「テクニカル分析」タグアーカイブ

【株学習】今後の日経平均株価の推移を予測する@コロナショック

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

2020年3月の相場が閉まり、4月の市場がスタートしました。まだまだコロナショックが続く中、日経平均株価はどのように推移していくのでしょうか?日経平均株価の推移を予測することは、投資効率の向上にもつながるので、日経平均株価はチェックするようにしましょう。本ブログの記事を読むことで、日経平均株価をチェックする観点も学べると思います。

結論、日経平均株価はまだ下落する確率が高い

3月から4月に入るなど、1つの月が終わった際には必ず日経平均株価の月足チャートを見るようにしましょう。月足チャートでは1か月に1本ずつローソク足が描かれます。したがって、日々日々見る必要はないのですが、ローソク足が出来上がる月末最後の営業日には確認した方がよいです。

なぜ、月足チャートを確認した方がよいか。それは日足チャートや週足チャートに比べて“だまし”が少ないためです。一般的に、日足チャート>週足チャート>月足チャートの順に“だまし”が多いと言われています。“だまし”の原因の1つとして機関投資家による売買があげられますが、さすがに資金潤沢な機関投資家と言えど月足チャートのローソク足を“意図的”に作ることは不可能なのでしょう。

そして、2020年4月3日現在の月足チャートをみてください。一番注目するべきポイントは、黒線で示しているとおりです。2020年3月の終値が2018年12月の安値18948.58円を下回っています。2020年4月に入ってまだ3営業日しか経っていませんが、一向に下げ止まる雰囲気がでていません。

日経平均株価の月足チャート(2020年4月3日現在)

日経平均株価の日足チャートをみても、下落の可能性が高い

まずは、2020年3月25日現在の日経平均株価の日足チャートをみてみましょう。3月24日にマザーズ指数で“フォロースルー”が確認され、3月25日の日経平均株価は+8.04%も急上昇しました。「ここが日経平均株価の底か・・・」という可能性が非常に高かったです。
※マザーズ指数の“フォロースルー”に関しては記事「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。
※そもそも「フォロースルーとは何か」に関しては記事「決定版!日経平均株価の“底”の見分け方」を参照ください。

日経平均株価の日足チャート(2020年3月25日現在)

ところが、日経平均株価はもたつきました・・・。各国の財政政策/金融政策への期待からの「買い」と新型コロナウイルス感染者増加からの不安による「売り」が拮抗しました。2020年3月31日現在の日経平均株価の日足チャートで「はらみ線」が発生していたのは、「買い」と「売り」の投資家心理を表しています。

日経平均株価の日足チャート(2020年3月31日現在)

※言わずもがな、「はらみ線」にも“だまし”があります。「はらみ線」の“だまし”の事例は記事「【株学習】だまし注意!チャート分析「はらみ線」の事例」を参照ください。

そして、2020年4月3日現在の日経平均株価の日足チャートをみてみると、「はらみ線」の下限を日経平均株価が割れています。これは典型的な株価下落のサインです。

日経平均株価の日足チャート(2020年4月3日現在)

日経平均株価の今後のポイントは16,358円を下回るかです

では、2020年4月の日経平均株価は何に注意すればよいのでしょうか。ポイントは2020年4月の日経平均株価の安値が、3月の安値16,358円を下回るかどうかです。下回った場合、日足チャートベースでもまだまだ下落トレンドであると言えます。さらなる日経平均株価の下落が予想されるので注意が必要です(^^♪

それでは!

注意 本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。 個人投資家 かまくら


【株学習】コロナショックおすすめ銘柄

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログ記事では「コロナショックおすすめ銘柄」を紹介します。コロナショックでどの業界の株価も絶賛下落中ではありますが、“ピンチ”を“チャンス”に変えている企業もあります。

注意:これから紹介する個別株は塾で教えているルールから外れているものも含むので、参考程度に株価の動きを観察してみてください。

それでは「コロナショックおすすめ銘柄」を一つひとつ見ていきましょう。

ネット会議システムを提供しているブイキューブ(3681)

2020年4月1日のブイキューブ株の終値は1,440円であり、+249円(+20.91%)も上昇しました。新型コロナウイルス蔓延により、自宅で仕事をするテレワークが大流行しています。テレワーク時とはいえ企業活動において“会議”は必要不可欠なもの・・・。

