推奨銘柄

【徹底解説】スノーピークの株価上昇要因とチャート

「どうしてスノーピークの株を売買しようと思ったのですか?
また、スノーピークの株価が急上昇している理由を教えていください」

という質問にお答えします。

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

2020年末に“ミクロ投資法初級編ルール適用外銘柄の結果~新たなルールのヒント~”というレポートを公開いたしました。
レポート内で紹介させて頂いた“新たなルールのヒント③”を満たしている銘柄「スノーピーク」(7816)の株価が急上昇しています。

------------------------------------------
本記事ではスノーピークの株価上昇の背景について細かく解説していますが、背景を詳細に調査した結果からスノーピークを投資先として選定しているわけではありません。

あくまでルールに引っかかってきたかどうかで投資判断しています。

もし、ミクロ投資法に興味がございましたら、記事「無料相談実施中!株式投資教えます!」に記載されている僕の連絡先までお問い合わせください。

https://k-zma.net/
------------------------------------------

本記事では、スノーピークの株価上昇の背景/株価チャート/買いタイミングについて解説したいと思います。

スノーピークの会社概要

スノーピーク株式会社は、アウトドア用品(主にキャンプ用品)を製造販売しています。
日本以外にも、韓国/台湾/米国/英国でもアウトドア用品の製造販売を手掛けています。

【スノーピーク株式会社】
https://www.snowpeak.co.jp/

アウトドア用品の製造販売という括りでは、記事「【徹底解説】グローブライドの株価上昇要因とチャート」で紹介したグローブライド(7990)と同じ業種と言えます。

2021年12月期第2四半期決算説明資料からエリア別の売上/売上比率を読み解いてみると・・・

日本:89.8億円/76.3%
韓国:10.8億円/9.2%
米国:9.0億円/7.6%
台湾:3.6億円/3.1%
英国:2.0億円/1.7%
その他海外:2.5億円/2.1%

となっており、日本マーケットへの依存度が高いと言えます。

【2022年3月期第1四半期決算短信】
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03790/8d0d62ce/4e67/495d/9fbe/c5f7c6c24168/140120210804478606.pdf#xd_co_f=NjJlNzAwYjUtY2U0Mi00ZTYzLTkzMGUtYmIyNWNjNGUwZTYy~

一旦内容を整理すると・・・

・スノーピークの主力製品はキャンプ用品
・スノーピークの主要マーケットは日本

ということになります。

したがって、日本においてキャンプの需要が高まっていれば、スノーピークの売上向上/株価上昇が期待できると言えます。

コロナ禍でキャンプブーム?スノーピークの株価上昇の要因は?

コロナ禍の“趣味事情”に関しては、記事「【徹底解説】グローブライドの株価上昇要因とチャート」で調査したとおりです。

結論から言うと、コロナ禍だからと言ってキャンプブーム(アウトドアブーム)が来ているわけではなく、コロナ禍がスノーピークの業績向上/株価上昇につながっているとは考えにくいです。

コロナ禍に関係なくキャンプブームがきている?

キャンプと聞いてピンとくるのが芸人“ヒロシ”さんの“ソロキャンプ”ですね。
YouTubeの「ヒロシちゃんねる」では、192本のアウトドア動画がアップされており、チャンネル登録者数は112万人となっています。(2021年9月27日現在)

書籍「ヒロシのソロキャンプ」が出版された2020年8月ごろから、密かなキャンプブームが起こっていたのかもしれません。

そこで、オートキャンプ人口を調べてみると・・・

※オートキャンプとは、自動車を使用したキャンプ全般を指します。キャンピングカーでの車中泊だけではなく、自動車でキャンプ用品を運んで楽しむテント泊もオートキャンプに含まれます。

・オートキャンプ人口は、2019年まで右肩上がりに増加しています。(オートキャンプ白書2021を参照)
・オートキャンプ人口は、2019年にピーク860万人となり、2020年にはコロナ禍ということもあり610万人にまで減少しています。
(オートキャンプ白書2021を参照)

となっています。

【国内旅行などが半減している中で、オートキャンプ参加人口30%減に留まる】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000022815.html

【オートキャンプ白書2021】
https://www.autocamp.or.jp/post-12163/

コロナ禍はオートキャンプ人口の減少にもつながっていると言えます。

リベンジ消費あり?スノーピークの業績の巻き返し

確かに2020年にはコロナ禍によるオートキャンプ人口の減少はみられました。
ただ、2020年にオートキャンプ人口が減少したからと言って、2021年も同じように減少するとは限りません。

“リベンジ消費”は確実にあります。

リベンジ消費とは、コロナ禍で“巣ごもり”を余儀なくされた消費者が「コロナ禍がおさまったら、〇〇してやる」という意志で行われる消費活動です。
日本全国でワクチン接種が進めば、コロナ禍では楽しめなかったエンタメ/旅行/アウトドアへの消費が促進されてもおかしくはありません。

【コロナ禍の収束に向け注目される「リベンジ消費」とは】
https://business.nikkei.com/atcl/plus/00006/090100010/

