柄を買います。
グローブライドの場合は、2021年8月6日に新高値を更新しており、ミクロ投資法のルールを満たしているのを確認できました。
したがって、2021年8月10日にグローブライド株を買っています。

投資を決断した2021年8月6日時点のグローブライドの日足チャートは以下のとおりです。

グローブライドの日足チャート(2021年8月6日現在)

「そんな高値でグローブライド株を買うのですか?」

と感じた方々もいるかと思いますが、ミクロ投資法では「安く買って高く売る」ではなく、「高く買ってより高く売る」を徹底いているので買います。

またよく頂く質問で・・・

「決算直後の株価急上昇でも、買いにいくのですか?」

というのがありますが・・・

「ルールを満たしていれば迷わず買いにいきます」

というのが回答になります。

2021年8月6日14:00にグローブライドは2022年3月期第1四半期決算を発表しています。
決算結果は投資家の期待を超えたため、2021年8月6日のグローブライドの株価は前日比で1,000円(+18.5%)も上昇しています。

決算発表後の株価上昇の勢いで2021年8月6日にグローブライドの株価は新高値を更新しました。
新高値更新日の翌営業日の8月10日に、グローブライド株を始値で買う流れとなります。

2021年9月24日時点:グローブライドの株価チャート

グローブライド株を購入した2021年8月10日の始値から9月24日にかけて、グローブライドの株価は急上昇しています。

2021年8月10日の始値:7,160円
2021年9月17日の高値:9,950円
株価の最大上昇率:+39.0%

グローブライドの株価は、30営業日で+39.0%も上昇しています。
投資効率は非常に高いのではないでしょうか?

グローブライドの日足チャート(2021年9月24日現在)

今後もグローブライドの株価を監視していきましょう。

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


-, 推奨銘柄

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.