実はブイキューブはネット会議システムを提供しています。Skype、ZOOM、ベルフェイスなどネット会議システム導入が各企業で進んでいますが、ブイキューブの「V-CUBEミーティング」の売上もコロナショックで上がっているのではないでしょうか?
※申し訳ない。本ブログの配信が遅れ、すでにブイキューブ株は急騰しています・・・。それでも日々注目してみてください。

ブイキューブの日足チャート(2020年4月1日現在)

新型コロナウイルス治療薬の開発なるか?富士フィルム(4901)

富士フィルムが生産/販売している新型インフルエンザ治療薬「アビガン」が、新型コロナウイルスにも効くのではないか・・・と言われています。3月31日より治験がスタートしたと一部で報道されています。世界中の製薬会社が新型コロナウイルスのワクチンを開発している中、富士フィルムは一歩先をリードできるか?今後の富士フィルムの株価に注目です。

富士フィルムの日足チャート(2020年4月1日現在)

マンガアプリが大流行?Amazia(4424)

コロナウイルス蔓延で自宅待機を強いられる人が続出・・・。「自宅でやることと言えば、スマホアプリで漫画を読むことだろ!」という“本当か?”レベルの論理がネット上で展開されています。2020年4月1日のAmazia株の終値は4,465円であり、+555円(14.19%)も上昇しています。チャートの形も悪くなく、個人的には結構期待しています。

Amaziaの日足チャート(2020年4月1日現在)

上記3銘柄の株価の動きは毎日観察しています。コロナショックという稀有な状況に置かれていますが、そんなときこそお宝銘柄がないかチェックしてみましょう(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。 個人投資家 かまくら


【株学習】だまし注意!チャート分析「はらみ線」の事例

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

コロナショック真っただ中、日経平均株価で「はらみ線」が発生しています。「上昇するのか?」「下落するのか?」がわかりにくくなっていますが、「はらみ線」の“だまし”の例を紹介します。

伝えたいことは、チャート分析は100%の答えを提示してはくれないということです。
※チャート分析が100%の答えを出してくれるのであれば、損失を出す投資家はいなくなります。

日経平均株価では「はらみ線」が発生中

2020年3月31日現在の日経平均株価の日足チャートを以下に示します。

黒線で示しているとおり、3月25日に発生した大陽線の価格帯で日経平均株価は持ち合っている状態です。典型的な「はらみ線」です。

チャート分析での「はらみ線」の解釈は、「大陽線の高値を株価が上抜ければ上昇、大陽線の安値を株価が割れれば下落」です。

したがって、大陽線の高値を株価が上抜ければ買いのサインですし、大陽線の安値を株価が割れれば売りのサインと言えます。

チャート分析には“だまし”がある

「はらみ線」の“だまし”の例として、2019年9月12日~11月14日のZOZO(3092)を紹介します。ZOZOの日足チャートをご覧ください。9月12日につけた大陰線の価格帯(黒線)で、長い期間、株価が持ち合っているのがみてとれると思います。

そして、11月13日に大陰線の価格帯(黒線)を株価が上抜けています。これは、チャート分析でいうところの“買いのサイン”です。ZOZOの株価は上昇する可能性が高かったです。ところが結果は見てのとおり、11月14日から株価は下落へと転じました。

このように、チャート分析で予測した「こうなるだろうな」とは逆に株価が動くことを“だまし”と言います。「はらみ線」からどのくらいの確率で“だまし”が発生するかはわかりませんが、現状の日経平均株価の「はらみ線」でも“だまし”が発生しても何もおかしくはありません。

“だまし”が発生したら損切りするだけ

結局のところ株式投資は確率のゲームでしかないので、チャート分析どおりに株価が動けば株を保持し続けますし、“だまし”が発生した場合は損切りするということになります(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


【株学習】業績上方修正後の株価の動き(事例:ネクステージ)

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログでは「業績上方修正後の株価の動き」を、2019年6月時点で注目していた銘柄「ネクステージ」(3186)を事例に解説したいと思います。

業績上方修正後の株価の動きには注意が必要です。なぜならば、業績上方修正は、投資家にとっては”プラスの材料”であり、株価が急上昇する可能性が非常に高くなるためです。

業績予想の上方修正を発表

2019年6月26日(水)、ネクステージは「第2四半期累計期間の業績予想の修正に関するお知らせ」をリリースしました。

【第2四半期累計期間の業績予想の修正に関するお知らせ】
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/31860/376e3356/c963/4cea/9e55/0e21eacfd7fd/140120190626461918.pdf