オートキャンプも例外ではなく、リベンジ消費によりオートキャンプ人口は回復すると予想されます。

業績回復中!スノーピークの決算内容

2021年8月12日、スノーピークの“2021年12月期 第2四半期決算”が発表されました。
注目するべき数値は、2020年12月期第2四半期および2021年12月期第2四半期」の売上高増加率/営業利益増加率/経常利益増加率/四半期純利益増加率です。

<2020年12月期第2四半期>
売上増加率:-4.2%
営業利益増加率:-44.2%
経常利益増加率:-48.8%
四半期純利益増加率:-39.4%<2021年12月期第2四半期>
売上増加率:77.6%
営業利益増加率:513.5%
経常利益増加率:591.3%
四半期純利益増加率:450.9%

【2021年12月期 第2四半期決算短信】
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS03293/f6718b2e/c5dc/463b/b935/0e6cfc70b1b8/140120210811483983.pdf

2020年12月期第2四半期(2020年1月1日~2020年6月30日)では前年同月比で業績は減少しています。
しかし、2021年12月期第2四半期(2021年1月1日~2020年6月30日)では前年同月比で業績は増加しています。

この業績の減少から増加への転換要因が、リベンジ消費と言えます。

スノーピークは“2021年12月期 第2四半期決算短信”にて、以下のコメントを残しています。

ワクチン接種の広がりもあり個人消費の動向としては回復の兆しが見られております。

今後もスノーピークの業績回復/株価上昇が期待できそうです。

スノーピークの買いタイミングと株価チャート

僕自身は2021年8月13日にスノーピークの株を購入しています。
購入を決断した流れは以下のとおりです。
(いつもと何も変わりません)

1、新高値更新銘柄の一覧から各銘柄の業績増加率を確認し、投資先候補を洗い出します。
2、投資先候補の企業情報を四季報で調べ、ファンダメンタルズのルールを満たしているかを確認します。
3、チャートの形がルールを満たしているかを確認します。
4、「1~3」で選定した銘柄の株を翌日の始値で買います。

ミクロ投資法では、新高値更新銘柄の中からルールを満たす銘柄を見つけます。

※新高値更新銘柄の一覧を表示する方法は、記事「【株学習】新高値更新銘柄の一覧の出し方【Kabutan】」を参照ください。

ルールを満たす銘柄を見つけられた場合、翌営業日の始値でその銘柄の株を買います。
スノーピークの場合は、2021年8月12日に新高値を更新しており、ミクロ投資法のルールを満たしているのを確認できました。
したがって、2021年8月13日にスノーピーク株を買っています。

投資を決断した2021年8月12日時点のスノーピークの日足チャートは以下のとおりです。

スノーピークの日足チャート(2021年8月12日現在)

「そんな高値でグローブライド株を買うのですか?」

と感じた方々もいるかと思いますが、ミクロ投資法では「安く買って高く売る」ではなく、「高く買ってより高く売る」を徹底いているので買います。

どうする?決算発表日と新高値更新日が同日・・・

2021年8月12日にスノーピークは“2021年12月期 第2四半期決算”を発表しています。
決算発表日と新高値更新日が同日というかなりレアなケースです。

「決算発表日と新高値更新日が同日の銘柄に対して、翌営業日に株を購入しますか?
それとも、翌営業日は株価の動きを様子見しますか?」

という質問が飛んでくるかと思いますが・・・

「決算結果がルールを満たしている場合、翌営業日に株を購入します」

が回答になります。

したがって、2021年8月13日にスノーピーク株を買っています。

スノーピークの日足チャート(2021年8月13日現在)

決算結果が投資家の期待を上回った場合、決算発表翌日の始値が高くなることがあります。
そうなると、決算発表翌日の始値で成行買いするのを躊躇したくなります。
ただ・・・

・決算発表の翌日の始値が高くなるかはわからない
・決算発表の翌日の始値が高かったとしても、そのまま終値にかけて急上昇する場合もある

など、株式投資特有の“あいまいさ”“不確実性”は必ず残ります。

“あいまいさ”“不確実性”に対して悩んだところで正しい解は得られません。
ルールに従って、迷わずに決算発表翌日の始値で成行買いをします。

“あいまいさ”“不確実性”がある世界で躊躇なく決断するためには、十分なデータに裏打ちされた“確率”を味方につける必要あります。
確率的にトータルで利益を出せるルールのことを、“優位性のあるルール”と言います。
優位性のあるルールの構築を心がけていきましょう。

2021年10月1日時点:スノーピークの株価チャート

スノーピーク株を購入した2021年8月13日の始値から10月1日にかけて、グローブライドの株価は急上昇しています。

2021年8月13日の始値:4,705円
2021年9月17日の高値:6,320円
株価の最大上昇率:+34.3%

スノーピークの株価は、26営業日で+34.3%も上昇しています。
投資効率は非常に高いのではないでしょうか?

スノーピークの日足チャート(2021年10月1日現在)

最後に利益確定価格については、記事「もう迷わない!株の利益確定/損切りのルール【何パーセント?】」を参照ください。

今後もスノーピークの株価を監視していきましょう。

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


-, 推奨銘柄
-,

Copyright© ミクロ投資法~個別株特化投資法~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.