上場企業の多くが業績予想を発表しているのですが、当初発表していた業績予想を超える業績予想をネクステージは発表しました。いわゆる、“上方修正”です。基本的に業績の上方修正がでると株価は上昇します。

結局、株価は押し戻された・・・

気になるネクステージの株価はというと、6月26日の終値が1,158円、6月27日の始値が1,237円、6月27日の終値が1,147円でした。寄付き(市場が開いた直後)では、株価は6.8%増だったのですが、大引け(市場が閉まった時)では0.95%減でした。

結局、“オーバーヘッドサプライ”で株価が押し戻された格好となります。

私自身、ネクステージの株購入は時期早々と感じていたため、株は購入していません。7月5日の決算発表日まで様子を見ようと思っています。

業績向上・株価上昇の企業は選別できています。あとは、しかるべきタイミングで勝負にでるだけですね(^^♪

決算発表明けのネクステージの株価の動きはどうだったか?

結論は、「迷っちゃってますね!」です。

「迷っちゃっている」というのは、株価が上に行くのか下に行くのかが分かりにくい状態を指します。これは、ネクステージのチャート(日足)をみるとすぐにわかります。

本日のローソク足は、上ひげも下ひげも長い陰線をつけています。陽線でも陰線でもどちらでもいいのですが、上ひげも下ひげも長いローソク足のことを「気迷い線」といいます。

はい。文字通り、投資家は「この株は買いなのか、売りなのか」を迷っており、株価が上に行くのか下に行くのかが分かりにくい状態です。

株価自体は金曜日の終値比で0.36%上昇しています。前のメルマガでは「僕の感覚では、投資家の期待を若干上回っていると思います。」と書きましたが、その予想自体は当たってはいたものの、株価が上に行くのか下に行くのかは定かではありません。

ですので、ネクステージは投資候補とし続け、様子をみることにしましょう。(^^♪

それでは~

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


【株学習】日経平均株価の株価チャートの解説@コロナショック

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本日のkabu通では、上昇するのか下落するのかどっちつかずの日経平均株価について解説します。

3月25日につけた大陽線の価格帯から、全く抜け出る気配がありませんね・・・テクニカル分析でいうところの「はらみ線」が出ている状態です。

2020年3月30日の日経平均株価の終値は19,084.97円であり、前日比-304.46円(-1.57%)下落しました。添付ファイルの日経平均株価の日足チャートで示すとおり、上昇するのか下落するのか全く見えない状況です。

理由としては、各国の財政政策/金融政策に好感を抱いた投資家が買い、「まだまだコロナ感染者は増えているし・・・」と不安に思っている投資家が売っている状態が続いているためです。買い圧力と売り圧力のせめぎ合いが、今のチャートに反映されています。

まだまだ様子見の相場が続きそうですが、個別株では大きな動きを見せている株があるので注意を払っていきましょう(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


【株学習】株価急上昇!5Gでオススメのドコモ

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログ記事では、株価が急上昇したドコモ(9437)について解説します。

3月22日付の動画で解説したとおり、ドコモ株は力強い上昇を見せております。


ドコモ株が急上昇した背景として、もちろん、5GサービスをKDDIやソフトバンクに先行して提供し始めたというのもありますが、以下の2つの要因にも注目しておくべきです。

1、3月19日、日経平均株価の下落に対して、ドコモの株価は急上昇していた
2、3月24日、主要な株価指数の1つであるマザーズ指数でフォロースルーが観測されていた

ドコモ株自体が上昇の強さをもっていた、かつ、大きな流れの上昇に後押しされた・・・そりゃ急上昇しますよね。本日のドコモ株の終値は3,475.0円であり、前日比+170.0円(+5.14%)も上昇しました。

また、ドコモの株価チャートでは、強い“買いサイン”が複数見られました。そこら辺の株価チャートの見方は「ミクロ投資法~テクニカル分析編~」で教えていきたいと思います(^^♪
それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。個人投資家かまくら


【株学習】コロナショックの底?日経平均株価はどうなる?

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本日ブログ記事でも、フォロースルー発生後の日経平均株価について解説します。
※コロナショック時のフォロースルーに関しては記事「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。

本日の日経平均株価株価の終値は18,664.60円であり、前日比-882.03円(-4.51%)下落しました。急上昇からの一休みと言った感じです。

そして、添付したローソク足を見て頂くと分かると思いますが、前日のローソク足の中に本日のローソク足がすっぽりと入り込んでいます。これは“はらみ線”と呼ばれます。

はらみ線の見方ですが、前日のローソク足の高値を超えられれば株価上昇、前日のローソク足の安値を割れれば株価下落を示唆します。

コロナウィルス蔓延はまだまだ続いています。今後の日経平均株価の動きに注視していきましょう(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


【株学習】コロナショックの底?日経平均株価の急上昇

こんにちは、ミクロ投資法を教えているかまくらです。

本ブログ記事では、フォロースルー発生後の日経平均株価について解説します。

見事に上がりましたね・・・。

2020年3月26日の日経平均株価の終値は19,546.63円であり、前日比+1,454.28円(+8.04%)で急上昇しました。フォロースルー発生により下落トレンドから上昇トレンドに転換したと考えられますが、それにしても急上昇し過ぎです。
※どこがフォロースルーかは記事「【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方」を参照ください。

基本的に株価は上昇するときに波打ちながら上昇します。上昇してはちょっと下落、上昇してはちょっと下落して、株価は全体的に上昇していきます。この“ちょっと下落”のことを“調整”と呼びます。 2020年3月26日の日経平均株価はあまりにも急上昇したので、翌日あたりは大きめの“調整”が入ると予想されます。まだまだ油断禁物です(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 かまくら


【株学習】コロナショックの底?フォロースルーでの見分け方

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

おめでとうございます!マザーズ指数でフォロースルーが確認されました。フォロースルーは、「下落トレンドから上昇トレンドの転換」のサインです。もしかしたら、コロナショックの底となる可能性が高いです。テクニカル分析(チャート分析)は100%ではありませんが、フォロースルーが当たる確率はかなり高いです。

まずはフォロースルーのおさらい

フォロースルーとは、『通常の反発の4日目から10日目の間に起こり、主要な株価指数の少なくとも1つが前日よりも出来高の増加を伴いながら、1.7%以上上昇する』ことを指します。

2020年3月24日、マザーズ指数でフォロースルー発生

3月24日のマザーズ指数は終値が605.35ポイントであり、前日比+45.18ポイント(+8.07%)でした。3月13日(金)のローソク足が「底」と捉えられ、そこから7営業日目の本日3月24日に1.7%以上のマザーズ指数の増加が観測されました。フォロースルーの定義に一致します。

これから上昇トレンドに転換していくか、日々、市場の流れを観察していきましょう(^^♪

それでは~!

注意
本ブログの内容は、一個人投資家としての見解です。ブログの内容を踏まえた投資により生じた損失に関しては、一切責任を負いません。よろしくお願いいたします。

個人投資家 k-zma


【株学習】日経平均株価の「底」の見分け方

こんにちは、ミクロ投資法を教えているk-zmaです。

「日経平均株価が6日ぶりに反発、1.80%も上昇しました~」と、巷のネットニュースがにぎわっています。2019年6月5日現在の日経平均株価は下降トレンド真っ只中であり、投資家の間では「底はいつだ???」という質問が飛び交っています。

なぜ投資家はそんなに「底」、つまりは、「下降トレンドから上昇トレンドへの分岐点」を気にするのか。実は、「底」で株を買えると大きな利益をとれるからです。

では、「底」をどうやって知るか。実は、「底」の見分け方があります!“フォロースルー”が出たときが「底」です。

フォロースルーとは

フォロースルーの定義は以下のとおりです。

『フォロースルーは通常の反発の4日目から10日目の間に起こり、主要な株価指数の少なくとも1つが前日よりも出来高の増加を伴いながら、1.7%以上上昇する。』 

2019年6月5日現在の日経平均株価は1.80%上昇しているのでフォロースルーっぽいですが、通常の反発から4~10日も経っていないので、フォロースルーではありません。画像に示したとおり、通常の反発から3日しか経っていません。

フォロースルーの詳細は、ブログ「ミクロ投資法」の記事【決定版!日経平均株価の“底”の見分け方】で紹介しているので、そちらも合わせて読むと理解が進むと思います。

http://k-zma.net/%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88%EF%BC%81%E6%97%A5%E7%B5%8C%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E3%81%AE%E5%BA%95%E3%81%AE%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E6%96%B9

まだまだ相場に勢いが戻ってきていないので、勝負にでれませんね。休むも相場です(^^♪

それでは~